■ イベントポロシャツお客様の声 - 外資系生命保険会社



外資系生命保険会社 新宿支店 吉澤一郎様(仮名)に、ユニフォームタウンでイベントポロシャツを作った経緯や評価についてお聞きしました。
※ 本文中の設定、名称などは一部、変更しています。

■ 営業表彰パーティに、支店みなでお揃いのポロシャツを着て出席

「TOKYO 5」は新宿支店の支店番号。
シンプルだが主張がある!
ボタンも布地と同色
― 今回、ユニフォームタウンには何を依頼したのでしょうか。

ユニフォームタウンには、営業表彰パーティに、支店みんなで着ていくための「イベントポロシャツ(27着)の製作を依頼しました。

弊社では、成績優秀社員を集めての表彰イベントが、年に一度、開催されます。2011年は、私たち新宿支店が、全国65支店の中で営業成績ナンバーワンの支店となり、27人が表彰されることが決まりました。

新宿支店は前の年の2010年も成績ナンバーワンだったので、これで二連覇。支店長からは「せっかくだから、表彰パーティには、みんなでお揃いの何かを着ていって、この際、おおいに目立とうじゃないか」との発案があり、結局、支店経費で、お揃いのオリジナルポロシャツを作ることに決まりました。そのポロシャツの製作をユニフォームタウンに依頼したのです。

2011年の表彰式は海外で開催されました。初日はホテルの敷地内の屋外会場を借り切ってウエルカムパーティ。篝火が焚かれる中、南国風の音楽の生演奏が響く、そんな雰囲気の中で、みんなでご馳走を食べながらハメを外して盛り上がりました。

― そんな会場に、新宿支店のみなさんは、27人でイベントポロシャツを着て乗り込んだわけですが、まわりからの評判はいかがでしたか。

好評でしたよ! みんな普通の服装だから、ピンクのポロシャツというのはすごく目立つんです。赤でも青でもなく「ピンク」っていうのも、南国の暑さの中でエネルギッシュな印象があって、着ている僕たち自身、気分が盛り上がりました!

他の支店のみんなから、「それ、新宿支店おそろいで作ったの?」、「いいねえ」と聞かれたり、社内報にも写真が載ったりしましたし、何より、新宿支店のみんなが会場で盛り上がってくれたのが、ポロシャツを企画した僕として、いちばん嬉しいことでした。支店長からも「少ない支店経費を有効活用してくれとありがとう」といってもらえました。

■ ポロシャツの制作会社をどうやって見つけたか

― 今回、吉澤様はなぜポロシャツ制作担当になったのですか。

ある日、支店長から、「表彰パーティにはみんなでお揃いの服を着たいと思うんだ。吉澤君、頼むよ」と依頼が来ました。「デザインや業者選択は僕に一任」とのことでした。僕自身は、営業が本業なのですが、こんな風に支店みんなを盛り上げる企画は大賛成です。ありがたく依頼をお引き受けしました。

― ポロシャツ製作会社はどうやって選んだのでしょうか。

ポロシャツ作りなど、もちろん未経験なので、どこでどう作ったものか、全く分かりませんでした。とにかく、こんな時はネットだと思い、「ポロシャツ オーダーメイド」などの単語でYAHOOを検索し、広告を出していた三社のホームページを、まず見てみました(そのうちの一社がユニフォームタウンでした)

三社のうち一社は、ホームページを少し見て、すぐに除外しました。一見、安そうだったけれど、ロゴひとつ入れるだけで値段が3000円に高騰するという価格体系だったからです。

残り2社、ユニフォームタウンと、渋谷のある会社(A社)は、実際に店に出かけて見比べて決めることにしました。個人的には、ホームページを読み込むのがどうも苦手で、近場であるなら、とりあえず電話して、行って顔を合わせて話した方が早いと考えるタイプだからです。


■ ユニフォームタウンと「渋谷のA社」を、どんな基準で比較したのか

「イベントを盛り上げるための
ポロシャツを作るわけですから、
対応の良い会社を使って、
気持ちよく作業を進めたいと思いました」
― ユニフォームタウンと、「渋谷のA社」は、どういう基準で比較したのでしょうか。

今回作るイベントポロシャツ(およびその製作会社)には、次のような条件を求めました。

基準1: ポロシャツその物の耐久性(=丈夫であること)
「印刷ロゴの部分などが、何回か洗濯したら剥げる」、「ポロシャツ自体が洗ったら縮む」などの現象が起きるような、「粗悪品」は避けたいと考えました。今回作るのは、「営業成績一位を記念したポロシャツ」なので、一回着ただけで、すぐに捨ててしまう人は、少ないでしょう。部屋着として、ずっと着続ける人もいるかもしれません。そんな人には、「ああ、あのとき表彰式でこのポロシャツ着たよな」と思い出してもらい、いつまでも気持ちよく着続けてほしいじゃないですか。そのためにも、今回作るイベントポロシャツには、市販品と同等の耐久性があることを求めました。

基準2: ポロシャツの吸水性、質感(=南国の暑さの中でも気持ちよく着られること)
南国の蒸し暑い場所で着る物なので、ポロシャツの布質は、良く汗を吸う、着ていて気持の良い物を選びたいと考えました。こうした材質の相談が気軽にできるお店が良いと思いました。

基準3: お店の対応の良さ(=気持ちよく買えるショップであること)
今回作るのは、新宿支店が一位となった、その記念のポロシャツです。作っている途中の、お店とのやりとりで、気分が悪い思いをするのはいやです。また、万が一、コミュニケーションミスで、ヘンなものが納品されてきたりしたら、盛り上がっている支店の雰囲気に水を差してしまいます。(僕の評判も下がるでしょうし…)。そんな事態を避けるためにも、今回のイベントポロシャツは、「普通に会話ができる、良好な人間関係が築ける、気持ちよく買えるお店」、「いろいろな作業が、手際よくリズム良く、的確か進行するお店」から買いたいと思いました。

― 価格については、どんな基準を持っていましたか。

今回は、価格よりも、さっき言った「対応の質」を重視しました。よほどの価格差があるのでない限り、対応の質が良いお店から買いたいと思いました。


■ 最終的にユニフォームタウンを選んだ理由

ユニフォームタウンのショールーム
― 今回、ユニフォームタウンをお選びいただいた理由は何ですか?

ユニフォームタウンの方が、渋谷のA社よりも、「会社の信頼度」や「対応の品質」が優れていました。

渋谷のA社の方は、店は乱雑で汚く、会話での対応内容も今ひとつで、「ここに頼んでも、あまり気持ちよくやりとりはできなさそうだな」と思い、ボツにしました。

一方、ユニフォームタウンは、お店(ショールーム)に入った瞬間、「スポーツ用品店みたいだ。整理整頓もできてる。ちゃんとした会社だな~」という第一印象があり、その後、ご対応いただいた方の対応も誠実かつ的確でした。15分ぐらい話した時点で、「ここに頼もう」と心を決めました。

その後、デザイン案と見積をいただき、支店長に見せたところ、「いいね!」と一発OKが出たので、さっそく正式発注。それからは、S、M、L、XLなど各サイズを取り寄せて、支店のみんなに試着してもらい、サイズごとの注文数を決定した上で、製作に着手してもらいました。それから1週間後に、完成品が届きました。

― 完成品のポロシャツを見ての、支店のみなさんの反応はいかがでしたか。

「おお~」、「へえ~、イイじゃん!」、「すごいじゃん」というナイスな反応がもらえました。みんなが気に入ってくれてよかったです。企画した僕としてはホッとした瞬間でした。


■ これからイベントポロシャツを作ろうと考えている人へのアドバイス

― これから、イベント用のポロシャツを作ろうとしている人に、「ある種の先輩ユーザー」としてアドバイスなどあればお願いします。

アドバイスのような偉そうな話はないのですが、個人的には、数百円の価格差にこだわるより、対応の質や会社としての信頼性にこだわった方が、結局、良いものができて、周囲に喜ばれることになるから、結局はトクだと思います。何かの縁起物、イベント盛り上げもののポロシャツであるならなおさらです。

― ユニフォームタウンへの今後の期待をお願いします。

今回、良いポロシャツを、良い対応で作っていただき有り難うございました。新宿支店は、お陰様で今年も業績好調、上手く行けば、今年も全国ナンバーワンで、三連覇が達成できるかもしれません。そうなったら、今年もまたポロシャツを作ることになります。その時はよろしくお願いします!


※ 取材日時 2012年1月
※ 文中に記載されている数値など情報は、いずれも取材時点のものです。


(1) 注文の種類
(2) ご注文日
(3) お届け先

お届け予定日

頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について お支払い方法 納期・お届けについて サンプル貸出(無料)について 返品・交換について
ご注文実況中継
外資系生命保険会社 吉澤さま通販のページトップに戻る