シレー加工【しれーかこう】

シレー加工とは

本来、外来語であるシレーには、防水をする、磨いていくという意味が含まれており、通常、シレー状態に導くために加工を施していきます。布地の裏に熱による圧力で加工を施し、表地の機密性を高め、繊細かつ大胆な光沢を出す加工方法をこう呼びます。表面が蝋の様な独特のコーティングになっていく、光沢のある繊維の加工方法です。

もっともよく見られるのが冬に着るようなダウンジャケットのように中に綿が入っているような素材(中綿素材)に利用されることが多いです。また外で仕事をすることの多い仕事の作業着にも活用されます。最近はブラウスやバッグ、何かのカバーとしても利用されることが多くなってきました。

シレー加工をした生地のサンプル・見た目

ディンプル防寒ブルゾン(男女兼用)

ディンプル防寒ブルゾン(男女兼用)

こちらの商品は表面がヒンブルシレータフタになっています。シレー加工の特徴である光沢のあるツルツル感がわかるのではないでしょうか。この商品はポリエステルを加工しています。

>> ディンプル防寒ブルゾン(男女兼用)の詳細はこちら

PUコーティング軽量防寒ブルゾン

PUコーティング軽量防寒ブルゾン

中面素材に利用されることの多いシレー加工ですが、中綿素材の特性上、重量が軽い作業服にも仕上げることが可能です。保温性と防寒性を両立した作業着を探しの場合にはおすすめです。

>> PUコーティング軽量防寒ブルゾンの詳細はこちら

シレー加工の効果・特徴

シレー加工の効果は、生地の気密性を高める加工から想像できる通り、防水や保温性、それから防風の効果があります。防水に関しては、通常は撥水剤などで行うことが多いですが、定期的に撥水剤を散布する必要があり、シレー加工を施しておけば見た目はシレー加工風になるという点はあるものの、手間が大幅に軽減されますし、生地自体を加工するため効果が高くなります。

シレー加工以外の加工方法に、表面にポリウレタンをコーティングするような加工方法(PUコーティング)もありますが、そういった加工も同時に施されることがあります。同時に施すことにより、防風や保湿をさらに高める効果をもたらします。その他にもオイルシレー加工などもあります。

シレー加工の方法

いくつかの方法があり、最も一般的なシレー加工として、ポリエステル、アセテートなどの特性を生かしたカレンダー加工が挙げられます。他、生地の表面にウレタン樹脂などをコーティングしていく加工方法もあります。

生地に熱と圧力を加えることで、生地を編む際にできる糸と糸が重なってできる凹凸をなくし、できるかぎり平らにします。

関連用語

ポリエステル

透湿防水加工

ウエフトロック加工

形態安定加工

セルトピア加工



納期シミュレーション いつ届くの?という疑問が、3ステップでわかります!
電話注文できます!見積り、お問い合わせは無料!フリーダイヤル0120-115-116
ご注文のやりとりからお届けまでの流れ
右へ
(1) 注文の種類矢印
(2) ご注文日 矢印
(3) お届け先 矢印

お届け予定日

0 0
0 0
頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

お届け予定日を計算中です
お届け予定日を計算中です...
にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について ご注文は24時間受け付けております。 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について 10,000円以上のご注文で代引き手数料と送料を無料サービスいたします お支払い方法 お支払い方法は、代金引換、銀行振込(前払い)、クレジットカード、後払いよりお選びいただけます 納期・お届けについて お届け納期について サンプル貸出(無料)について サンプル貸出の点数の期間について 返品・交換について 商品の返品は8日以内に返送ください
ご注文実況中継

最終更新日: 2020年11月1日 (日)6時20分  ユニフォームタウンでは、独自の在庫連携システムにより、リアルタイムの在庫数を随時更新しています。

ページ
TOPへ

ページTOPへ

購入
手続きへ

購入手続きへ