デニム素材、ポリ混素材などを使用し、全身を覆うことで高い安全性と耐久性を誇る作業服が「つなぎ」です。さらに作業用の他に、ファッション目的まで幅広い用途で活躍しています。

ここでは、どのつなぎを購入しようか迷っている方のために、ブランドごとの特徴や着こなし方のポイントを紹介します。

【参考記事】レディース向け。こなれた作業着コーデのコツはこちら▽

つなぎのメリット

そもそも「つなぎ」は、なぜ人気なのでしょうか。まずは、つなぎの持つ魅力についておさらいしておきましょう。

安全性が高い

つなぎは生地が丈夫で、上下がひとつながりになっているため、服の間にものが侵入してしまわないことがメリットです
尖った破片が服の中に潜り込み皮膚を傷つけてしまったり、自動車整備中のオイル漏れで火傷したりといったトラブルを防ぐことができます。さらにボトムスを引き上げるベルトやバックルが必要ないため、作業中に機械に引っかかって巻き込まれるトラブルも予防可能です。

作業がしやすい

つなぎは形状に余裕があり、丈夫でありながら生地が柔らかいので、動きやすいこともメリットです。
また、何かに引っかかるようなところがないため、狭い場所でも作業しやすいというメリットがあります。作業中に裾がめくれ上がってしまう心配もありません。そのため、どこでも集中して作業に取り組むことができます。

汚れが気にならない

つなぎは汚れを気にせずに着られることもメリットです。破片などの危険物だけではなく、ホコリなどの汚れも内側に入りにくいため、体の汚れを気にせずに作業することができます。

生地が丈夫なので、外側についた汚れもしっかりと洗濯することができます。また洗濯のときにも上下でバラバラにならないため、管理しやすいこともつなぎのメリットと言えるでしょう。

かっこいい

機能性だけではなく、ファッション性が高いことも、つなぎの持つ魅力です。つなぎと一言で言っても、カラーやデザインはブランドによって異なるので、幅広いおしゃれを楽しむことができます
あなたの気に入るデザインのつなぎを選べば、作業のモチベーションも格段に上げることができるでしょう。

リーズナブル

上下で一揃いなので、リーズナブルな価格で購入できるところも魅力的です。
つなぎ以外の作業服を購入する場合は、上下それぞれ別でベルトも購入する必要があり、色合いなどのコーデを合わせることにも一苦労してしまう場合があります。しかし、つなぎなら1着購入するだけで済むため、安い価格で購入することができます。

つなぎを選ぶときの注意点

つなぎを選ぶときには、2つの注意点があります。人気ブランドの製品を見る前に、どこに気をつけるべきなのか見てみましょう。

1.サイズを確認する

つなぎを選ぶときに特に気をつけておきたいのが、サイズの選び方です。つなぎは上下でつながっているため、いつもと同じように服を選ぶ感覚で注文すると失敗してしまうかもしれません。そこで、まずは正確なサイズの測り方を覚えておきましょう。

まずは、身長に近いサイズを探します。つなぎは上下で一枚なので、他の服よりも身長が大きな基準になるのです。サイズの備考欄に、おおまかな身長の目安が記載されていることが多いので参考にしましょう。

次に胸囲、ウェストのサイズが合っているか、確認しましょう。つなぎの横幅は、ゆったりとした作りになっていますが、鳩胸だったり、お腹が出ていたりする場合は、ファスナーを上まできっちり閉めると息苦しさを感じることがあります。そのため、身長を基準にしたサイズよりも胸囲、ウェストが上回るようなら、1サイズ上のものを選んだほうが良いでしょう。

最後の注意点として、海外メーカーの製品は日本製のつなぎとは規格が違うため、同じサイズでも日本人の体型では合わないことがあるので注意が必要です。つなぎをネットで注文するときは、サイズ表が明記された国内の販売サイトで購入するようにしましょう。

2.素材を確認する

つなぎの素材と言えば、丈夫なデニム生地を使ったものが主ですが、中にはデニム以外の素材を使ったものもあります。そのため、素材ごとの特徴も覚えておき、選ぶ際の参考にしましょう。まずは、改めてデニムの特徴をおさらいしてみましょう。
純デニム製のつなぎは、丈夫で通気性が良いという特徴があります。また、熱にも強いため、オイル漏れなど火傷の危険性がある職場に向いています。
ポリ混素材は、デニム100%の生地のつなぎと比べて、やや通気性が悪いことが特徴です。その代わりにポリ混素材は、ハードな洗濯で縮みなどの劣化が起きにくく、シワもつきにくいため、汚れやすい現場での着用に向いています。

次に、生地の厚さにも注目してみましょう。同じ素材を使ったつなぎでも、生地の厚さによって着心地は変わってきます。特に、体感温度は左右されやすいため、暑い夏用には薄手の生地で作られたつなぎを選び、寒い冬用には厚手の生地で作られたつなぎを選びましょう。

おすすめのつなぎブランド

次はつなぎの人気ブランドを紹介します。各ブランドの特色と、特に人気が高い商品を見ていきましょう。

つなぎブランド1.桑和

桑和(そうわ)は岡山県に所在しているワークウェアメーカーです。ユニフォームのカジュアル化・ファッション化を目指し、豊富なデザインのつなぎ・作業服を販売しています。その理念の通り、豊富なカラーのつなぎを揃えていることが特色です。

9000 桑和 人気No1 つなぎ 続服

桑和のカラーつなぎレッド

カラー:全21色(ホワイト、ネイビー、ブラック、グリーン、グレー、ブルー、シルバーグレー、チャコールグレー、レッド、ピンク、パッションピンク、ライトレッド、バイオレット、イエロー、オレンジ、ブラウン、ライトグリーン、ライトオリーブ、ケンブリッジブルー、スカイブルー、ライトブルー)
サイズ:SS~6L
素材:綿100%
特徴:桑和の商品番号9000は、サイズがSSから6Lまでと幅広く、カラーもなんと21色も揃っていることが特徴です。

さらに袖口がマジックテープ式になっていて留めやすく、すり減りやすい肘や膝部分にあて布をつけることで耐久性を高めています。選択肢の多さと、機能性を両立した人気のつなぎです。

つなぎブランド2.ディッキーズ

おしゃれなつなぎブランドの代表と言えば、このディッキーズです。アメリカを代表する作業服ブランドであり、日本でも高い人気を博しています。

つなぎの他にもメンズ向けのファッション全般を扱っているため、キャップやバッグなどのアイテムとも合わせやすいことが特色です。

21-712 ディッキーズ 半袖ツナギ

ディッキーズの半袖つなぎブラウン

カラー:全3色(オーディー、ネイビーブルー、ブラウン)
サイズ:S~5L
素材:綿100%
特徴:ディッキーズ21-712は、綿100%使用の半袖つなぎです。バイオウォッシュ加工によりヴィンテージデニム風に仕立てられています。ラフな色合いと柔らかな質感で、着こむほどに味わいが深まっていくつなぎです。収納は左右の胸ポケット、左腕のペンポケット、左足のハンマーポケットがついています。カラーは、つなぎの定番であるネイビーブルーを始めとして、全3色です。

つなぎブランド3.Lee

Leeはジーンズなどのカジュアルウェアで有名なデニムブランドですが、つなぎの販売も行っています。

ファッション性と機能性にこだわった、高品質つなぎを揃えているブランドです。

LWU39001 Lee ユニオンオール(長袖ツナギ)(男女兼用)

Leeの長袖つなぎインディゴネイビー

カラー:全3色(インディゴネイビー、ブルー、ホワイト×ブルー)
サイズ:XXS~XXL
素材:インディゴネイビー:ストレッチデニム(綿80%・ポリエステル20%)、ブルー: ストレッチヘリンボーン(綿59%・ポリエステル41%)、ホワイト×ブルー:ストレッチヒッコリー(綿59%・ポリエステル41%)
特徴:人気ブランドLeeの製品だけあり、高いデザイン性と機能性で話題のつなぎです。
伸縮性と軽量性にこだわった素材を使用し、長時間の作業でも疲れにくい構造となっています。肩に通気用の菊穴を開けてあり、可動部にはメッシュ構造のプリーツを採用しているため、蒸れにくいことも特色です。

またインディゴネイビーと、その他の2色でデニムの割合が違い、インディゴは80%、他2色は59%となっています。

つなぎに似合うアイテム

つなぎをおしゃれに着こなすためには、アイテムを使ったコーデも重要です。

最後につなぎに合う作業靴やアクセサリーを紹介します。

AZ-51650 アイトス/タルテックス セーフティシューズ

アイトスのセーフティシューズカーキ

カラー:全3色(ホワイト、ブラック、カーキ)
サイズ:24.5~28.0cm
素材:スチール先芯、合成皮革、ナイロンメッシュ、合成ゴム
特徴:JIS規格S級相当で、高い安全性を持つ安全作業靴ですメッシュ生地を使用することにより、通気性を高め、蒸れにくい仕上がりとなっています。ミドルカットタイプなので、足首を保護しつつ、着脱もしやすい安全靴です。

UnitedAthleデニムトートバッグ

UnitedAthleデニムトートバッグ

カラー:全3色(ダークブルーデニム、ライトブルーデニム、ケミカルウォッシュデニム)
サイズ:タテ34.0、ヨコ28.0、マチ10.0cm
素材:綿100%デニム風素材
特徴:つなぎだけではなく、アイテムもデニム生地で揃えたい方にピッタリな1品です。自然で柔らかな色合いのバイオウォッシュ加工2種と、ハードに色落ちさせラフな印象を与えるケミカルウォッシュ加工1種が用意されています。

つなぎを着こなしましょう

デニム製のつなぎは、着こむほど肌にフィットする質感になり、デニムとポリエステルの混合つなぎなら、ハードな汚れでも、がしがし洗濯することができます。
作業内容に合った素材を選び、あなた自身が気に入るデザインを選んで、作業中もかっこよくつなぎを着こなしていきましょう。

【参考記事】つなぎ以外の作業着もかっこよくおしゃれに着こなそう!▽