• シャツTOPに戻る
  • 激安シャツ
  • 長袖シャツ
  • 七分袖シャツ
  • 半袖シャツ
  • ブロードシャツ
  • オックスシャツ
  • アロハシャツ
  • 両胸ポケット

マオカラーシャツ

マオカラーシャツ商品一覧

マオカラーシャツを販売するユニフォームの通販。常時20万点以上の豊富な品揃え。プリント・刺繍加工も対応中!

表示順 [ 売れ筋順 | 評価の高い順 | 価格の安い順 | 価格の高い順 ]
表示件数 [ 48件 | 80件 | 120件 ]

七分袖 マオカラーシャツ(男性用) 845164

七分袖 マオカラーシャツ(男性用) ブロード TC 両胸ポケット

845164

七分袖 マオカラーシャツ(女性用) 845163

七分袖 マオカラーシャツ(女性用) ブロード TC 両胸ポケット

845163

七分袖マオカラーシャツ(男女兼用) 7824307

七分袖マオカラーシャツ(男女兼用) 風格子 TC イージーケア ドライ 吸湿 カジュアル

7824307

七分袖マオカラーシャツ(女性用) 7824231

七分袖マオカラーシャツ(女性用) 風格子 TC イージーケア ドライ 吸湿 カジュアル

7824231

清楚な印象のマオカラーシャツ

マオカラーシャツとは、中国の元主席である毛沢東の名前(マオツォートン)に由来する、中国の人民服のようなスタンドカラー(立ち襟)のシャツのことです。 その由来から、中華料理店やアジアンレストランなどのユニフォームとして多く採用されているのはもちろんですが、個性的でありながら清楚な印象を与えることができ、どんな職種でもオールマイティに利用されているウェアです。また、男女問わず着ることができるのもポイントです。 マオカラーシャツは色味によって大きく印象が変わるのが特徴です。ホワイトやオフホワイト、ベージュ、ブラックなどの色であれば、オーソドックスな印象に襟のデザインがアクセントとなりおしゃれな雰囲気でありながら、ほぼ普通のシャツと同様に利用することが可能です。下に合わせる服もどんなタイプにも合い、飲食店、小売店、サービス業などに至るまで業態や職種を選ばずに着ることができます。 少しくすんだ色味(えんじ色やからし色、くすんだブルーなど)を選ぶと、マオカラーシャツの「民族服」という要素が印象が強まるので、アジアン雑貨の店や中華・アジアンレストラン、アジア系のメニューのあるエステ・マッサージ店などでよりお店の個性を演出することが可能です。 さらに、マオカラーシャツには腰くらいの長さのチュニックタイプのものがあり、パンツスタイルでコーディネートするとおしゃれです。裾が長いチュニックタイプのユニフォームは、パンツスタイルでも下着の線や、背中が出てしまうことを気にしなくてよいため女性に人気があります。 色やデザインなどが豊富に揃っているので、お店の雰囲気などに合わせてぴったりのマオカラーシャツを探してみてはいかがでしょうか。

実はフォーマルなマオカラーシャツ

マオカラーの「マオ」とは中国の国家主席だった毛沢東の中国語読みである「マオ・ツォートン」をルーツとし、マオカラーシャツはスタンドカラーが特徴の中国の人民服のオリエンタルなデザインが元になっていると言われています。 マオカラーシャツのデザインは沖縄のかりゆしのデザインにも取り入れられて、日本の閣僚がクールビスをアピールする際に今の内閣総理大臣である安部晋三首相がマオカラーのピンク色のかりゆしを着用してメディアの撮影に応じている姿が報道されました。 こういったフォーマルな席でも着用されるようになったマオカラーシャツはもちろんビジネスの現場でも活躍します。 オリエンタルでエキゾチックなデザインのマオカラーシャツは見る人に清潔感と清涼感を与え、フードビジネスの現場ではなくてはならないものになっています。スリーブの長さも長袖、七分袖、五分袖、半袖とセレクトできてオールシーズンどんなシーンにも対応できます。チェストポケットの有無やカラーのバリエーションも豊富で、様々なクライアントのニーズに応えることができます。裾の長さもロングタイプとショートタイプがあり、エプロンとのコーディネートを考える際にも便利で、日々忙しい業務をこなしているフードビジネスの現場であらゆる状況に対応できます。性別も男性用、女性用、男女兼用と選択できるので着る人を選びません。 ビジネスの現場では店名を胸に刺繍したい、お店のロゴをバックにプリントしたいという声があると思いますが、マオカラーシャツはカラーやプリント、刺繍をクライアントのニーズに合わせて自由自在にカスタマイズできます。デザインのシミュレーションはWEBでできるので、世界にたった一つのオリジナルな1着を自分で作ってみてはいかがでしょうか。
知的で涼しげなイメージのマオカラーシャツ
近年、衿のないスタンドカラーシャツなどがとても人気を博してきています。どことなくエキゾチックな香りが漂ってきそうなこのタイプのシャツで、衿のフロントが丸みを帯びたもののことをマオカラーシャツと呼んでいます。日本においてこのデザインを浸透させた有名人の一人として服部幸應氏が挙げられます。建築家や芸術家、大学教授など、独特のこだわりを必要とする職業をもった人たちに、しばしば好まれるような傾向がみられます。その理由としては、衿もとがすっきりしていることで身体全体のシルエットがIラインで強調されて美しく演出されることが考えられます。日本国外では人民服や国民服などもこのマオカラーの類いです。また学生服もこれに似たデザインですので、規律を重んじるという印象を与えることもあります。「マオ」という言葉は中国共産党中央委員会主席などを務めた毛沢東に由来します。また、これは英語圏ではネルージャケットと呼ばれることもあり、呼び名がさまざまで統一感のないスタイルの一つとも言えます。またその曖昧さが、柔軟性のある魅力となっているふしもあり、マオカラーシャツを気に入った人は何度となく同一デザインの購入をリピートするという傾向もみられるようです。マオカラーシャツの前立ては、厚地のものであればスタッドで留める仕様のものもありますが、通常のシャツ地の場合は特にきっちりと留めずに着用する仕様が多いです。そのため、衿がついたデザインのものよりも首元が楽であったり涼しく着こなすことができるので、とくに暑さの厳しい季節や地方では重宝されます。スタンドカラーのワイシャツとの類似点が多く、この境界線は大変あやふやですが、一般にはスタンドカラーのフロントが重なっていないもののことをマオカラーと呼ぶようです。


(1) 注文の種類
(2) ご注文日
(3) お届け先

お届け予定日

頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について お支払い方法 納期・お届けについて サンプル貸出(無料)について 返品・交換について
ご注文実況中継
マオカラーシャツ通販のページトップに戻る