• シャツTOPに戻る
  • 激安シャツ
  • 長袖シャツ
  • 七分袖シャツ
  • 半袖シャツ
  • ブロードシャツ
  • オックスシャツ
  • アロハシャツ
  • 両胸ポケット

ワイシャツ

ワイシャツ 業務用のワイシャツを1枚から通販。法人様、個人様どなたでもご注文OKです。プリントや刺繍加工も承っております。
売れ筋で選ぶワイシャツ
年間を通じて人気のワイシャツをご紹介いたします。
長袖の人気ワイシャツ 定番売れ筋の半袖ワイシャツ 人気急上昇中の七分袖
プレーンなデザインのワイシャツ
プレーンなデザインのワイシャツ。幅広い用途にご使用頂けるシリーズです。在庫の豊富ですぐにご納品できます。
メンズの半袖タイプ レディースの半袖ワイシャツ 長袖のメンズ向け 女性用の長袖ワイシャツ
モノトーンの七分袖ワイシャツ
白と黒の2色展開の七分袖ワイシャツです。飲食店やカフェにぴったりの商品。
高級感のあるシャドーストライプのワイシャツ ワイドカラーの七分袖 着心地のよい肌触り
人気の半袖ワイシャツ
カジュアルシーンからフォーマルシーンまで活躍する半袖ワイシャツの売れ筋アイテムをご紹介。
人気の半袖ワイシャツ ボタンダウンの半袖タイプ 開襟の半袖シャツ アロハ柄の半袖ワイシャツ

ワイシャツ商品一覧

ワイシャツを販売するユニフォームの通販。常時20万点以上の豊富な品揃え。プリント・刺繍加工も対応中!

表示順 [ 売れ筋順 | 評価の高い順 | 価格の安い順 | 価格の高い順 ]
表示件数 [ 48件 | 80件 | 120件 ]

長袖ブロードシャツ(男女兼用) 845962

長袖ブロードシャツ(男女兼用) レギュラーカラー TC 左胸ポケット (1)

845962

半袖ブロードシャツ(男女兼用) 845963

半袖ブロードシャツ(男女兼用) レギュラーカラー TC 左胸ポケット (1)

845963

ボタンダウン半袖シャツ TC 形態安定 5726008

ボタンダウン半袖シャツ TC 形態安定

5726008

優れた形態安定性の半袖シャツ。男性用Yシャツ...

長袖カッターシャツ 5725555

長袖カッターシャツ TC

5725555

男性用Yシャツ...

   

ワイシャツ 利用目的・種類・導入事例など
ワイシャツのページでは、オフィスなどのソフトワーク向けのカッターシャツやストライプのシャツ、ハードワーク向けでもご対応頂けるボタンダウンのシャツなど30点以上のワイシャツをご用意させて頂いております。

オススメのワイシャツの商品は、ボタンダウン半袖シャツ(品番:5726008)がございます。形はオースドックスなタイプですが、業種を絞らずに使用頂ける人気があるワイシャツです。機能の面でも形態安定加工になり手入れも便利です。5色展開で、ボタンの色は共通の白になっております。
他のオススメの商品としては、半袖カッターシャツ(品番:572601)がございます。主に男性の背広の下に着用する商品です。こちらはブルーの1色展開で、サイズは13サイズございますので幅広くご使用頂けます。フォーマルな面でもご着用頂けますが、カジュアルに普段着でも十分ご着用頂けるワイシャツです。これらの商品は1ヶ月貸出しサンプルを行っておりますので、是非この機会にご利用いただきお手にとって見てみて下さい。

最近のお客様導入事例:販売会社様、訪問介護会社様、金属部品製造会社様などたくさんの方に利用されております。ワイシャツの利用を検討されている方は、お気軽にお電話ください。
取り扱いブランドについて
varoz、LIGHTER、plus style、BELLCONDORなどのワイシャツを扱っております。
ワイシャツの種類と特徴について
ワイシャツとは、男性がスーツ下に着る綿や綿混のシャツをこのように言います。 一般的にワイシャツと言ってイメージするのは、白のシャツであり、ホワイトのシャツからワイシャツとなったという説もありますがハッキリしたことは定かではないです。 もしこの話が本当であれば、近年、増えるブルーやピンクにカラーシャツをワイシャツというのは間違いとなり、カッターシャツと言わなければいけません。 英語には「ワイシャツ」という言葉は無く、色が付いておれば「カラーシャツ」となりデザインや柄があるものは「ドレスシャツ」と言います。 近年、主流となっているものは、素材がポリエステルを混紡した綿ベースのもので、ジャガードやヘリンボーン、ストライプなどの織が入ったものが好まれます。 これらの製品は、織り柄があることと、ポリエステルが混紡されていることから、生地に強靭さを持たせ、洗濯等に対する耐久性が非常に強くなっています。 とくに、ワイシャツの襟は、汗や皮脂分泌により、汚れがきつく、洗濯液が汚れた部分の皮脂を取り除くために使われることがあり、クリーニング店に出せば、乾燥機やアイロンでの熱による劣化も進みます。 しかし、ポリエステル混紡であれば、綿に比べて汚れが落ちやすく、繊維が乾燥と共に元に戻ろうとする習性がありますので、シワが乾燥と共に伸びるという利点があります。 これらの製品を形態安定シャツと言い、現在、量販店などで多く販売されています。 礼装で利用される場合、白と決まっており、標準襟と言われる襟高3センチ襟先7センチが良いでしょう。 ビジネスでは、ドレスシャツが好まれ、ボタンダウンなどのカジュアル性を持った襟の高いスタイルのワイシャツを選ぶ人が多いでしょう。

ワイシャツの着用イメージとおすすめシチュエーション

ワイシャツとは、一般にスーツの下に着用する綿や綿混のシャツを指します。この名前が付いた由来として、「ホワイトシャツ」が省略されて「ワイシャツ」になったという説がありますが、この説にのっとるとブルーやピンクのカラーシャツはカッターシャツと呼ぶのが正しいということになります。英語では色が付いていればカラーシャツと言い、刺繍が施されていたり柄があるとドレスシャツと呼ばれます。

近年主流となっているのはポリエステルを混紡した綿ベースの素材を使ったもので、ジャガードやヘリンボーン、ストライプなどの織が入っているタイプが好まれています。ポリエステルが混紡されていることに加え織が入っていることで、生地が強靱になり耐久性が向上し、複数回の洗濯や長期の使用にも耐えられるのです。また、襟は汗や皮脂が付きやすく、汚れが目立つ部分でもあります。素材によっては汚れを落とすために洗濯液を直接塗布して皮脂を取り除いたりすることで劣化が進みますが、ポリエステル混紡であれば汚れが落ちやすいため洗濯を繰り返しても長持ちするのです。
さらに、ポリエステル混紡の生地は繊維が乾燥に合わせて元に戻ろうとする特性を持っているため乾燥するとともにシワが伸びます。こういった製品は形態安定シャツとして販売されており、アイロンを掛ける手間が省けるために人気が高まっています。
ビジネス用途ではドレスシャツが好まれ、スーツとともに着用することが望ましいとされていますが、最近では夏期にクールビズを導入している企業が多く、スーツを着用しなくても認められます。また、ビジネスカジュアルというスタイルも浸透してきており、ボタンダウンシャツやデザイン性に優れたシャツなどを着用する機会も増えてきています。
ワイシャツはビジネスだけでなく礼装でも着用されます。その場合、色は白と決まっており、襟高が3センチで襟先が7センチになっている標準襟と呼ばれるものを選ぶべきです。


(1) 注文の種類
(2) ご注文日
(3) お届け先

お届け予定日

頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について お支払い方法 納期・お届けについて サンプル貸出(無料)について 返品・交換について
ご注文実況中継
ワイシャツ通販のページトップに戻る