ユニフォーム制作を担当された久保田奈都希様
1986年創業の株式会社山一ホーム。羽村市、青梅市、福生市をはじめとした東京都西多摩地区で、地域密着の不動産情報を数多く取り扱ってきました。創立30周年を記念する今年は、新社屋をグランドオープンさせるなど、ますます精力的に事業を展開しています。記念事業の一環として、女性社員用のユニフォームをよりファッショナブルなものへ一新。担当者である久保田奈都希様に、山一ホームさまの事業と、新ユニフォームについてお聞きしました。
西多摩地区でトップクラスの実績を誇る不動産会社
地域に密着した、製販一体型の体制を構築
福生市、羽村市に店舗を構える私たち株式会社山一ホームは、2016年に創立30周年を迎えました。西多摩地区における新築戸建、建築条件付売地の仲介でトップクラスの実績を誇り、お客様にご紹介している物件情報は1年間に5千件以上、当社物件情報サイトへの来訪者は年間4万5千人以上。成約件数は年間200組を超えているんですよ。

グループ会社である山一建設では用地仕入、企画・開発、建築を行い、当社では新築一戸建住宅や土地を中心に売買仲介業務を行うという形。グループ内で仕入から販売まで一貫したサービスを提供できるのも当社の特徴です。「買いたい」方、「建てたい」方、「売りたい」方と、さまざまなお客様のニーズにお応えすることができることが強みですね。
創立30周年の節目に、本社をグランドオープン!
これまで、本社は羽村市でテナントを借りている形でしたが、今年3月、福生市に新社屋をオープンさせました。広い駐車スペースや商談用個室、キッズスペースや授乳室も備え、ご家族でいらしてもよりのびのびとご相談いただけるように。以前はお子様のおむつ替えの際に車に戻られるお母様がいらっしゃってご不便をおかけしましたが、新社屋では授乳室を利用していただけます。

そしてこのたび、新社屋の完成に合わせて、女性社員のユニフォームを一新しました。社員一同、新たな気持ちでお客様をお迎えしています。
ベビーベッドや絵本などをそろえたキッズスペースで、お子様連れでも安心
前職の頃から、かれこれ10年来頼んでいます
よく見る女性誌のモデルさんに心ひかれて…
実は私、山一ホームの前職の時代から、ランドマークさんにユニフォームを発注していたんですよ。トータルすると、もうかれこれ10年近くのお付き合いになります。最初に頼んだ時にすごく満足したので、その後はすっかりリピーターに(笑)。最初のきっかけは、前の会社で「制服」で検索した時に、ランドマークさんが運営している事務服のサイト、「ピーチ」が上のほうに出てきたことです。雑誌でよく見るモデルさんの写真だったので、「何だろうこれ?かわいいな」と思ってクリックしてみたんですね。そしたら、ほかのサイトにはないようなおしゃれな事務服がたくさん出てきて、とても感動しました!

私は普段から、ユニフォーム会社に限らずネットショッピングを利用するほうですが、ピーチは見やすくてサクサク動くので本当に使いやすいですね。カートに入れてから戻ったり、取り消したりといった作業に時間がかかってしまったり、アラートが出てしまったりするサイトはよくありますが、ピーチはそんなことがないので気持ちよく操作できます。送料や代引手数料についても商品画面に網羅されているので、いちいち調べる必要がありません。

サイズの展開が多くて、在庫も豊富。デザイン性があるのに値段が手ごろ。さらに届くのも早くて、何もかもバッチリ。たまに出来心でほかのサイトをのぞいてみるんですが、写真が暗くて昔っぽいデザインが多い。「やっぱりランドマークさんでしか買えない!」と、いつも思うんですよ(笑)
ランドマークが運営する「事務服ピーチ」トップ画面
以前のユニフォームは統一感のなさがネックに
山一ホームに入社してから最初に発注したのは、以前のユニフォームだったベストです。今から3、4年前のことですね。キチッとしていますし、悪くはなかったんですが、今から思うと少し無難なよくあるタイプだったかなぁと。ベストとスカートの組み合わせは「いかにも事務服」というイメージなので、東京と言っても都下である西多摩地区だからこそ、機会があればもっとセンスのあるユニフォームに変えたいと思っていました。

中に着るブラウスが各自の私服だったので、パッと見た時にどうしてもバラバラで統一感がない印象を与えてしまうのもネックでしたね。ピンクのブラウスを着ていた時に、お客様から「コスプレみたい」と言われてしまったこともありました。そして今回、30周年の記念事業に乗っかって(笑)、新しいユニフォームの企画をスタートさせたんです。
以前のベスト+私服のブラウス+スカートのユニフォーム
憧れられるようなユニフォームができたかな!?
新社屋オープンに合わせて、ジャケットとスカートを発注
今年の3月に新社屋がオープンすることが決まっていたので、まずは一年を通して着られるジャケットとスカートを発注することにしました。ジャケットは、実際に着用する女性社員からはブラックがいいという意見が多かったんですが、上司に意見を聞くと明るい色のほうがいいのではないかと。かといって白っぽいと汚れが目立つので、間をとってグレーを選びました。ツイード調のグレーの生地にブラックのパイピングが施された、女性らしいエレガントな雰囲気のデザインです。いわゆる「無難」とは違う都会的なスタイルでちょっとだけ冒険心を加え、ほかの不動産会社にはない感じに仕上がりました。防汚加工がしてあるので、清潔感を保てるのもいいですよね。

スカートは逆に、オーソドックスなブラックに。短めのほうがバランスがいいと考える人と、長めのほうが楽ちんで安心という人がいるので、2種類のデザインをピックアップして、個々で自由に選べるようにしました。毎日着るものなので、少しでも着やすいと感じられるものがいいですからね。家で洗濯できることと、ストレッチ性があることは必須条件。ユニフォームのまま、家から自転車に乗って通勤している社員もいるので、動きやすさは保証付きですね(笑)。
お客様をお迎えするのにふさわしい、上品でセンスのいいセットアップ
夏用に、洗い替えにも便利なオーバーブラウスを追加
そして夏に備えて、今度はオーバーブラウスを発注。夏用は洗い替えのために、一人あたり2、3着は必要になるので、節約して以前のベストに戻るという選択肢もあったんですが、上司に見積もりを見せると「こんな予算で買えるの?いいよ」と、あっさり了承(笑)。あまり高額だと気が引けますが、ランドマークさんのリーズナブルな価格のおかげです。

オーバーブラウスはブラックベースですが、ホワイトの細かいドットが入っていて、パイピングもアクセントになっているので重たい印象はありません。汗をかく夏に毎回クリーニングは大変なので、洗濯ネットに入れてガンガン洗えるのもいいですね。汗脇パッドが付いているので、汗ジミでお客様に不快な思いをさせてしまう心配もありません。
久保田様「私は受付担当ではないですが、接客があるので毎日ユニフォームを着ています」
社員はもちろん、お客様の反応も上々です!
ユニフォームを着る女性社員は年齢も体型もまちまちですが、それぞれの商品が標準的なサイズにつくられているようで、どのサイズの社員にもぴったり合いました。最高齢は60代ですが、彼女も違和感なく、かわいく着こなしていますよ!

最近入社した若い社員は、普段はジャケットを着慣れないので最初は戸惑いがあったようですが、着てみるととてもかっこよくて、「いいなー」という感想に変わりました(笑)。よく、アルバイトの情報サイトなどにスタッフのユニフォームが掲載されていて、どんなユニフォームなのかによって応募数も変わってくると言うじゃないですか。当社の社員に応募してくる方たちもホームページを必ず見ているので、このユニフォームに憧れを持ってもらえるといいですね。

お客様からも、「ほかの不動産会社にはない高級感があって印象がいい」と言っていただいています。ステキなユニフォームは全体的な調和がとれるだけではなく、目を引くことで気が引き締まったり、楽しくなって仕事への意欲がわいたりしますよね。今後ももちろん、ランドマークさんへ発注しますので、末永くよろしくお願いします!
「西多摩地区に家をお探しの方はぜひ、山一ホームへお気軽に足をお運びください!」
注文概要
商品ジャンル 事務服
購入商品 商品番号:9326220 オーバーブラウス
商品番号:9351155 ミニスカート
エリア 東京都
人数 30名
団体名 株式会社山一ホーム
(企業情報サイト:http://www.yama1-home.com/
加工内容 加工なし
コミコミ価格 1着あたり
(商品代+加工代)
1セット: 約20,000円


(1) 注文の種類
(2) ご注文日
(3) お届け先

お届け予定日

頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について お支払い方法 納期・お届けについて サンプル貸出(無料)について 返品・交換について
ご注文実況中継
山一ホームさま通販のページトップに戻る