• シャツTOPに戻る
  • 激安シャツ
  • 長袖シャツ
  • 七分袖シャツ
  • 半袖シャツ
  • ブロードシャツ
  • オックスシャツ
  • アロハシャツ
  • 両胸ポケット

ワイドカラーシャツ

ワイドカラーシャツを販売するユニフォームの通販。常時20万点以上の豊富な品揃え。プリント・刺繍加工も対応中!

円 ~

(最安:2880円 ~ 最高:6480円)

表示順 [ 売れ筋順 | 価格の安い順 | 価格の高い順 ]
表示件数 [ 40件 | 80件 | 120件 ]

[アルベ]飲食 七分袖 ワイドカラーシャツ(男女兼用) 847822

[アルベ]飲食 七分袖 ワイドカラーシャツ(男女兼用) シャドーストライプ TC 左胸ポケット

847822

2,980

ワイドカラーシャツ

[アルベ]飲食 ワイドカラー長袖シャツ(男女兼用) 847922

[アルベ]飲食 ワイドカラー長袖シャツ(男女兼用) シャドーストライプ TC 左胸ポケ

847922

2,880

ワイドカラーシャツ

ワイドカラーシャツの魅力とは~幅広い場面で着用できる
ワイドカラーシャツの特徴は、襟羽の開きがやや広角であることです。そのため、首周りをすっきりと見せることができます。清潔感を演出することができ、けれどそれほど堅苦しさを感じさせません。着用する人にとっても、そして着用している人と対面する人にとっても、非常に心地よい雰囲気を感じさせる衣服だと言うことができます。様々なカラーバリエーションがあるのも魅力です。そのため、ビジネスの場におけるユニフォームとしては勿論のこと、冠婚葬祭などの改まった席での衣装、あるいは日常生活の普段着としても着用することが可能です。まずビジネスの場においては、やはり重宝されているのは白色や淡いベージュ、水色などのワイドカラーシャツです。ただし店舗などにおいては、その雰囲気を損ねないためにあえて強めの色のワイドカラーシャツがユニフォームとして使用されている場合もあります。ビジネスの場面ですから、たとえば襟元を大きく開けるとか、袖を極端にまくると言った着崩し方は、あまり好ましくありません。清潔感あるイメージを与えることができるよう、襟元はぱりっとさせておきたいですし、袖も、季節に応じて長袖、7分袖、半袖のものを着分けるようにしたいものです。これは冠婚葬祭などの改まった席で着用する場合にも言えることです。おめでたい席においては、多少、派手な色使い、あるいは特徴ある襟元などのワイドカラーシャツでも許されますが、悲しみの席に、こう言ったワイドカラーシャツを着ていくのは厳禁です。できるだけ特徴のない、シンプルなものを選ぶのがマナーです。そして普段着として着用する場合は、色や襟元のデザインなどは自由です。きっちりと着こんで清楚なイメージを醸し出すのも良し、逆に着崩してアクセサリなどと組み合わせ、カジュアルさやクールさを演出してみるのも面白いです。
ワイドカラーシャツは初心者に人気があります
ワイドに胸元をアピールしたいのであれば、ワイドカラーシャツの方が願望を叶えていくことができます。首周りをスッキリとエレガントな印象にしていくことも可能であり、ビジネスシーンにも存分に活用が可能です。また堅苦しい印象があるレギュラータイプとは異なり、シーンを問わずに着こなせるというのもワイドカラーシャツの大きな特徴であることから、若い世代はもちろん中高年にも再び注目されるような存在になってきています。またシャツ選びに困ってしまうファッション性に自信がない方であっても、ワイドカラーシャツはおすすめのアイテムであると言えます。多くの店舗で取り扱っているので、入手もしやすくて店員さんも一押しのラインナップが揃っているのです。定番の白に加え、スカイブルー系も売り上げが好調となっているため、ひとつは所有しておくことが理想的な環境にもなります。 その一方で正真正銘の価値を見出すことができる服装をしっかり考えていくことも重要であり、シンプルに着こなすテクニックもこういった場では必要となるのです。いつも同じパターンになってしまうという場合は、思い切って店舗を変えて定番を逸脱するという行動が大切になっていきます。ワイドカラーシャツは定番に見える印象がこれまでは魅力的でしたが、慣習にとらわれない「フレキシブル」な部分も同時に見出すことができるため、コートやズボンにも比較的合わせやすい状況を見出すことができるのです。それに加え基本的なコーディネートを参考にして、ワイドカラーシャツをとことん着こなしていくように日々努力することも重要になります。 以上の事柄を冷静に振り返れば、自信を持って街中を歩けるファッション性も身につくのです。
首元が綺麗に見えるワイドカラーシャツが人気です
衿羽開きが広角になっていることによって、ワイドカラーシャツを着用すれば首元を綺麗に見せることができます。 ワイドカラーシャツは衿羽がレギュラーのものよりも、100度から120度ほど広いためにワイドと呼ばれています。 レギュラーとワイドの間ほどの90度前後の衿羽が開いているものを、セミワイドと呼びます。 近年ではレギュラーよりも、ワイドカラーシャツの方が人気が出ていると言えます。 ワイドカラーシャツの種類としては、男性用や女性用、男女兼用で着用できるものがあります。 色としてはホワイトやブラックが定番となっており、ピンタックのものが人気があります。 インターネット通販では、高級感を感じることができるシャドーストライプの柄のものが販売されており、着心地の良さや肌触りが良い点が特長となっています。 衿羽が短すぎるものだとカジュアルな印象が強くなってしまいますが、一般的にはコーディネートがしやすいタイプのシャツと言えます。 レギュラーだと首回りが苦しい感じがする人や、堅苦しい印象を与えてしまうと感じる人の場合には、ワイドカラーシャツがおすすめとなります。 ユニフォームを専門的に扱っている通販サイトでも、ワイドカラーシャツが取り扱われていますので、手頃な値段で購入することが可能です。 胸にポケットが付いているタイプのものであれば、ペンやメモを入れておけますので飲食店などのユニフォームとしても活用できます。 コーディネートとして、スラックスと合わせることができて、上下セットでまとめて購入できます。 清潔感のあるデザインが採用されているものが多いですので、お店などで着用することによって、品格の高さやイメージの良さをアピールすることに役立ちます。

ワイドカラーシャツのよさを見ていきます

スーツスタイルを演出していく人にとって、個性を引き出すアイテムがワイドカラーシャツのようなシャツ選びなのです。ネクタイと背広との組み合わせによって、相手に与える印象に違いが生じていくので、最終的に一番よい方法を取り入れていくことが望ましいと言えます。さらにワイドカラーシャツをはじめとするシャツの種類をあらかじめ知っておくことで、男の魅力を決定づけるような方法をマスターしていくことにもつながります。季節を問わずにエレガントな印象を残せるということもあって、ワイドカラーシャツは長袖でも半袖でも活躍の場が多いということが大きな特徴になっているのです。 さらにカラーリングに工夫を凝らしていくことにより、上手な着回しをしていくことができるようになります。ワイドカラーシャツは仮にしわが寄ったとしても、個性的なシルエットを残すことができるように配慮されているため、素材の魅力をふんだんに演出していくことにも一役買ってくれるようになっています。着こなしがこれまで難しかったと思っている方も、思い切ってワイドカラーシャツを中心にしたコーディネートを本格的に考えていくようにすることが大事な側面となるのです。男らしさを存分にアピールする重要なポイントが随所に隠されていることもあり、最近はメンズファッションでも紹介される機会が増えています。 これまで述べた内容を整理すると、ワイドカラーシャツは季節に関係なく誰もが着こなせる定番のアイテムであるということが言えます。さらにジャケットやジーンズとの相性も抜群であり、プライベートはもちろんフォーマルなシーンでも活躍の場が期待されるアイテムになるのです。今後の展開が楽しみです。


(1) 注文の種類
(2) ご注文日
(3) お届け先

お届け予定日

頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について お支払い方法 納期・お届けについて サンプル貸出(無料)について 返品・交換について
ご注文実況中継
ワイドカラーシャツは、レギュラーカラーよりも襟が大きめで、襟高も少し高めのものです。英国のウィンザー公が好んで着用していたことで、ウィンザーカラーとも呼ばれます。ネクタイの柄を多く見せる太めの結び目のウィンザーノットでしめるのが定説でしたが、プレーンノットであっても違和感はありません。スーツの襟のおさまりがいいので、最近はレギュラーカラーシャツよりもワイドカラーシャツのほうが人気が高くなっています。
ワイドカラーシャツは、1920年から1940年の英国のファッションに多大な影響を与えた英国ウィンザー公が好んで着用していたためウィンザーカラーとも呼ばれます。特徴としては、肩幅のあるがっちりした体型の方によく似合うシャツです。また、大人の魅力や個性をカラーコーディネートで自己表現をしたい方にオススメのシャツです。衿の角度は、レギユラーよりやや長めの衿羽を持っており衿足の高さもやや高めなため、100から120度前後まで、広いものでは180度近くにまでなります。
ワイドカラーシャツ通販のページトップに戻る