防炎作業服

防炎作業服 耐火性素材を使用し、働く作業ワーカーの身を守る防炎作業服を揃えました。春夏、秋冬とシーズンに合わせて作業着の上下をセットでご購入頂けます。

火を使う仕事でも安全安心な防炎作業服

鉄工や造船、建設などで溶接の仕事をしていると、火花や火の粉が作業服に飛んできて衣服が焦げて穴が空いてしまうということは日常茶飯事でしょう。 特に乾燥しやすい時期には衣類に着火して大やけどをしてしまうという労災事故も毎年何件かは起こっています。 こうした大変な事故を防いで安全に職場環境をつくるには、多少の火の粉でも燃えにくい「防炎作業服」を会社のユニフォームとして採用するのが有効です。 防炎作業服(難燃作業服)とは、火の粉が飛んできても燃えにくく、たとえ着火しても燃え広がりにくい素材を使用するとともに、防炎性を高めるために特殊な加工を施した作業服のことで、溶接作業や鉄鋼業のような火の粉や火花で衣服に引火しやすい職場で働く人々に愛用されています。 一般に、防炎作業服は出荷前に厳しい防炎性能試験を行なって一定基準以上の難燃性や防炎性があることが示されいるので、作業服が発火して大やけどを負うリスクを大幅に軽減できるのが特長といえます。 防炎作業服は、防寒性が高くて秋冬を中心にオールシーズン利用できるブルゾンや暑い時期でも着やすい長袖シャツ、ブルゾンよりも軽くて着心地がよいジャンパー、暑い夏でも快適なベストなど数多くのタイプがあります。 ズボンもオーソドックスなタック入りのスラックスやノータックのカーゴパンツなど、動きやすくて丈夫な素材でつくられたさまざまな製品があるので、職場環境や好みに合わせたコーディネートが可能です。 防炎作業服を選ぶときにはデザインや色も重要ですが、防炎・難燃加工以外の特殊加工に着目することも大切です。 たとえば、発火しやすいガスや燃料を扱っている職場では、ちょっとした静電気でも大事故につながるおそれがあるので、帯電防止加工が施されているものを選ぶのがポイントです。 また、夏場で汗をかきやすいときには速乾・吸汗性が高くて抗菌・消臭加工が施された製品を選ぶのもお勧めです。 なお、現在では作業着の通販サイトも増えており、大量注文で割引価格が適用されるお店もあるので、防炎作業服を会社のユニフォームに採用したいときにはこうしたお店を活用してみてもよいでしょう。


納期シミュレーション いつ届くの?という疑問が、3ステップでわかります!
電話注文できます!見積り、お問い合わせは無料!フリーダイヤル0120-115-116
ご注文のやりとりからお届けまでの流れ
右へ
(1) 注文の種類矢印
(2) ご注文日 矢印
(3) お届け先 矢印

お届け予定日

0 0
0 0
頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

お届け予定日を計算中です
お届け予定日を計算中です...
にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について ご注文は24時間受け付けております。 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について 10,000円以上のご注文で代引き手数料と送料を無料サービスいたします お支払い方法 お支払い方法は、代金引換、銀行振込(前払い)、クレジットカード、後払いよりお選びいただけます 納期・お届けについて お届け納期について サンプル貸出(無料)について サンプル貸出の点数の期間について 返品・交換について 商品の返品は8日以内に返送ください
ご注文実況中継
火に対して強い耐性を持っている防炎作業服は、火を身近に感じながら仕事をする人々を支えるためには必須のアイテムとなるのです。消化機能を含んだ特殊な成分が含まれていることから、安全性が非常に高い服とされています。また、男性でも女性でも着られるように、柔軟な設計となっているため、幅広い人々が愛用する服なのです。濡れてもすぐに乾くように工夫が施されているタイプのものもあります。

最終更新日: 2018年10月18日 (木)21時11分  ユニフォームタウンでは、独自の在庫連携システムにより、リアルタイムの在庫数を随時更新しています。