サークランド

#

(株)サークランド様は会社のユニフォームをユニフォームタウンで作成されました。そのいきさつや感想などを総務部 総務管理課の原様にお伺いしました


1、ユニフォームを新しくするまでの流れ 
#
今回作成されたのはどなたのユニフォームですか?
作成したユニフォームの概要
用途会社のユニフォーム
作成したユニフォームの種類 ポロシャツ165枚
パーカー72枚
カーゴパンツ44枚
加工ポロシャツとパーカーに社名の文字プリント加工

全社員分のポロシャツとドライバーのパーカーです。
最初に作成したのは全社員分のポロシャツで、社名をプリント加工しました。そのとき一緒にカーゴパンツも購入しました。
その半年後、社名をプリント加工したパーカーを作成しました。


原さんはユニフォーム作成にはどのように関わっていましたか?

#
(株)サークランド 総務部 総務管理課
課長 原 直之様

私はユニフォーム作成のすべてに関わっていました。というか、ユニフォームを作ろうと言い出したのは私です。

ユニフォームを作ろうと思われたのはなぜですか

ユニフォームを作ろうと思ったのは
1、 会社としての一体感が欲しかった
2、 昨年に発生した東日本大震災の影響
この2点からです。

1、サークランドはもともとレコードのレンタルから出発した会社です。当初は従業員も10名ほどでしたが、お蔭様で今は名古屋、大阪、千葉、北関東支店ができ、人も増えました。
そうなると「顔を知らない従業員」も出てくるようになりました。人が増え、支店が広がった分、一体感が薄れてきたように感じていました。そこで、ユニフォームを作成して、まず見た目から一体感を作りたいと考えました。

#

2、それから2011年3月11日に起きた東日本大震災の影響も大きいですね。

震災後、レンタルの注文が激増しました。
しかし、物流がストップしてしまい、送りたくても送れない状態がしばらく続きました。

そんな時「俺達が行く!」と自分達でトラックを運転して運ぶと社員が手を挙げたんです。
しかし何時間もかけて被災地へ行き、現地では身内や知人を亡くした人や、行方不明の人を探す人を目の当たりにして、またとんぼ返りで戻ってきて…。社員が自主的に行っていることですが、かなり肉体的にも精神的にもキツイ労働です。

だからともすると社員がバラバラになってしまうのではないかと危惧し、一致団結するためにもユニフォームが必要だと思いました。

以前はユニフォームがなかったのですか?

#
以前のユニフォーム

いいえ、ありました。
上着に社名のプリントがある作業服スタイルのものでした。

しかし、寒いとその上にジャケットを羽織ってしまい、逆に暑いと上着を脱いでTシャツスタイルになってしまうので、社名が表に出る機会が少なく、会社のユニフォームとしては印象が薄かったと思います。
お客様から「どこの誰が来ているのかわからない」と言われたこともありました。

また、ユニフォームをルーズに着こなす人もいて、統一感がない感じでした。

今までにも何度か新しくユニフォームを作ろう、という動きはあったんですよ。
私が担当したのではありませんが、実際にユニフォームを作成したこともありました。 しかし、なかなか皆が着用してくれなくて。デザインが若い人には受け入れられなかったのでしょうね。

新しく作成したユニフォームにはどんなことを望みましたか?

#

1、 皆が着てくれるユニフォームであること
2、 プリントする社名が目立ち、会社のPRにもなること
この2点をかなえるユニフォームを作成しようと思っていました。

1、 今まで作っても着用されなかったユニフォームがあったので、まず、皆が着てくれるユニフォームを作ることが大前提だと思いました。具体的にはサークランドには若い従業員が多いので、若い年代の従業員をメインにユニフォームを考えました。

2、 ユニフォームが、会社のPRになったらいいなと思いました。だからプリントするロゴを目立たせたいと考えました。

2、ユニフォーム制作会社選びについて 
#
ユニフォームを作ろうと思ってからどのような行動をされましたか?

#

まず、ユニフォームを作成するにはどうしたらいいのか、ネットで調べました。
「ユニフォーム」とか「ユニフォーム作成」といったようなキーワードで検索して、作成してくれる会社を探し、数社ピックアップしました。
それと同時に、ユニフォームを作るにはいくらかかるのか、数社のHPから掲載されている金額を見て概算を算出し、社長に予算の了承をもらいました。

ネットではどんな基準で制作会社をピックアップしましたか?

1、 検索順位が上位の会社
2、 ホームページが見やすく、わかりやすいこと
この2点を基準に3社をピックアップしました。


その3社の中からユニフォームタウンを選んだのはなぜですか?

実店舗があったからですね。
他の2社はネット上のみで展開している会社だったので、とりあえずユニフォームタウンのお店に行ってみようと思いました。

実店舗があることにこだわられたのはなぜですか?

失敗したくなかったからです。
たとえば、メッシュ素材を考えていたので、女性が着用するときはどれくらい透けるか気になりますよね。どれくらいぴったりさせたら透けるのかとか、通気性や速乾性はどうかとか。ネットだけではわからないことがあったので、手にとって確認してみたいと思いました。

3、ユニフォームタウンついて 
来店されての印象はどうでしたか

#

なんか、みんな忙しそうだな、というのが第一印象です(笑)
ショールームは、ユニフォームがたくさん展示されていて、目移りしてしまいそうですね。とりあえずひととおり説明を受けて、カタログをもらって帰ってきました。

その場ですぐ発注されなかったのは、何か気になることがあったのですか?

いいえ、もうユニフォームタウンさんにお願いしようとは心の中で決めていました。
しかし、そのとき一緒に行った者と、お互いの意見のすりあわせをしたいと思い、一度持ち帰りました。

価格がもっと安いところに頼もうとは思わなかったのですか?

安いことにこだわるよりも、失敗しないことのほうが重要でしたね。価格は社長にOKをもらった予算内であれば問題ありません。

4、デザインについて 
デザインイメージは最初からあったのですか?

いいえ。 とりあえず「汚れの目立たない黒色のポロシャツ」ということだけは最初に決めていましたが、社名をどうやって入れるかは考えていませんでした。
それにユニフォームタウンさんのサイトにあったデザインシミュレーションソフトを使ってみましたがイマイチ使い方がわからなくって。

ではロゴデザインはどうやって決められたのですか?

最初に店舗を訪れたときに、ロゴが縦に入っているランドマークさんのユニフォームを見て「これだ!」と思いました。
胸や袖に横書きで入っているデザインはありふれていて嫌だなと思っていましたから。

文字の色はピンクが目立っていいな、と思っていたので、ユニフォームタウンの高橋さんに操作してもらいながら、様々なピンク色と文字のタイプやサイズを画面で試しました。画像をみながら、その中からいいと思えるパターンを選びました。

#
画像で見たものと、実際に仕上がったもののイメージのギャップはありませんでしたか?

ありませんでした。
生地もいろいろある中から、実際に手にとって確認しながら選べましたし、デザインも画像をみて確認していたので、思ったとおりに仕上がりました。

5、ユニフォームタウンでユニフォームを作成した感想 
#
出来上がったポロシャツを見て従業員の反応はどうでしたか?

#

「新しいユニフォーム、できたよ」って、みんなに配ったら、その場でビニール袋をビリビリ破って、皆が着替え始めました。
みんな気に入ってくれたようで嬉しかったです。

マイナスの反応はなかったのですか?

「ロゴのピンクが派手すぎる」と、年齢が上の方には最初、着てもらえませんでした。それで「とにかく一度着てみてください。着てみると思っているよりもいいですから」とお願いしました。
今では、気に入って着てもらっています。

半年後にリピートしてパーカーを注文されていますが、他で注文することを考えなかったのですか?

他の会社を探すことは考えませんでしたね。最初に作成したポロシャツに満足していましたし、それにロゴの版があるので、最初からこちらで注文しようと考えていました。

#
パーカーは作成してから4ヶ月弱だが、プリント割れや色あせが見られない。袖口のゴム部分もしっかりしている
ユニフォームタウンに対して要望はありませんか

#

ユニフォームの作成については十分満足しています。

しいて言えば、新たな従業員を採用したときにユニフォームを追加注文するのですが、そのときはまとまった数にならないので、割引額が適用されないところですかね。
これも割引金額が適用されると嬉しいんですけれど。


ユニフォームを作成後にこうすればよかった、と思うことはありますか?

#
太もも部分で荷物を受けることが多い

ポロシャツと一緒にカーゴパンツも購入させていただいたのですが、これは汚れが目立ってしまって、ちょっと失敗だったかな、と思っています。荷物を運ぶときに太もも部分を使ったりするのですが、そこの部分の汚れがとれにくくなっています。汚れがつきにくい、または落ちやすい生地を選べば良かったと思いました。

ユニフォームタウンでユニフォームを作成してどうでしたか?

みんなが着てくれるユニフォームが出来て満足しています。

あるスタッフは友人から「プライベートで着たいからパーカーを分けてくれ」と言われたそうです。

プライベートでも着たくなるようなユニフォームを採用している会社はあまりないんじゃないかな。
だから活気があって、勢いのあるところを最大限アピールできるユニフォームになったと思います。

#
サークランドのWebサイト「かして!どっとこむ」には東日本大震災における支援活動について掲載されている

それから、イベントなどが行われるとき、このユニフォームを着ていると「サークランドの人」とわかってお客様も声をかけやすいみたいですよ。

大震災から1年たちますが、今も東北地方からの注文には送料をいただいていません。それは自分達にできる復興支援なのですが、願わくば東北へ行く機会も多いので、そのときにこのユニフォームを見て「サークランド」をより多くの人に知っていただくことができれば嬉しいと思っています。


ユニフォームタウン
(写真左)弊社営業課課長 高橋  (写真右)株式会社サークランド 原様

お忙しい中、取材にご協力いただき、ありがとうございました。


6、株式会社サークランド様 概要 


かしてドットコム
 
会社名株式会社サークランド
業務内容総合レンタル業
本社所在地東京都江戸川区中葛西7-29-3
会社設立1981年11月
資本金3,500万円
WEBサイトかして!どっとこむ



※取材日時: 2012年2月



(1) 注文の種類
(2) ご注文日
(3) お届け先

お届け予定日

頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について お支払い方法 納期・お届けについて サンプル貸出(無料)について 返品・交換について
ご注文実況中継
サークランド 原さま通販のページトップに戻る