毎日の仕事で着るものだからこそ、買い替えの機会も多い作業服。
昔からの馴染みのお店で購入…という方も多いかもしれませんが、実は今の作業服の専門店は店舗型のお店もネットショップの通販も新しいお店がたくさんオープンし、盛り上がりを見せているってご存知でしたか?

とはいえ、いつもと違うお店で作業服を買おうと思っても、たくさんお店があって「何を基準にお店を選んだらいいのかわからない」「どんなお店が自分に合うのかわからない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで、作業服をネットショップの通販で買う場合と、店舗で買う場合それぞれのメリットを解説しつつ、おすすめの作業服専門店もあわせてご紹介します!

ネットにも、実店舗でも!作業服の専門店とは?

作業服の専門店とは、その名の通り現場作業・工場作業をする際に着る作業服や関連用品を販売しているお店のことです。

ブルゾンやスラックス、カーゴパンツのような作業服はもちろん、ツナギや鳶衣料も取り揃えています。現場で働く人たちのことを考えたクオリティの高い商品が揃っているのが特徴です。

安全な現場作業には必須の安全靴やヘルメット、壊れてしまったときなどに取り扱ってくれているとうれしいライト類や作業工具、カッターナイフなどを取り揃えているお店も多く、まさに現場で働く人たちの頼みの綱でもあります。

こう書いてしまうと、取り扱っている商品は現場作業・工場作業をする人向けのものだけなのかと思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません!

最近では医療や介護、飲食などの現場でも使われる白衣や作業服、ユニフォームも販売している店舗も増えており、幅広い職種の人たちに利用されています。
作業服を取り扱っているお店というと、ホームセンターを思い浮かべる人も多いかと思います。

「急に仕事で作業服が必要になった」「とりあえず最初の1着が欲しい」という方はまずホームセンターを探してみるのもおすすめですが、専門店には専門店ならではの利点がたくさんあります。
作業服の専門店は圧倒的に品数が多いというアドバンテージがあるため、機能性に優れた製品や、ニッチな需要に応えた製品の取り扱いがあります。
「まさにこれが必要だった!」という商品が手に入る可能性が高いので、作業服が必要な方は利用してみるのも良いのではないでしょうか?

【参考記事】作業服を着るなら必須!勘定科目の知識を確認しましょう▽

 

ネット上の通販サイトで作業服を買うメリット

通販サイトを通じて作業服を買うメリットは様々ありますが、代表的なものをいくつかピックアップしてご説明します。

1.実際に店舗に足を運ばなくても商品が購入できる

作業服の専門店が自宅から離れている場合、移動するのにお金も時間もかかってしまいますよね。
通販サイトなら自宅にいながら買い物することができるのがメリットです。
さらに、閉店時間を気にする必要もないので、仕事で帰りが遅くなってしまいがちな人や、休日になかなか買い物に出かけることができない人にもおすすめです。

2.取り扱っている商品数が多い

店舗型のお店ではスペースの関係上、膨大な数の商品を置くことができないので、なかなかニッチな需要に応えるマイナーな商品を取り扱っていない場合もあります。
それに比べて通販サイトなら、取り扱っている商品ラインナップが圧倒的に多いので、近所の専門店では見つからなかった商品を発掘できるかもしれません!

3.商品を自宅まで配送してくれる

たくさんの商品や大きな商品を購入する場合、店舗型のお店では品物を持ち帰るのも一苦労。
車があれば自宅へ運ぶのも便利ですが、必ずしも車で買い物に出かけられるとは限りませんよね。
徒歩や自転車でお店に行くとなると持ち帰れる商品の数には限りがありますし、場合によっては購入をあきらめる必要も……。
通販サイトなら買った商品を自宅まで配送してくれるので、大量購入や持ち運びづらい商品の購入の際にも便利です。

以上のように、通販サイトで作業服を購入するメリットは主に「店舗に行く必要がない」「商品数が多い」「自宅まで配送してくれる」の3点が挙げられます。

【参考記事】実際どこで買うのがいいんだろう?作業服を買うならこちらを確認▽

 

実店舗で作業服を買うメリット

一方で、作業服を店舗型のお店で買うメリットも存在します。実店舗で買うメリットは以下のものが挙げられます。

1.実際に商品を手にとって確認できる

実物の商品を実際に自分の目で見られる・触れられるのは一番のメリットです。
特に作業服の場合、試着をできるというのはありがたいですよね。
時には「いつもMサイズを買っているから…」と、特に確認をしないまま購入してしまい、いざ着てみたら「思ったよりも小さいかも…」と失敗してしまうことも。
毎日の業務に影響しないように、自分にぴったりのサイズのものをじっくり選べるのは実店舗の優れた点です。

2.詳しい店員に質問ができる

通販サイトで購入する場合、事前に商品についてある程度知っていなければ比較したり、自分に本当に必要な商品を選んだりすることは難しいですよね。
しかし、店舗型のお店なら、作業服や関連用品の専門的な知識を持っている店員さんに質問したり、アドバイスをもらったりすることができます。
店員さんに相談することで、より良い商品選びができるようになるかもしれません。

3.実物の商品をすぐ手に入れられる

「今すぐに必要!」というとき、店舗型のお店に行けば欲しい商品がすぐ手に入ります。
通販サイトを使う場合、発送から商品の到着までに数日間かかってしまうことがほとんどですが、お店に足さえ運べば欲しい商品が買えて、すぐに使い始められるという点はメリットです。

このように「商品を手にとって確認できる」「店員さんに質問できる」「すぐに商品が手に入る」という3つが、実店舗を利用する際に優れている点です。

オススメ作業服専門店をご紹介!

ワークマン

日本最大級の店舗数を誇る作業服専門店の「ワークマン」。
九州の一部地方を除いた全国に800以上もの店舗を構えています(2018年3月現在)。
個人向けの作業服、ツナギ、鳶服、防寒着、安全靴、長靴、レインウェア、作業関連用品の小売りでは業界シェアNo.1を誇る店だけあって、品揃えはピカイチです。

たまゆら

「たまゆら」は大阪府枚方市に本社を構える作業服販売の会社です。大阪府と京都府に20店舗以上の展開をしています。作業服から関連用品の販売まで幅広く行っています。

ダブルストーン

「ダブルストーン」は仙台市に本部を構え、宮城県を中心に岩手・山形・福島などに20店舗以上を展開し作業服及び関連商品を販売している企業です。
作業服や続服だけでなく園芸用品や祭り用品、カジュアルウェアなども取り扱っています。

アタック

「アタック」は広島県福山市に本社を構える作業服メーカーであるアタックベースが展開するショップです。全国に19店舗あります。

ネットと実店舗の作業服専門店を活用しよう

いかがでしたでしょうか?現在の作業服の専門店は単純な「仕事着」の販売だけでなく、幅広い層が利用できるように日々新商品が更新されたり、取り扱う商品の幅を広げたりと盛り上がりを見せています。

店舗型のお店には店舗型ならではの、通販サイトには通販サイトの良さがそれぞれありますので、時と場合によって使い分けてみるのもおすすめです。最初は店舗で店員さんに相談をして購入し、慣れてきたら通販サイトを利用してみるというのも良いかもしれませんね!

【参考記事】夏でも涼しく着たいあなたへ。涼しい作業服の着方を教えます▽