タオルってどのくらいで捨ててますか?ごわごわになったら…臭くなったら…
糸がたくさん飛び出して来たら…など、捨てるタイミングは家庭によって様々かもしれません。

毎日使うものですが、交換時期がわからずボロボロになるまで使うという人もいるでしょう。
また、まだ使えるのにもったいないという気持ちもあり、
なかなか捨てられないという人もいるかもしれません。

しかしタオルにも寿命があります。家族の人数、お洗濯の回数などライフスタイルによっても、
タオルの劣化速度は大きく変わってくるものです。

今回は、タオルの寿命サインとフワフワをキープするコツをご紹介します。
タオルの交換目安を知っておくと快適なお風呂上りを楽しめることでしょう。

タオルの寿命はどれくらい?

そもそもタオルに定められた寿命はないので、交換時期を見極めるのはタオルを使う方、管理する方です。
清潔に保つためには、目立った汚れが無くても自分なりの寿命を決めることが大事といえます。

30回の洗濯

洗濯の回数が30回程度を超えると、タオルのパイルや繊維そのものが傷んで吸水性が悪くなり、
肌触りも硬くなってしまうと言われています

そのため、ホテルなどでも使用するタオルは交換の目安を30回の洗濯としているところが多いようです。

実際には、タオルの枚数がもっとたくさんあってローテーションが長かったり、
取り替える頻度がもっと多くて洗濯回数が多くなる家庭もあるでしょう。

そういうことを考慮すると、半年以上1年未満位が寿命と言えます。

素材によって変わる

タオルの素材によっても寿命は変わってきます。
どうせそのうち買い換えるからと安物のタオルばかり買ってはいませんか?

タオルの素材はリネン(麻)・コットン(綿)・ガーゼ・ワッフル・マイクロファイバー・
ポリエステルなど、様々なものがあります。

寿命が長いのはリネンやコットン素材ですが、
コットン100%であれば全て同じというわけではありません。エジプト産のものや、インド産のもの、
国内産のものなどによっても寿命や触り心地は変わってきます。

ドラム式洗濯機は劣化が早い?

使用する水量が少なく経済的なドラム式洗濯機は、今人気があります。
しかし、ドラム式洗濯機だと叩きつけ洗いなので、ゴワゴワに成り易いです。

タオルのフワフワ感に大事なパイル地のループが寝てしまって、硬くなってしまうからです。

捨て時の目安

どれだけ大事にタオルを扱っていても、タオルには捨て時が来ます。

あなたのタオルは今どんな状態?

洗濯頻度は人それぞれですが、何日も使い続けるとカビや臭いが気になりますよね?
そこで、今使っているタオルで次のようなことがないかチェックしてみてくさい。

・ゴワゴワとした感じが出て使い心地が悪くなってきた
・変色して薄い赤っぽい色になっている
・雑菌が繁殖しているような変な匂いがする

当てはまるものがあれば、それはタオルの捨て時といえます。
そのまま使い続けると、知らないうちにお肌を傷つけてしまい、
肌荒れをしやすくなったりしてしまいます。

臭いがとれない

タオルが臭いのは、雑菌が増殖しているからです。

長期でタオルを使い続けていると、
どうしても皮膚が繊維の中に入り込んで洗い方を少し間違うだけで雑菌臭が発生するなど、
衛生上の問題もでてきます。

水を吸わなくなった

一般的なタオルは、パイル地といって、表面の糸が輪っか状になっています。
新品のタオルは、パイルがしっかり立っているので吸水率がいいのですが、
使用や洗濯によって繊維が傷んだり固くなると、ゴワゴワになって吸水力が落ちます。

顔を拭くときに「ちょっと痛い」と感じるものはお役目終了と考えましょう。

肌触りが悪くなった

薄くなったタオルは、見た目も悪く、肌触りもよくありません。

また、正規品のタオルは糸が飛び出してきても切ってあげるとまたきれいに使えますが、
たくさん糸が飛び出してくるようなら、繊維が傷んでいる証拠です。きっと肌触りも悪くなっているので、処分してもいいころです。

長い間フワフワをキープさせるコツとは?

洗濯時のコツ

長持ちさせるコツは色々とありますが、
なんといっても洗濯の方法によってタオルの寿命は大きく変化します。

柔軟剤を使わない

柔軟剤は、衣類の繊維をコーティングすることで肌触りをよくするもので、
繊維自体を柔らかくするものではありません。
タオルの繊維がコーティングされると吸水力が落ち、パイル抜けの原因になります。

一度パイル抜けが起こり始めるとその部分の繊維が抜けやすくなりますので傷みやすい状態になります。
柔軟剤を使うとふわふわになるというイメージがありますが、タオルには逆効果なのです。

どうしても柔軟剤を使いたいという場合には柔軟剤の量を減らすか、
使用頻度を減らすなどすると良いでしょう。
また、柔軟剤ではなく重曹やクエン酸をすすぎの際に入れても同じような効果を発揮してくれます。

一度で多くの量を洗濯しない

洗濯機に洗濯物をギュウギュウに押し込んでしまうと、
他の衣類との摩擦によって、生地が傷みやすくなります。
すすぎのときも、量が多いと洗剤をしっかり洗い流すことができず、ゴワゴワの原因に。

洗濯物が多いときは、2回に分けて洗ったり、洗濯ネットを使うなどの工夫をしまししょう。

乾燥時のコツ

長持ちさせるためには、干すときにも注意すると良いでしょう。

乾燥機を使わない

乾燥機で乾かすとふわふわな仕上がりにすることができますが、
バスタオルが縮んだり生地の痛みの原因にもなるので長持ちさせることができません。
タオルは出来るだけ乾燥機を使わず自然乾燥させるようにしましょう。

日陰干しにする

直射日光に当たっていると、紫外線が多く照射されるために繊維の成分がもろくなります
また染色に使われている染料もすべて紫外線によって色が変化する問いう特徴があります。

色あせの原因はほぼ100%太陽光の紫外線と考えても良いでしょう。
そのため、日陰干しするのがおすすめです。

風通しのいいところで干す

早く乾かしたくて直射日光が良いように感じると思いますが、綿は天然の素材です。
髪の毛と同じように、
タオルに使用されている綿は植物由来であるために特に水を吸っている状態での強度が低下します。

ぬれている時間をより短時間にすることがキーポイントとなりますので、
新しい乾燥した風を送って一気に乾かしましょう。
それには風通しの良い場所で物干しをする必要があります。

干す前にタオルをパタパタ振る

干す前にタオルを半分に折って、10~20回ほどパタパタと振ってみてください。
するとパイルが立って、乾いたときにふわふわ感が復活します。

そのあと、四方にやさしく伸ばし、
しわやゆがみを直してから干すことでタオルの風合いを保ちながら長持ちさせることができます。

立てて収納する

タオルを引き出しの中に収納するときは、上に積み重ねるのではなく立てて収納しましょう。
上に積み重ねていくと重さによって下のタオルのふわふわ感が損なわれてしまいます。

また、立てて収納したほうが、引き出しを開けたときにすべてのタオルが目に入るので管理が楽です。

まとめ

タオルは毎日使うものなので、できれば快適に使いたいものです。
しかし、タオルの交換時期って、毎回迷ってしまいますよね。
そこで、捨て時の判断基準がいくつかあると、触り心地や見た目などからすぐ判断できると思います。

また、交換した新しいタオルもできればふわふわとした気持ちいい状態を長く保ちたいもの。
タオルにも寿命はありますが、洗い方や乾燥方法を少し工夫して、
少しでも長くふわふわの状態で使えるようにしましょう

いつもふわふわなタオルを使っていれば家族の笑顔も増えるはず。
ゴワゴワのタオルに悩んでいる方は、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。