年々、夏の暑さが厳しくなってきています。熱中症にならないためには、こまめに水分補給、塩分補給をする、睡眠を十分にとる、バランスの良い食事をとるなどに気を配らなくてはいけません。

とはいえ、いくら熱中症に気を付けていたとしても、日中の温度が40度近くの日が続いてしまっては屋外で作業をする人なんかは、体調を崩してしまう事もあると思います。

夏の暑い日にはクーラーの効いた部屋で過ごしていたいけど、かといって仕事をしないわけにもいかないですよね。

そんな人におすすめなのが冷却服です。

冷却服ってなに?

冷却服は体温を下げてくれる服のことを言います。暑さ対策や熱中症対策をすることができます。夏の暑い日などに、屋外で仕事をする人や作業をする人にとってはありがたい商品です。

冷却服には接触冷感や速乾冷感の機能が付いたコンプレッションウエアや、空調服があります。

冷却服とは?

服に小型のファンがついており、服の中に外気を取り込み大量の風が流れ、これにより汗が気化され清涼感を感じることができるのです。

エアコンは部屋などの広い場所を冷やすためエネルギーを多く使ってしまいますが、この冷却服は1人分のエネルギーでいいため、使うエネルギーも少なく環境にも配慮した作りになっています。

ファンが付いているという事で、重さや音、感電の心配など気になる人もいますよね。ですが、ファンは軽いプラスチックを使っているため重く感じることはないそうです。

音は風邪の強弱を強くした際に、静かな環境で使用すると気になる場合もあるそうですが、基本的にはあまり気にせずに使えるそうです。

ファンを回す際に使われる電圧は3V~7Vとかなり低いため、感電の心配もありません。

冷却服の効果とは

冷却服は夏の暑い時期などに屋外で作業をする人たちのために熱中症対策などで作られたものです。

空調服は見た目も作業着のような形のものが多いですが、最近では私生活でも使えるような一般用や冷却ベスト、空調リュック、など様々な商品が販売されています。

冷却服を着用することで、余計な汗をかかなくなるため体力の消耗も抑えることができます。汗をかいたとしてもすぐに蒸発されるため汗の臭いを気にすることもありません。夏の暑い日でも常に快適な状態で作業を行うことができます。

災害地でも活躍

実際に、先日起きた西日本の豪雨の災害ボランティアの際にも、炎天下の中で作業をする人たちの間で空調服が活躍しているそうです。

冷却服は暑い屋外で使うイメージがありますが、自宅などでも空調服を使うことで、エアコンの使用を控え電気代を節約することもできます。

暑い夏時こそ重ね着をして対策

年々、夏の暑さが厳しくなってきています。暑い時こそ身軽で涼しい薄着をしたいと思う人も多いでしょう。

私も暑がりなので暑い日なんかは着る服をなるべく少なくしてなるべく薄着の格好をします。しかし、調べてみると暑い時こそ重ね着をすることが大切だという事が分かりました。

インナーを着て体温の上昇を抑える

暑い日に重ね着をするなんて、余計に暑さが増すし、汗も出るイメージがあって暑がりの人は絶対無理と思いますよね。

しかし実際には、重ね着をすると薄着でいる時よりも重ね着をした方が、体温の上昇を抑えることができるのです。

体温が下がる仕組み

人間は体温が上がると汗をかきます。その汗が蒸発する時、肌の熱が奪われることで体温が下がります。そのため、インナーを着用することで汗をくまなく吸収し体温の熱を下げ、上昇を抑えることができるのです。

それに加えて、汗が吸収されると、皮膚温度も下がるため余計に汗をかかずに済みます。

重ね着が大事というよりかは、汗を吸収するためのインナーを着ることが大事という感じです。汗がインナーに吸収されればお気に入りのトップスが汗でダメになってしまう、なんてこともなくなります!

肌を隠して紫外線を避ける

夏は大量の紫外線が降り注ぎ、浴び続けると夏バテの原因になってしまいます。重ね着をすることや、長袖の服を着て紫外線から肌を守ることも、夏バテを引き起こさないための対策なのです。

最近では、夏用の速乾冷感、接触冷感の機能が付いたインナーや除湿インナーなども多く販売されています。

ちょっとした外出の時でも、長時間の屋外の作業の時でも紫外線から身を守りつつ、涼しく、快適に過ごせるような商品も多く出てきています。

例えば、コンプレッションウエアなども夏の暑い日に作業するにはぴったりの商品です。

このようなインナーを着ることや、薄いカーディガンなどの身体と服の間を風が通るような服装を着たりすることで暑さ対策をすることができます

重ね着には外出時の暑さを和らげる効果があるのだけでなく、冷房が効いた車内や室内に入った際に体が冷えてしまったり、温度差などをなくすことができます。

素材生地にも気を遣えばさらに快適に!

また、夏には普段着、運動着など場面によって着る服の生地の素材を変えるなどすることでも、暑さ対策をすることができます。夏の時期にはコットン、リネン、シルクの生地素材がおすすめです。

コットン

コットンは、吸収性、保湿性に優れており、肌触りもとても良いです。しかし、吸収性には優れているものの、速乾性はないため運動時など汗をかきやすい場面での使用は控えた方がよさそうです。

リネン

リネンは吸収や発散が優れており、肌触りも良く、清潔です。コットンに比べて、汗をかいた時乾きやすく、あまり肌に密着しない素材なので涼しく、快適に過ごすことができます。

さらに、リネンは防カビ性もあり、雑菌が増殖するのを抑えてくれるなど他にも汚れが落ちやすかったりと、リネンは夏にはピッタリの素材です。

シルク

シルクは吸湿性、保湿性、放湿性、保温性に優れておりそれだけでなく、紫外線をカットしてくれるなどの機能を持っているため、夏だけでなく冬でも活躍する素材になっています。

おすすめ冷却服

冷却服は、接触冷感などの機能がついたコンプレッションシャツや空調服がありますが、それぞれどのようなものがおすすめなのかユニフォームタウンの中から紹介したいと思います。

バートル クールコンプレッション

このコンプレッションシャツは吸汗速乾や抗菌防臭加工、接触冷感などの機能がついています。

ぴたっとしたシャツのため、汗をかいてもすぐに吸収、発散されます。消臭テープも付いているためにおいを気にすることもありません。

しかし、コンプレッションシャツは、体に着圧をかけ筋肉の動きをサポートするものなので、日常生活の中で着用すると体に負荷がかかってしまうため、あまりおすすめしません。

運動をするときや、屋外で作業をするときには身体的疲労を軽減してくれるコンプレッションウエアをおすすめします。

コンプレッションウエアには、長袖、半袖、下半身用のものもあり用途や自分の好みに合わせて選ぶことができます。

商品番号:11-4013

AC1031 バートル 綿100%エアークラフトブルゾン(男女兼用)

この空調服は様々なところにポケットが付いており、建設現場などで作業をする人にとってはピッタリです。

空調服だけを購入するのも良いですが、これに付け加えバッテリー、ファンもセットで購入することをおすすめします。セットで購入する場合はメーカーを揃えて購入してください。

バートルの空調服は上記の綿100%のものとポリエステル100%のものがあり、デザインも変わりないため、現場の環境に合わせて購入することができます。

商品番号:11-AC1031

ジーベック 空調服半袖ブルゾン

空調服は長袖のものが多いですが、この空調服は半袖なので長袖を推奨しない職場や軽作業、配送業にぴったりの商品です。紫外線カット、透湿機能があります。さらに撥水加工がしてあるので、ちょっとした雨でも快適に作業をすることができます。

ベーシックは長袖、半袖、素材も違った空調服がいろいろ用意してあるため、自分に合ったぴったりのものを探してみてください。

ベーシックだけに関わらず、他のメーカーでも上半身の空調服だけでなく、下半身のものもあるので気になる人は調べてみるといいかもしれません。

商品番号:42-XE98004

冷却服を着て涼しく快適に過ごそう

まだ、冷却服のことは広く知られていないみたいなので、炎天下の中頑張って作業をしている人に少しでも冷却服の事を知っていただけたら嬉しいです。

自分で熱中症対策をすることも大切ですが、生死にかかわるような暑さの時には、コンプレッションウエアや空調服に頼ることも大切です!

また、夏の暑さをしのぐ方法として重ね着が大切なことも知っていただけたら嬉しいです。服の素材や着方を少し工夫するだけで暑さを和らげることができるはずです。

個人でしっかりと暑さ対策をして夏を乗り切りましょう!