駅伝

駅伝の基本的なルールと歴史、マラソンとの違い

長距離を走る競技であるという共通点はありますが、駅伝とマラソンにはいくつもの違いがあります。 マラソンは、一人の選手がスタートからゴールまで走りますが、駅伝では複数の選手がコース上を走り継いでゴールを目指すというルールがあります。 国際陸上競技連盟が定める国際大会基準のルールでは、男性、女性ともにフルマラソンと同じ42.195キロメートルを、5キロ、10キロ、5キロ、10キロ、5キロ、7.195キロの6区間に分けて走ります。 これは国際基準のルールであり、実際には大会によって、区間数、区間ごとの距離、コース全体の距離なども様々なものがあります。 日本で初めての駅伝大会は、東京遷都50周年を記念して開催されたもので、関東、関西の2チームに分かれた選手たちが京都をスタートし、東京の上野までの約508キロを23区間に渡って、夜を徹して走り抜けるという、極めて大規模なものでした。 この時のスタート地点である京都の三条大橋と、上野の不忍池には、駅伝発祥の地の記念碑が建てられています。 現在では季節の欠かせないイベントの一つとなっている駅伝ですが、ルールや歴史について基本的なことを知っておくと、より深く楽しむ事につながっていきます。


(1) 注文の種類
(2) ご注文日
(3) お届け先

お届け予定日

頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について お支払い方法 納期・お届けについて サンプル貸出(無料)について 返品・交換について
ご注文実況中継

最終更新日: 2017年10月17日 (火)20時24分  ユニフォームタウンでは、独自の在庫連携システムにより、リアルタイムの在庫数を随時更新しています。

駅伝通販のページトップに戻る