運送・倉庫作業服

運送・倉庫作業服

運送・倉庫のデリバリーで商品やスタッフの身を守る作業服・作業着を揃えました。ストレッチ性に優れて動きやすい作業服と好評です。

運送・倉庫作業服 季節で選ぶ

バートル 6071 制電T/Cソフトツイルジャケット(JIS T8118適合)

現場の支持率ナンバーワンのオールシーズン作業服。コーディネート自在の豊富なカラーバリエーションと製品制電JIS T8118適合で男女お揃いで着用できます。

運送・倉庫作業服 季節で選ぶ

運送・倉庫作業服商品一覧

運送・倉庫作業服を販売するユニフォームの通販。常時20万点以上の豊富な品揃え。プリント・刺繍加工も対応中!

表示順 [ 売れ筋順 | 評価の高い順 | 価格の安い順 | 価格の高い順 ]
表示件数 [ 48件 | 80件 | 120件 ]

伸縮素材で作る運送・倉庫作業服

運送・倉庫作業服では、なによりも優先して生地の素材感が追求されるべきと言えます。いつもエアコンの効いた環境の良い作業場であるわけではないので、自分である程度の体温管理が必要になりますので、この場合の素材選びはとても重要な要素です。素材としては一般にポリエステルが65%混紡されたコットン生地が主流となっています。この生地は、扱いに気を遣わずにラクに洗濯ができて、乾かすときにもそのまま少しシワをたたき伸ばす程度で大丈夫です。アイロンがけなどはもちろん不要です。この素材で運送・倉庫作業服を作る場合は、さらにストレッチ素材であることが求められます。動き易さが重要になってきますので、ストレッチ素材のように伸縮率の高いもののほうが自由度が高くて重宝されます。身体を曲げ伸ばす場面の多い運送・倉庫作業服ですから、どうしても生地の柔軟性は必要不可欠です。また、腕まわりは想像以上に負荷が与えられる場所です。荷物を移動させたりする仕事は肩まわりの筋肉を多用します。そこで、脇下にのみニットが使われていれば簡単に生地が擦り切れてしまうなどの問題が避けられるだけでなく、作業にあたる人の負担も軽減されてとても好ましいです。作業服全体がニットだったら強度に問題が出てきてしまうので、メインの生地はTCストレッチ素材で丈夫のもので、ポイント箇所のみニットを使用してあるものがおススメです。デザイン上は、ポケットが沢山付いているものがやはり便利でしょう。洗濯耐久性をもっているか、縫製が丁寧に行なわれているかといった点にもきちんと目を配っていくことで、長く着用できる作業服を見つけることができます。春夏用と秋冬用に分かれていることが多いので注意しましょう。


納期シミュレーション いつ届くの?という疑問が、3ステップでわかります!
電話注文できます!見積り、お問い合わせは無料!フリーダイヤル0120-115-116
ご注文のやりとりからお届けまでの流れ
右へ
(1) 注文の種類矢印
(2) ご注文日 矢印
(3) お届け先 矢印

お届け予定日

0 0
0 0
頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

お届け予定日を計算中です
お届け予定日を計算中です...
にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について ご注文は24時間受け付けております。 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について 10,000円以上のご注文で代引き手数料と送料を無料サービスいたします お支払い方法 お支払い方法は、代金引換、銀行振込(前払い)、クレジットカード、後払いよりお選びいただけます 納期・お届けについて お届け納期について サンプル貸出(無料)について サンプル貸出の点数の期間について 返品・交換について 商品の返品は8日以内に返送ください
ご注文実況中継
運送・倉庫作業服は、その企業のユニフォームを着用することによるプロ意識向上、さらに周囲の人に「プロとしての働き」を期待させる効果もあり、そのデザインと共にユニフォーム作業員の動きが企業としてのイメージ作りにも大きな影響を及ぼします。その効果を生かすためにも、着用する運送・倉庫作業服の機能として、柔らかさ・丈夫さ・吸汗速乾性・清潔感いった汗をかいても不快が存続しない素材、そして度々の洗濯・色褪せに耐えシワになりにくい素材のものが好まれています。

最終更新日: 2018年12月16日 (日)23時37分  ユニフォームタウンでは、独自の在庫連携システムにより、リアルタイムの在庫数を随時更新しています。

ページ
TOPへ

ページTOPへ

購入
手続きへ

購入手続きへ