仕事中の服装は、その人がどんな仕事に従事しているのかを周囲に示し、他人に与える印象を左右するので非常に重要です。

カジュアルな私服勤務が可能な職種もありますが、勤める会社や仕事内容によっては、着用する服装が定められていることも少なくありません。
毎日のコーディネートに悩んでしまうことが多いという人は、あえて服装の規定がある会社を選ぶという場合もありますよね。

たしかに服装に規定がある会社・職種ならば服装を考える手間は省けますが、そのぶん定められたルールをしっかりと守らなければいけません。
また、女性ですから実用性だけでなくファッション性にもこだわりたいですよね。女性の服装が定めている職場でよく活用されているのが「オーバーブラウス」というアイテムです。

今回は、女性が仕事着として着るオーバーブラウスについて説明していきます。

【参考記事】実際何を着るのが正解?これを読めば間違いなし!▽

 

制服として活躍中!オーバーブラウスとは

オーバーブラウスがどんな服なのかご存知ですか?オーバーブラウスとは、女性や女児が着用する着丈が短めのブラウスのことを指します。

デザイン的な特徴としては露出が少なく清潔感があり、色は白・黒・グレーといった地味な色もしくは柔らかいパステルカラーとなります。
柄は無地もしくはチェック柄が多く、夏場は涼しげなギンガムチェックが人気です。シンプルな前開きブラウスの形も多いですが、リボンがついている、襟が丸襟になっているといった細かいディティールに女性らしさを加えたデザインが多いです。

パンツやスカートの上に出して着用するので、ウエスト部分でくびれて裾が広がったペプラムデザインのものも多くみられます。
どんなデザインを選んでもいいわけではなく、職種によって求められるイメージが異なるため、自分が勤務する場所・雰囲気に合ったデザインを選ぶ必要があります。
服装が規定されている職種は、受付など会社の顔となる場合も多いため、「他人からどう見えるか。」という点がとても重要です。

また、仕事着ですので作業内容を考慮に入れなければいけません。
例えば事務職でほぼ一日中デスクワークをしている人と案内係で社内を歩き回る人とでは体の動きが全く違いますよね。

デスクワーク中心の人は、体を締め付けず座っていても余裕がある形が向いています。
動き回ることが多い人は、しゃがんだ時に背中から下着が見えてしまわないか、首回りは開きすぎていないかなどどんな動きをすることが多いのかをシミュレーションしながらデザインを選ぶことが重要です。

一般的なブラウスとオーバーブラウスの違い

価格帯

普通のブラウスはブランドやデザインによって価格が大きく違います。
量販店やファストファッション店では1,900円程度から購入することも可能で、有名ブランドのものになると数万円になることもあります。

平均価格は3,000~5,000円が一般的です。一方、オーバーブラウスはブラウスという名前がついているものの、平均価格が8,000~15,000円と普通のブラウスよりも高価格です。
ボトムと組み合わせて購入するケースもあり、上下合わせると大体20,000~30,000円前後になります。

素材

普通のブラウスは、綿・麻・シルクといった薄手の素材が多いですがオーバーブラウスは、透け感がない毛やポリエステルが配合されたものが多いです。
ブラウスは上からジャケットを羽織るのが普通ですが、オーバーブラウスは一枚だけで着用するものなので透け感があると困るのです。

他にも、冷房が効いたオフィス内で長時間過ごす場合には体を冷やさない工夫がされているものや汗をかいてもすぐに乾くような機能性素材で作られたオーバーブラウスが人気となっています。

洗濯方法

オーバーブラウスは、アイテムによって洗濯の仕方も異なるので洗濯表示をしっかりと確認しましょう。
ウールやシルク、特殊素材を使っているものはクリーニング店で洗濯する必要があります。
また、購入する際にも自宅での洗濯が可能か否かを洗濯表示を見てチェックするか店頭で買うのであれば店員さんに洗濯方法を聞いておくことが大切です。

購入方法

路面店や商業施設のショップで購入できる普通のブラウスに対し、オーバーブラウスはスーツ専門店か専門のネットショップでしか購入できません。
ショップで「オーバーブラウス」というと、サイズの大きいカジュアルなシャツを勧められることがあるので注意しましょう。

ネットショップは、デザインやサイズが豊富にあり返品・交換保証や送料無料などのアフターケアも充実しています。
サンプルを借りて試着してから購入できるネットショップもあるのでサイズが合うか不安な場合はそういったサービスのあるお店を利用してみましょう。社内でまとめて購入するという会社もあります。

【参考記事】足元も手が抜けない!事務服に合わせる靴下を探そう▽

 

オーバーブラウスは春夏に活躍

オーバーブラウスは春夏秋冬いつでも着られますが、特に春夏に活躍するものがたくさんあります。
春夏にオーバーブラウスが使いやすい理由として、デザインや色・柄が豊富という点が挙げられます。

スーツや普通のシャツブラウスだと地味な印象になってしまいがちですが、オーバーブラウスなら爽やかな水色や女性らしいピンク色など華やかな印象を演出できます。
デザインも胸元でリボンを結ぶ仕様になっていたり、ウエスト部分にベルトがついていたり、ポケットにアクセントのパイピング処理がしてあるなど見た目で春夏らしさを出すことが出来ます。
春夏はノーカラーのデザインも涼しげで人気が高いです。

小物でアレンジ可能、機能性もプラス

他にもコサージュやスカーフといった小物で自分らしくコーディネートする楽しさもあります。
春夏に人気の柄であるギンガムチェック・ウインドペーンチェック・ブロックチェック・ストライプといった柄物も多いので、柄物と無地のものを両方持っていると気分に合わせて春夏のファッションを楽しむことが出来ます。

春夏用に作られたオーバーブラウスは気温が高くなる夏場にも快適に過ごせるような素材が使われています。
研究と改良が進められたオーバーブラウスはスポーツウェアと変わらないほどの通気性の高さを実現し、汗をかきやすい人でも不快感を減らすことができます。
さらに、UVカット加工された素材なら紫外線が強くなる春夏にも日焼けから肌を守ってくれます。

オーバーブラウスは機能性の高さも魅力的

仕事用の服として作られたオーバーブラウスは、動きやすさや着心地に優れたものが多いです。
腕を伸ばす、足を上げる、座る、走る、腰をひねるといったさまざまな動作を計算してあるため、仕事をしていても不快感が少ないです。

最近では、動きやすさを重視してニット・カットソー素材のオーバーブラウスも普及しています。ニット・カットソー素材はTシャツなどと同じ素材なので伸びが良く、ちょっとした動作でも布の抵抗がほとんどなく快適に動くことが出来ます。
こちらの素材はシワになりにくくアイロンがけも不要なのでケアしやすいという点が人気の秘密です。
さらっとしているので汗やムレが気になる人にもおすすめです。

肩こりや窮屈さを極力減らすために軽量化も進められています。女性が気になる下着の透けにも配慮され、通気性は保ったまま身頃の部分は透けない作りになっています。
また、春夏に活用しやすいオーバーブラウスは毎日でも気軽に洗濯できるように家庭の洗濯機で洗える仕様になっているものが増えています。

ノーアイロンで着用できるタイプのオーバーブラウスなら、家庭で丸洗いしてそのまま着用することが可能です。
このような高い機能性が、オーバーブラウスが支持される理由のひとつとなっています。

快適で美しい オーバーブラウスの魅力

今までは服装に規定があると、「着心地が悪い」「可愛くない。」「動きにくい。」といったデメリットから敬遠する女性も多いものでした。
しかし、今回ご紹介したようにデザイン性が高くなり、技術の進歩とともに機能性も充実したオーバーブラウスの登場により働く女性たちの需要が高まっています。

オーバーブラウスは、事務職・アテンダント・受付・医療事務・金融系などさまざまな職種の人に活用されています。
着用する人の満足も保ちつつ、社会で活躍する女性のための仕事着として今後も人気が高まっていく事が予想されます。
オーバーブラウスの購入を検討している人は、自分の仕事内容や求めるデザイン性についてしっかりと考えてから選びましょう。

【参考記事】デザイン性を考えるのに最適!人気の事務服をチェック▽