エプロンは、季節を問わず着用されるユニフォームです。飲食店や漁業、イベントなど多くの場面で利用されています。利用される場面によって、適したエプロンは違うので、初めての購入ではなにが良いのか悩んでしまうでしょう。
ここでは、エプロンの種類や、選ぶ際の考え方について紹介していきます。

エプロンの種類

エプロンは、家事や飲食店で利用されることの多い作業着です。利用されるシーンは多く、介護やDIY、ハウスクリーニング業者や本屋など多岐にわたります。数多くある中から、どういったエプロンが良いか考える前に、まずはエプロンの種類や形状について確認してみましょう。

胸当てエプロン

様々な職場で利用される、胸当てエプロン。実は、その中でもデザインによって種類が分けられます。

【たすき掛け】
エプロンの背中部分が、アルファベットのXのようにクロスするタイプ。
安定感のある着心地で、腰紐の調節で体型に合わせて着用できます。
【H型】
エプロンの背中部分が、アルファベットのHのようになっているタイプ
腰紐がなく、ボタンで固定するものが多いので、着脱が簡単です。
【首掛け型】
首にかけて着用するタイプ。肩紐と腰紐が別になっているので、肩紐がずれにくいのが特徴。
腰後ろ姿がスッキリして見え、着脱が簡単にできます。
【かぶるタイプ】
前後に布があり、頭からかぶって着用するタイプ。
肩紐がなく、着てる時のズレや、体への負担が少ないことが特徴です。

肩紐がなく、着てる時のズレや、体への負担が少ないことが特徴です。

腰から膝、または足首までの長さのあるエプロン。
腰に巻くだけなので、トップスがシワになる心配がいりません。また、首紐を結んだり、エプロンをかぶったりする手間が省けるので、手軽に身につけられます。日頃よく目にするエプロンなので、親しみやすく、清潔感をアピールするのにぴったりなエプロンです。
上記が主な形状です。ただし形が同じでも、和風カラーや和柄を取り入れた「和風エプロン」や防水、撥水性に優れた「厨房エプロン」など、見た目や機能性が違うタイプのエプロンがあります。業種によって、必要とされる機能は違うので、次は機能について考えてみましょう。

エプロンの機能とは?

エプロンの大きな役割は、汚れや怪我を防ぐことです。素材や加工によっても効果は違いますし、デザインによっては利便性が変わってきます。

素材の特徴

エプロンに使われる材質は、「綿」「ポリエステル」が多くそれぞれ特徴が違います。

【綿】
強くて丈夫な素材である綿。手触りが良い、吸水性・保湿性に優れる、熱に強いといった、バランスの良い素材です。
特にカツラギやデニムといった生地は非常に丈夫。その特徴を活かして、店舗の制服としても、スタッフのエプロンとしても幅広く利用されます。
【ポリエステル】
熱に強く、破れにくい化学繊維です。型くずれしにくく、シワになりにくい特徴を持ちます。水に強く、速乾性があるだけでなく、耐久性にも優れるので、洗濯を繰り返しても長持ちします。
綿とポリエステル以外にも、麻、ナイロンといった素材もあります。しかし、変色や生地の収縮など取り扱いが面倒なこともあるので、綿、ポリエステルの利用が多いのでしょう。

加工の特徴

最近は、職業に合わせた加工をしているエプロンもあるので、より使い勝手が良くなっています。
すぐに思いつくのは、防水、撥水、耐油性でしょう。これらの加工がされていれば、調理中や作業中の被害を軽減できます。漂白剤にも強い、退色防止エプロンもおすすめです。
調理場で長く使っていると、色が落ちることもあります。そうなると見栄えが悪くなるので、始めから退色防止エプロンを選ぶと良いでしょう。
さらに、漂白剤に強いのは大きな魅力になります。汚れの目立つエプロンは、印象の良いものではありません。日々の手入れを考え、きちんと洗濯できるかも大切なポイントなのです。

デザインの特徴

エプロンにはポケットがついているタイプがあります。収納力があり、作業中に別の仕事をする時などに、道具をすぐしまえるので、作業効率が向上します。中にはポケットの多い、多収納をウリとしているエプロンもあります。よく使う備品を整理して持ち歩けるので、職場によっては重宝するはずです。
ほかにも、アジャスターで簡単に着脱できる物や、ボタンでウエストと肩紐の部分が調節できるタイプなら、エプロンを着て働くストレスを軽減できるでしょう。

エプロンの選び方

エプロンを選ぶときは、目的、デザイン、機能で選びましょう。
せっかく導入したのに、使い勝手が悪い、イメージと違うといったことにならないように、しっかり確認してください。

エプロン導入の目的

エプロンの形や、素材、機能を選ぶ前に、目的を確認することが最優先です。
利用するのが、飲食店か介護か漁業なのか、そういったことでも選ぶ内容は変わります。業種が決まっていたら、その中で役割を考えてください。飲食店の場合、料理を作るキッチンか、接客をするホールかで重要視するポイントは違うでしょう。
導入の前に、どういった目的で利用するのか、方向性を明確することはとても重要です。
そうすることで、次のデザインや機能性についても選びやすくなるはずです。

エプロンのデザイン

胸当てエプロンか、カフェエプロンか、丈の長さは膝までか足首かなど、見た目を選んでいきます。
水ハネや汚れから守るなら、胸当てがあり丈の長いエプロンがおすすめです。しかし、丈が長くなると動きづらくなります。ストレッチが効いている素材や、スリットが入っているエプロンを選ぶようにすると良いでしょう。
また、女性の多い現場では、一周ぐるっと体に巻きつける、お尻が隠れるタイプの物が人気のようです。介護なら清潔感のある色を選び、料亭なら和柄の物を選ぶなど、場所に合わせたイメージも大切です。
どこで着けるのか、どういった人に見られるのかを意識して、デザインや色を選んでいきます。

エプロンの機能性

機能に関しては、実際に働く姿をイメージすることが大切です。そのため、人から見られることを考えるなら、シワが多くよれた感じのエプロンは見栄えがよくありません。綿やポリエステルなど、素材によっても違うので購入前に確認しても良いでしょう。
素材によっては、洗濯を繰り返すと劣化することもあるので、長く利用するなら事前にそういった面も確認してください。職場によって必要な機能は変わってきます。
よく動く職場ならストレッチ素材の物を選ぶ、着脱する機会が多いなら簡単に外せる物を選ぶなど、働くイメージから機能を選ぶのです。
後悔のないように、動きやすさや手入れのしやすさを確認して、使いやすい物を選んでください。

店舗イメージに合わせたエプロン選び

店舗のスタイルや、キッチンかホールかでも、適したエプロンは違ってきます。
一例を紹介しますので、参考にしてみてください。

厨房・コックエプロン

ロングエプロンHS

HS2500 アイトス ロングエプロン

厨房エプロンを着用する目的は、清潔感や統一感を演出すること。
厨房からでないとしても、食品衛生の面で重要なことです。
オーソドックスな色は「白」か「黒」ですが、白は汚れが目立つ色でもあります。汚れていると不衛生だと思われることもあるので、汚れが目立ちにくい色を採用するのも良いでしょう。
また、店舗のイメージに合わせた色を選んでも良いかもしれません。

ホールエプロン

胸当てエプロン X型

胸当てエプロン X型(85cm丈)

ホールエプロンは、店舗のイメージをつくるのに大きな影響があります。
そのため、店内の雰囲気を色やデザインから演出していくなら、ホールスタッフの服装は重要なのです
ただし、ファッション要素だけでなく、動きやすく実用性のある物を選ぶようにしましょう。

バーテンダーエプロン

Vネックエプロン

FK-7069 Vネックエプロン(男女兼用) ボンマックス(フェイスミックス)

アルコールを提供し、カウンターでの作業がメインとなるバーテンダー。カウンターはお客さんから見えづらいとはいえ、きちんとしたスタイルでいることはお店の信頼につながります。
バーテンダーエプロンは、職業をスタイルアップできる衣装として、見た目にもカッコイイものが良いでしょう。

和風・和柄エプロン

T-82 チトセ(アルベ) 和風エプロン

お店の雰囲気を壊さないための、デザインや色選びも大切です。
服が汚れないことを目的としたエプロンですが、汚れなければなんでも良いわけではありません。
和風のカフェや、小料理屋ではカジュアルなものよりも、和風なエプロンの方が、雰囲気がまとまりやすくなります。

紹介しているのは、あくまで一例です。共通するのは、着用する場面や雰囲気に合わせ、デザインや色を選ぶことが重要だということ。
エプロンをまとめて発注するのであれば、会社のロゴや名前を印字できるサービスを活用しても良いかもしれません。希望するなら、エプロン選びの際にサービスが頼めるか確認しておきましょう。

職種に合ったエプロンを選ぼう!

エプロンの大きな目的は、汚れを防ぐこと、火傷などの怪我を防ぐことです。動きやすく利便性のあるエプロンなら、作業効率も良くなるでしょう。
業種によって、どういった機能が求められるかは違います。着用する場面を想定し、しっかりと目的に合わせたエプロンを選んでください。
また、エプロンは、その職業のイメージ作りに役立つことも忘れてはいけません。機能性や実用性は重要ですが、デザインや色を職場のイメージに合わせたエプロン選びも心がけましょう。