• TシャツTOPに戻る
  • 激安Tシャツ
  • ドライTシャツ
  • 半袖Tシャツ
  • 七分袖Tシャツ
  • 長袖Tシャツ
  • ラグランTシャツ
  • ボーダーTシャツ
  • ポケット付きTシャツ

綿ポリtシャツ

綿ポリtシャツ商品一覧

綿ポリtシャツを販売するユニフォームの通販。常時20万点以上の豊富な品揃え。プリント・刺繍加工も対応中!

表示順 [ 売れ筋順 | 評価の高い順 | 価格の安い順 | 価格の高い順 ]
表示件数 [ 48件 | 80件 | 120件 ]

[48%オフセール!]ハニカムメッシュTシャツ(4.6オンス) 27118

[48%オフセール!]ハニカムメッシュTシャツ(4.6オンス) TC しわになりにくい 人気 綿60% ポリ40%

27118

ポリエステル60%綿40%さわやかな着心地でおススメです。...

[クロダルマ]クールプラス 半袖Tシャツ 5726440

[クロダルマ]クールプラス 半袖Tシャツ TC 吸汗速乾

5726440

吸水速乾性のクールプラス素材使用。...

[クロダルマ]半袖Tシャツ(ポケ付) 572694

[クロダルマ]半袖Tシャツ(ポケ付) TC 抗菌防臭

572694

ポケット付きで通気性が良く快適です。...

   

綿ポリtシャツで夏を乗り切ろう
Tシャツは吸湿性のいい綿100%であるのが当然という風潮ですが、実は綿100%がさらっとして気持ちがいい、っていうのは着た瞬間だけです。 いったん汗を吸ってしまうと乾きも遅いし、実は気持ちよくありません。 ポリエステル100%は繊維自体が汗を吸わないので、不快な気分になるかもしれませんが、 そこで、両方のいいところを取り入れた綿ポリtシャツの出番です。 綿のいいところである汗の吸収率の良さと、ポリエステルのいいところである、濡れても乾きやすいところを合わせると大変快適です。 昔のポリエステルは現在の物よりも吸水性も肌触りも悪かったといわれていますが、少なくとも現在のポリエステルは悪くはありません。 ポリエステル100%のTシャツは、速乾性に優れているためスポーツなど大汗をかく場合には非常に有効です。サッカー等のスポーツウェアやトレーニングウェアにはよくポリエステル100%が採用されています。 その一方で、日常生活においては少々の汗だとかえってポリエステルのせいで暑く感じる場合もあります。どうしてもTシャツに通気性のいい綿100%を選んでしまうのは仕方がないかもしれません。 ですが、綿にも弱点はあります。綿はポリエステルより褪色や劣化が早いのです。洗濯を重ねると首回りが伸びてくることがありませんか。天然繊維である綿はどうしても繊維が伸びてしまうのです。 綿とポリエステルはどちらも一長一短がある繊維です。両方をあわせた綿ポリtシャツは普段着として使いやすいTシャツでしょう。 なお、綿ポリtシャツと一括りでいっても、混合率は様々です。季節や着る場所、着る回数等条件を色々考慮して、自分にとって着心地のいい綿ポリtシャツを使って夏を乗り切りましょう。
綿ポリtシャツで快適なお洒落を
Tシャツの素材にはいろいろなものが採用されています。例えば綿100%、麻100%、レーヨン、そして綿ポリなどがあります。 そのなかの綿ポリとは綿(コットン)にポリエステル繊維を混紡した素材です。織物にした場合はポリエステル織物と呼ばれます。この素材は、紳士服や婦人服だけでなく、子ども服や寝具・インテリア・雑貨などに幅広く使われており、産業資材として大変重宝されています。現代生活を送るうえでなくてはならないものと言っても過言ではありません。 多岐にわたって利用されているこの綿ポリ素材は丈夫であること、速乾性があり、なにより皺になりにくいという点が長所として挙げられます。手入れが楽で、また着こなす際にも気を遣う必要がないとなると、紳士服としてとても人気があります。また加工もし易いために婦人用服地としてもよく用いられています。 こうした需要に応えるかたちで、綿ポリをtシャツ素材として取り入れているメーカーが増えており、実際に売れ行きも好調となっています。ポリエステルは強度が有り、摩耗も少なく、また耐久性もあるためにtシャツとして必要な特性を全て備えていますので、当然の成り行きとも言えます。 綿ポリtシャツは、このような流れのなかにあって、さらにその弾力性や、ハリ・コシという点も活かして、デザイン性も高く仕上がっているので、すっきりとしたシルエットで美しく着こなしたいと希求する若者にも特に好評です。また特に、吸湿性が低いために汗をかいても身体にべったりとまとわりつくということがなく、スポーツをするような場面でも綿ポリtシャツは大活躍してくれます。このため、スポーツ用品としての綿ポリtシャツは、いまやその位置づけが強固なものとなっています。

綿ポリtシャツでお悩み解決

tシャツというと一年中着る世代を問わず着られるものですが、素材によっては洗濯したらすぐによれてしまった、皺になりやすいなどの欠点もあります。 涼しさを求めて薄手のものにすると下着が透けてしまったりすぐほつれたり、洗濯したら首元がよれてしまい結局何度も着ることができない、という経験をした人は多いと思います。 綿ポリtシャツは、綿とポリエステルを混合した生地でできているのでそれぞれの素材の良さが活きています。 綿100%ですと着心地が良く汗をかいてもすぐ吸収してくれますが、皺になりやすく水分を吸収すると意外と乾きにくいという欠点もあります。 ポリエステルはとても強度があり、耐久性が強いので皺になりにくく濡れてもすぐに乾きますが、少量の汗を吸い取らず着ていると暑く感じることもあります。 この素材を組み合わせてできたのが綿ポリtシャツなので、それぞれの良いとこ取りをしているのです。 tシャツは普段着としても使いますが、ユニフォームとして長時間着なければならない時や洗濯を繰り返して何か月、何年と使わなければならない時にはポリエステルが入っていた方が長持ちします。 ポリエステルはスーツやフォーマルな洋服にも使われていて見た目の綺麗さだけでなく、洗濯を繰り返しても縮みにくく丈夫というメリットがあるからなのです。 綿ポリtシャツはカラーバリエーションも豊富でサイズも様々です。 なので普段着や部屋着として色々な色を揃えられますし、イベントやサークルなどでお揃いのユニフォームとしても幅広く活用することができます。 いつものtシャツで悩んでいる方は、購入される際にポリエステルが入っているか素材の表示を気にしてみてください。

夏に活躍する綿ポリtシャツ

tシャツにはさまざまな素材が使用されており、綿やポリエステル、麻やレーヨンなどがあります。tシャツはデザインを最優先で選んでしまうという人もいるかもしれませんが、それぞれ使用する目的に応じて機能性のある素材にも注意して選んでみるといいでしょう。 tシャツに多く利用されている綿100%タイプは、天然素材でもあるコットンなので吸湿性にも優れており、汗をかいても生地が素早く吸い取ってくれるというメリットがあります。着心地もさらっとしておりtシャツといったら定番ともいえる素材ですが、日常生活で着用する場合には向いているものの部活などスポーツを行った時や真夏の暑い時期に着用するとなると着心地はいいとは言えません。大量にかいた汗は綿が吸い取ることによってべたべたとして重くなり、いつまでも乾きにくいことから生地が冷たく濡れていて着替えをしなければ風邪をひいてしまう可能性もあります。 そこで活躍するのがポリエステル素材です。綿ポリtシャツは、綿とポリエステルを組み合わせた混紡素材で、それぞれのいい面を活かすベストな素材が使用されています。ポリエステルには綿のような吸湿性はありませんが、汗をかいても速乾性があるのでさらっとした着心地があります。また、綿だけでは生地の劣化が早いので襟ぐりや袖ぐりがよれよれになってきてしまったり、色があせてきてしまったりというのはよくあることですが、ポリエステルを入れることで大切に長く着用することができます。綿ポリtシャツはスポーツのシーンに多く利用されていますが、夏の暑い時期に普段使いするのにも大活躍するアイテムです。綿ポリtシャツで快適に過ごしてみてはいかがでしょうか。


(1) 注文の種類
(2) ご注文日
(3) お届け先

お届け予定日

頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について お支払い方法 納期・お届けについて サンプル貸出(無料)について 返品・交換について
ご注文実況中継
綿混素材Tシャツ通販のページトップに戻る