厨房・コックエプロン

厨房・コックエプロン 厨房や調理現場にオススメのコックエプロンや、防水・撥水性に優れた厨房エプロン、コックエプロンを通販いたします。店名やロゴなどをプリント・刺繍加工したオリジナル対応もできます。
白の厨房・コックエプロン
白の厨房エプロンを集めました。定番の胸当てタイプから前掛けのものまで人気のアイテムです。
胸当ての厨房エプロン ポケット無しのコックエプロン 前掛け 厨房の前掛け
調理用の白・厨房・コックエプロン
調理用としてお作りした厨房エプロン、コックエプロンの商品です。こちらも白カラーで人気がございます。
胸当てタイプの厨房エプロン

厨房・コックエプロン商品一覧

厨房・コックエプロンを販売するユニフォームの通販。常時20万点以上の豊富な品揃え。プリント・刺繍加工も対応中!

表示順 [ 売れ筋順 | 評価の高い順 | 価格の安い順 | 価格の高い順 ]
表示件数 [ 48件 | 80件 | 120件 ]

厨房 コックエプロン  利用目的・種類・導入事例など

料理店で最も重要な役割を担っているのが厨房で料理を作るやはり料理人・コックでしょう。コックは食材の調理を主におこなうため、やはり服装は清潔でなければいけません。ユニフォームはコック服、コックコートがメインとなりますが、やはりそれだけではすぐに汚れてしまうものです。油はね、調味料がついてしまうなど料理をしていれば起こり得ることです。常に清潔でいないといけない料理人・コックなのに、汚れたコック服で作業はできません。またニオイがついていると、厨房で調理をする事によって料理にまで影響が出てしまう事もあるからです。そのため料理人・コックはコック服、コックコートの他にコックエプロンが必須です。
コックエプロンがあれば汚れるのを心配せずに厨房での料理に集中できます。一般的にコックエプロンは白地のシンプルなカラーのものがほとんど。それはより清潔に見えるということと、汚れがついても分かりやすいため、常に衛生的にいられるからでしょう。ただ、最近はコックエプロンの白地のものだけでなく、いろいろなカラーもあります。また料理店によっても使いやすさが違ってくるので、コックエプロンのデザインも違っています。まずは厨房での調理がしやすいコックエプロンを選ぶようにし、お客様の前に出る方はデザインも気にして選ぶといいでしょう。

コックエプロンの選び方について

コックエプロンは、コックコートとも呼ばれる真っ白なエプロンです。カタログ等で見るとどれも真っ白で同じデザインで違いがないように見えますが、素材などそれぞれに工夫が凝らしています。その中でコックさんは自分にあったコックエプロンを探し出すのです。コックエプロンは綿100パーセントのものとポリエステル混合のものがあります。綿100パーセントはポリエステルに比べて火に強く、生地がやわらかいので肌触りがいいのが特徴です。ただ素材自体が重いので乾きにくいのとシワになりやすいのはデメリットです。火の近くで仕事することが多い人は綿100パーセント、お店の雰囲気のために着る人はポリエステル混合のものを選ぶ傾向があります。 生地の厚みも異なります。カツラギ、ツイン、ウェザー、バーバリーの順で生地が薄くなっています。商品素材のところを見れば書かれています。バーバリーなどはほとんどYシャツの少し厚手の生地という程度です。そのため夏場や暑い厨房の人はバーバリーなどの生地を好むのです。 糸の違いもあります。双糸と単糸とありますが、単糸が一本の糸で双糸が一本の糸が細かく2本の糸からできているのです。双糸のほうが手間が掛かる分、縮みは少なくやわらかく、さらに丈夫さもあります。ただ製造コストが高く比較的高級品となるのです。コックさんといえばコックエプロンですが、働く場所によって少しずつ違うコックエプロンが使われているのです。

汚れやすい厨房・コックエプロンは低価格のものが良いです

厨房で調理をしていると、どうしても油がはねたり、食材があたって袖口が汚れてしまったりします。 しかし、お客様にお料理を出す上で、エプロンが汚くてはいけません。 厨房・コックエプロンはいつも清潔でなければいけないのです。 レストランなどのコックは特に、厨房から出てお客様に会って直接お料理の説明をすることがあります。 その時に、コックのエプロンが汚れていては、食べる気も落ちますし、レストランの雰囲気を台無しにします。 そして、お店事態の印象も悪くなるので、汚れたエプロンでの料理は絶対にお勧めできません。 その為にも、厨房・コックエプロンは数枚持っておく必要があります。 しかし、1枚のエプロンの金額が高いとストック用のエプロンを買う事ができません。 ここではとても安い価格で、厨房・コックエプロンを販売しています。 ですから、毎日交換することができるので、いつも清潔なエプロンを身につける事ができます。 また、お客様の目の前でお料理をするコックさんなどは、特にエプロンには気をつけなければなりません。 清潔なエプロンを身にまとったコックが料理をしていると、見た目も良いですし、お料理も美味しそうに見えます。 お店の雰囲気も損なわないので、お客様はまた来たいと思うでしょう。 清潔感があって、品格のある真っ白なエプロンを身につけてお料理をすることで、お客様の信頼を得ることができますし、気持ちも引き締まって毎日を過ごすとこができるでしょう。

厨房エプロンの着用イメージとおすすめシチュエーション

厨房エプロンを着用する目的の一つは、「全体的な清潔感や統一感を演出する」ということにあります。クローズドキッチンであれば服装に関してはあまり重要でないと考える人もいるかもしれませんが、全体的な衛生意識・衛生管理を向上させていくことは食品衛生の観点から見ても非常に重要なことです。また、コンロの火や油、包丁を始めとする様々な要因から身を護るという意味でも厨房エプロンは非常に重要な役割を持っています。例えば、肌が露出していたり比較的体にフィットするユニフォームを着用している場合、はねた油が衣服を通して火傷などの原因となってしまう可能性が高くなります。フィット性の高いユニフォームの場合、仮に油が付着してしまってもすぐに脱ぐことが出来ずに重症化してしまうリスクも高まります。しかし、エプロンを着用していればすぐに取り外すことが出来るため、体へのダメージを軽減させることが出来ます。

オーソドックスなエプロンのデザインとしては「白」や「黒」ですが、白は衛生管理上非常に利用しやすい色ではあるのですが、汚れが目立つ分意識して着用する必要があります。例えば、オープンキッチンにおいて「真っ黒に汚れたエプロン」をして調理していては、お客様に対して悪い印象を与えてしまう可能性があります。仮に他の部分の衛生管理が徹底されていたとしても、エプロンが汚れているというだけで「不衛生」という印象を強く与える可能性がある為、必ずしも白色にこだわらずに「汚れが目立たない色」を採用することも有効です。ただし、色の他にも「実用性」を十分に考慮し、胸当ての有無などを検討していくと良いでしょう。

オープンキッチンでは見た目の印象も重要であるため、敢えて「お洒落なデザイン」のエプロンを利用したりもします。しかし、その場合は「汚さない」、「着こなし方」などに十分に意識を配る必要があります。クローズドキッチンなどで汚れる可能誌が高い場合などは、デザインなどよりも利便性と「コスト」を重視したエプロン選びの方が良い場合もあります。



納期シミュレーション いつ届くの?という疑問が、3ステップでわかります!
電話注文できます!見積り、お問い合わせは無料!フリーダイヤル0120-115-116
ご注文のやりとりからお届けまでの流れ
右へ
(1) 注文の種類矢印
(2) ご注文日 矢印
(3) お届け先 矢印

お届け予定日

0 0
0 0
頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

お届け予定日を計算中です
お届け予定日を計算中です...
にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について ご注文は24時間受け付けております。 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について 10,000円以上のご注文で代引き手数料と送料を無料サービスいたします お支払い方法 お支払い方法は、代金引換、銀行振込(前払い)、クレジットカード、後払いよりお選びいただけます 納期・お届けについて お届け納期について サンプル貸出(無料)について サンプル貸出の点数の期間について 返品・交換について 商品の返品は8日以内に返送ください
ご注文実況中継
レストランなどの飲食店でキッチンで作業をする者は、厨房・コックエプロンを着用します。 たいていは白い布地のものが多く、長袖のものになります。 白い布地は汚れが目立ちますが、作業を綺麗にこなせるようになると汚れることは少なくなり、綺麗に作業をしているかを知る目安にもなります。 袖は手首より長めに作られていて、肘の手前までまくって着用することが多いです。 また近くに布巾などの鍋つかみがない場合、袖の部分を利用して掴むこともあります。 厨房・コックエプロンは脱ぎやすいようにできていて、油などがかかってしまった時にすぐに脱げるよう安全性が高く設計されています。

最終更新日: 2018年11月14日 (水)16時29分  ユニフォームタウンでは、独自の在庫連携システムにより、リアルタイムの在庫数を随時更新しています。

ページ
TOPへ

ページTOPへ

購入
手続きへ

購入手続きへ