ブルゾンと言えば35億のブルゾンちえみが思い浮かぶ人が多いと思いますが、
そう答える多くの人は、ジャンパーとブルゾンの違いは何かと聞かれても答えられないかもしれません。

しかしファッションが好きな人であれば、
ブルゾンと言えばデザイン性の高い服をイメージする人が多いでしょう。
ただし、似たような服にジャンパーがありますが、
ジャンパーとブルゾンの明確な境界線は非常に曖昧になっています。

ジャンパーとブルゾンの定義は一応あり、
シーンによって使い分けがされているというのが多くの人の認識になっているようです。
詳しくは後述しますが、この考え方は日本人独特なのかもしれません。

そこで今回は、ジャンパーとブルゾンの定義や違い、
どのようなシーンでそれぞれを使うのが良いのかなどを紹介していきます。

ジャンパーとブルゾンの違いとは

まずジャンパーとブルゾンの明確な違いとは何かを紹介していきます。
ただし、この違いは国によっても差があるため、
日本での解釈という前提条件であると理解しなければなりません。

ジャンパーとは

基本的にジャンパーというと日本人は、冬の防寒・防水アイテムといったイメージをするはずです。
裾や袖はゴムやひもで閉まるようになっており、着た人の身体に合うように作られています。

また、軽くて薄手の生地が使用されたりと、機能的なジャンパーも多くあり冬場の作業着にもなります。
そのため、デザイン性はあまりなく、会社や工事現場などの仕事で使用される場合が多いと言えます。

ブルゾンとは

ブルゾンとは、フランス語で「裾を絞ったブラウス」といった意味になります。
ジャケットと重なる部分も多く、
ファッション性のあるアイテムがブルゾンとして認識されているようです。

外観は、ウエスト丈のものが基本で、ゆったりした作りになっているものになります。

そのため、機能性には優れていない場合もありますが、
値段はジャンパーに比べれば高くなる傾向にあります。
ジャンパーと同じ秋や冬に使用されることが多く、厚手の生地を使用している場合が多くあります。

明確な境界線はない

ジャンパーやブルゾンの明確な境界はなく、ジャンパーに近いブルゾン、
ブルゾンに近いジャンパーもあります。
どちらも日本語にしてしまえば同じ意味で違いはないはずですが、
日本人は特に機能的かファッション的かでそれぞれの違いを出していると言えます。

さらにコートやジャケットなども近い存在としてありますが、
丈の長さや機能性などの違いを定義で示している人もいますが、
正確な基準はないため、製作側や販売側がどう呼ぶかで決まるのではないでしょうか。

活用シーンとは

個人で外出する際だけでなく、
会社やスポーツのイベントなどでジャンパーやブルゾンを着る場面は意外と多くあります。
特に集団でのイベントでは統一したユニフォームを着ることで、
企業イメージや商品イメージにも繋がっていきます。

イベントや時期、
内容によっても使い分けていくことでイメージアップにも繋がる大切な要素となっていきます。
ここでは、どのような場面で使い分けるのかを紹介していきます。

ブルゾンの活用シーン

ブルゾンは先ほど紹介したように、ファッション性に優れています。
そのため、ファッション好きな個人での外出の時だけでなく、
ハイブランドなイメージの企業や商品を紹介するイベントなどでも活躍が期待できます。

スポーツや動きのあるイベントなどでは、ブルゾンは合わないため、
魅せるためのものとして考えた方が良いでしょう。

ブルゾンのデメリット

ブルゾンは、ファッション性が高いので機能面ではジャンパーに比べれば期待は出来ません。
また、厚手の生地を使用している場合が多く、
時期によっては合わない可能性もあります。

さらに、製作費用も高めになってしまうため予算が少ない場合には、
なかなか使えないことが多い
のが現状です。
それぞれのイメージやシーンに合わせて使うようにしましょう。

ジャンパーの活用シーン

一方、ジャンパーはブルゾン同様にウエスト丈のウエアですが、
動きやすく機能的であることが特徴です。
スポーツや動きの多いイベントなどで活躍するアイテムと言えます。

シンプルな作りで、薄手の生地のため安価に作ることが出来ます。
みんなで着用すれば、非常に統一感が出て、親しみやすい雰囲気にすることが出来ると言えます。
腕や背中の部分にロゴや文字なども入れてメッセージ性を加えたりすることも可能です。

ジャンパーのデメリット

親しみやすいイメージがゆえに、イベントや商品のイメージに合わないこともあります。
また安いつくりのために、縫い目がほつれてしまったり、破けてしまうこともあったりします。

スポーツや作業での使用が多いため、
壊れやすい
という事もありますが、
安かろうという気持ちは持っておいた方が良いかもしれません。

オリジナルジャンパーの作り方

ブルゾンやジャンパーなどどちらも場面によって使い分けることで、安く作ることも可能です。
デザインやロゴの有無などによっても使い分ける必要があります。

ユニフォーム専門店のユニフォームタウンでは、
それぞれの種類が豊富にあるだけでなく、機能性やファッション性どちらのものもあり、
値段も安く作ることが可能です。

公式【ユニフォームタウン】サイトはこちら

予算から

ジャンパー、ブルゾンどちらを選ぶにしても予算は避けては通れない部分です。
特にイベントで使用する際には大人数での注文になってくるかと思います。
値段が安いほうが基本的には喜ばれるはずです。

ユニフォームタウンでは、最安値920円からジャンパーを買うことが可能です。
また、刺しゅうやプリントを追加料金を払えば入れることも出来ます。
単に統一色で切る場合にはプリントを入れなくても問題ありません。

特別感やグループ感を出したい場合には、プリントを入れると良いでしょう。
ただし、枚数や種類によって値段も変わってきます。

プリントと刺しゅう

ジャンパー、またはブルゾンにプリントや刺しゅうを入れることは可能ですが、
それぞれメリットとデメリットがあります。

プリントのメリットとしては、短期間で作成できることと、
蛍光色など目立つように作ることが可能です。
デメリットとしては、
長期間による使用や洗濯によってプリント部分が剥がれたりしてしまうことがあります。

刺しゅうでは、
生地に直接縫い付けることで洗濯や使用による文字の剥がれるといったことは基本的にはありません。
ただし、デメリットとしては値段が高くなってしまうことや、
届くまでに時間がかかってしまうことが挙げられます。

内容から

イベントなどの内容によっても使い分けが必要です。
例えば、屋内であればジャンパーでもブルゾンでも問題ありませんが、
屋外で雨天時の事を考えると防水機能のあるジャンパーが最も良いと思います。

また、季節やイベントの内容によっては、高級感を出したり、
生地の種類にもこだわる必要があるはずです。
ユニフォームタウンでは、生地の種類だけでも多く揃っているので、相談しながら決めていきましょう。

こだわりを持つこと

ジャンパーとブルゾンのどちらが良いのかというのではなく、
場面や目的に応じて合う方を選んだり、追加でロゴや文字を入れるようにしていくのが良いでしょう。

ユニフォームタウンでは、1着から大量発注まで対応しており、
見積もりなどでも値段や内容の相談が可能です。
お互いに納得いくためにも、しっかりとこだわりや目的を伝えてから製作をしてもらうようにしましょう。

その為には、それぞれの特徴やメリット、デメリットを理解して、
総合的にどれが良いのかを決めていきましょう。