最近では健康に気を遣い普段から運動をする人が増えてきましたが、運動をする時にも運動に合った服装を着用することが大切な事を知っていますか?

運動中の無駄なエネルギー消費や、ケガを防ぐためにおすすめなのがコンプレッションシャツです。コンプレッションシャツはマラソンをしている人が履いているピチピチのレギンスだったり、運動部とかが着ているピチピチのTシャツのことを言います。

ピチピチのシャツと言えば、一時期大流行した加圧シャツもそうですが、実は全くの別物なのです。そこで今回は、コンプレッションシャツと加圧シャツの違いや、おすすめのコンプレッションシャツを紹介していきたいと思います。

コンプレッションシャツってなに?

コンプレッション(compression)とは日本語で圧縮、圧搾、圧迫という意味の言葉です。つまり、コンプレッションシャツとは圧縮性のある服のことを言います

コンプレッションシャツを着用すると、部分的に身体に圧力(着圧)がかかります。着圧により身体を様々な方面から適度にサポートしてくれます。

スポーツをしていたり、体を鍛えている人などは愛用している人が多いイメージがありますよね。では、なぜ運動をする人から多く使われているのでしょうか。

コンプレッションシャツの効果とは

コンプレッションシャツは身体に適度な圧力をかけてくれるので、筋肉の無駄な動きを軽減してくれる効果を持っています。

しかも、体の部位ごとにかかる圧力が調整されているため、運動をする際の筋肉の余計な動きをコントロールし、無駄なエネルギーが消費されるのを抑えてくれるのです。

コンプレッションシャツを着用することで、無駄なく自分の力を最大限に使う事ができるので、パフォーマンスが向上にも期待できるでしょう。

他にも、以下のような多くの効果が期待できます。

着圧による疲労軽減・回復効果

最近では、むくみ防止のために着圧ソックスなどが広く販売されていたりと、着圧の効果は運動をサポートするだけでなく、日常生活にも役立っています。

着圧は筋肉の動きを助ける効果も持っています。筋肉の動きが活発になると、血液の流れが良くなり身体全体に栄養を供給したり、乳酸や老廃物を除去するなど身体的な疲労を軽減してくれます。さらに、疲労を回復する速度も速まります。

テーピング機能によるケガ防止・負担軽減

筋肉の動きをサポートしてくれるコンプレッションシャツですが、あわせてテーピング機能にも期待できます。

テーピングは、ケガを予防したり、ケガをした際には痛みを和らげたり、悪化することを防ぐために関節や筋肉などをテープで固定することをいいます。

運動によるケガは転んだり、何かしらのトラブルが起きることが原因のほかにも、筋肉を使いすぎたことが原因で起こる場合もあります。長くスポーツを楽しむためには、普段から身体に気を遣う事も大切です。

速乾吸収・保温効果

コンプレッションシャツは速乾吸収素材が使用されています。汗をかいてもすぐに吸収し乾かしてくれるため、汗で体を冷やしてしまうなんてこともなくなり、とても快適に過ごすことができます。

さらに、保温効果も兼ね備えているため冬場にも使う事ができます。運動をして汗をかいても吸収されるため、常に身体を運動しやすい状態で保つことができます

コンプレッションシャツの種類

コンプレッションシャツは上半身に着るものだと、半袖のものや長袖のものなどがあります。

長袖だと暑いのでは?と思われがちですが、速乾吸収機能が備わっているものであれば夏場でもすぐに汗が吸収され、素肌でいるよりも快適です。

また、下半身をサポートしてくれるレギンスなどのコンプレッションウェアもあります。足は普段から私たちの体を支えているため、それがサポートされるとかなりの負担が軽減されるという事でかなり人気があります。

さらにコンプレッションウェアには季節別で機能が違ったりするものもあり、季節別の機能などもしっかりと確認しておくことが大切です。

加圧シャツとなにが違うの?

コンプレッションシャツと聞くと、加圧シャツを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。よく一緒にされてしまいがちなこの二つですが、実はこの二つは全くの別物なのです。

加圧シャツとは

そもそも、加圧シャツとは着圧で身体を引き締めるなど負荷をかけて、基礎代謝などを上げ、筋トレなどを効率的に行うためのシャツのことを言います。

一時期、芸人である品川智春さんが着ている加圧シャツの「金剛筋シャツ」が爆発的に売れるなど、加圧シャツブームがあったりと、筋肉質な体を手に入れたいという人からは大人気の商品です。

加圧シャツにはスパンデックスという素材が使用されており、この素材は競泳用水着やスポーツウェアなどに使われている素材で伸縮性、強い耐久性を持ち合わせています。

このスパンデックスの締め付けは身体の適切な部分に合った圧力がかかるように作られていて、着用すると自然と肩が開き、背筋が伸び、お腹が引き締まるような仕組みになっています。

一部では「着ているだけで痩せることができる」「着ているだけで筋肉がムキムキになる」と宣伝されることがありますが、そのような効果はありません。しかし、普段から加圧シャツを着用して生活したり、筋トレをすれば筋肉ムキムキの体になることも夢じゃないです。

コンプレッションとの違い

身体に着圧をかける、という面では加圧シャツとコンプレッションシャツは同じように感じますが、どのような点が違うのでしょうか。

着圧の強さが違う

加圧シャツが身体にかける圧力の大きさはコンプレッションシャツとは大きく違います。コンプレッションシャツでは体の部位ごとに適度に圧力をかける程度です。

しかし、加圧シャツの着圧はかなり強く、実際に購入した人の声を見てみると運動する際にちょっときつかったり、苦しかったりするそうです。

先ほどの話にも出した「金剛筋シャツ」は、着用する前の胴回りが約40cmとかなり締め付けの強い加圧シャツになっています。しかし、締め付けが強い分伸縮性も抜群なため、どんな体型の人でも着ることができるのです。

サポート方法が違う

コンプレッションシャツは筋肉の動きをサポートするものなので、日常生活の中でずっと身に着けるようなものではありません。

しかし、加圧シャツに関しては筋トレをしなくても加圧シャツを着て生活するだけでトレーニングできる、というものなので朝から晩まで寝ている時も24時間毎日着用することができるのです。

身体を本格的に鍛えたいという人は、コンプレッションシャツではなく加圧シャツを使用すると自分の体の変化をより実感できるのではないでしょうか。

おすすめのコンプレッションシャツ3選

コンプレッションシャツを購入しようと考えている人でも、種類が多すぎてどれを買ったらいいのか分からない、どの機能を優先したらいいのか分からない、という人も多いと思います。

そんな人のために「ユニフォームタウン」というサイトからおすすめの商品を第3位から1位までを紹介します。

3位/4013 バートル クールコンプレッション

カラー:全6色
サイズ:S~XL
素材:スーパーストレッチ(表地:ポリエステル80%・ポリウレタン20%、メッシュ:ポリエステル88%・ポリウレタン12%)
仕様:接触冷感、ストレッチ、消臭、吸汗速乾

春夏向けのもので、男女兼用で使う事ができる商品です。においが気になる人のために、両脇だけでなく、両胸、首元に消臭テープがついていて、においを気にせずに運動ができます。接触冷感、吸汗速乾の機能もあるため、暑い日でも快適に作業することができます。

2位/75124 自重堂Z-DRAGON ロングスリーブ(男性用)

カラー:全8色
サイズ:SS~EL
素材:ストレッチ天竺(ポリエステル90%・ポリウレタン10%)
仕様:接触冷感、吸汗速乾、消臭

春夏向けのもので、男性用の商品です。カラーはシンプルなものからカモフラージュ柄まで多くの種類が取り揃えてあります。

消臭機能に加え、抗菌機能もついているためにおいが残ったりする心配はありません。価格も1,000円以下で購入できるという事もあり男性から人気が高いです。

1位/4038 バートル クールフィッテッドインナー

カラー:全5色
サイズ:S~LL
素材:表地:ポリエステル90%、ポリウレタン10% / メッシュ:ポリエステル92%、ポリウレタン8%
仕様:吸汗速乾、接触冷感、消臭、ストレッチ

春夏向けのもので、男女兼用で使う事ができる商品です。カラーもシンプルなので、とても着やすいです。

接触冷感機能が付いているため、夏の暑い日でも快適に過ごすことができます。身体のラインに沿って丁度良くフィットするので運動するにはピッタリです。においが気になるという人のために消臭機能もついており、気持ちよく運動することができるでしょう。

購入した人の声を見ると夏場の屋外での作業にぴったりで着心地も良く、汗をかいても常にさらっとした肌触りで快適に過ごすことができると人気の商品です。

コンプレッションシャツがあなたを守る

年々、夏場の気温が上がっていき、屋外での作業や運動がし辛くなってきていますが、コンプレッションシャツを着用すると運動する場合ではより質が良くなり、作業をする場合ではより快適に過ごすことができるでしょう。

普段あまり運動をしないという人でも、コンプレッションウェアのレギンスを履いて歩くだけで、足腰などにかかる負担を大幅に減らすことができるでしょう。さらに、運動をするためのユニフォームを購入することで、運動への意欲や楽しさなども出てきて健康につながるのではないでしょうか。

コンプレッションシャツにはそれぞれ機能や種類も多くあるため、自分にぴったりのシャツを見つけて、体を動かすことを楽しんでください!