コック帽【こっくぼう】

料理人が調理場で被るコック帽とは何か、料理をする人でもきちんと把握できてる人は少ないのではないでしょうか。

そもそもなぜ被る必要があるのか、なんであの形状になったのかなど、色々と疑問が多いです。コック帽はお店や料理人によって形状が異なるので、その点も踏まえて詳しく解説していきます。

コック帽とは?

コック帽は料理人が厨房で被る帽子のことです。

コックさんと言えば長くて白い帽子を浮かべる人が多いように、料理人の象徴とも言える存在ですね。

なぜコック帽があのように長いのかは、以下で解説しています。

どんな料理人が被るのか

コック帽はヨーロッパの料理(フランス料理・イタリアンなど)や、中華料理の料理人が被ることが多いです。

元々フランスの料理人が最初にコック帽を被ったとされているため、フランスはその文化が根強く残っています。さらに、発祥の地であるフランスだけでなく中国でもこの文化は広まっています。

中華料理は炒めものなどで火を扱う料理が多く、厨房がかなり高温なため、通常の帽子よりも通気性に優れた長いコック帽が適しているんですね。日本でもホテルやレストランで被ることが多いですが、和食料理人はコック帽とは形が異なる和帽子を被ります。

コック帽の歴史

コック帽の歴史は、先ほども触れた通りフランスから始まりました。諸説ありますが有力なのは以下の2つの説です。

  • ・アントナン・カレームがお客さんの長いハットを見て気に入ったから被った
  • ・オーギュスト・エスコフィエが背を高く見せるために被った

フランスの料理人が被ったのが起源

アントナンカレームはフランス料理の発展に大きく貢献した一流料理人です。

彼がお客さんの被っている長いシルクハットを見て気に入り、厨房でそれを真似て被ったことがコック帽の起源と言われています。カレームは国王や政治家に料理を振る舞うほどの地位であったため、彼が被るコック帽は他の料理人もすぐに真似をしたのではないでしょうか。

背の低い料理人が被ったという説も

フランスの料理人であるオーギュスト・エスコフィエが、自身の背の低さを気にして長いコック帽を被りだしたという説もあります。

コック帽の長さイメージ

エスコフィエはアントナンカレームのレシピを簡略化し、実用的に調理ができるようにした実績があり、彼もまたフランス料理の発展に大きく貢献した人物です。

料理人としての威厳を保つため、他の料理人より30cmも長いコック帽を被っていたため、フランスでは料理人が長いコック帽を被る文化が広まったというエピソードがあります。

現在の一般的なコック帽でも、30cmはかなり長い部類なので、当時の厨房では異様な存在感を放っていたことが予想できますね。

コック帽の重要性

コック帽が長い意味はあるのか、疑問に思う人も多いはずです。

日本だとコック帽の長さが調理場での職位を表している場合もあります。料理長は一番長いコック帽を被っているため、パッと見ただけで調理場の料理長が分かるというメリットもあります。

それだけでなく、普通に髪の毛が落ちるのを防いだり、暑い厨房でも頭が蒸れにくくなるように通気性を確保する狙いがあります。長くて高さのあるコック帽は、それだけ帽子の中に空間ができるので、頭の蒸れ対策や汗が落ちるのを防ぐのに役立っているんですね。

詳しくは以下でコック帽の長さについて解説しています。

コック帽はなぜ長いのか?その理由を詳しく解説

その他のコック帽

コック帽以外にも、板前さんなどの和食料理人が被る和帽子や工場・仕込み作業などで被る衛生帽子があります。

その他のコック帽

また、フランス料理やイタリアンでも、お客さんの前に出るときだけコック帽を被るなど、お店のテイストや利用シーンに応じて帽子を使い分けています。

コック帽の素材について

コック帽の素材にもいくつか種類があり、高級感のある素材や着心地のいい素材など、昔と比べて選択肢が増えています。

従来はポリエステルと綿の混合素材が一般的でしたが、丈夫な綿100%のものや光沢がある高級素材の新長綿ツイル100%など、用途に合わせて素材選びも重要になってきます。

以下、おすすめのコック帽を素材とともに簡単に説明します。

丈夫でおすすめなコック帽

火や水、油などを扱う調理場には耐久性重視のコック帽がおすすめです。

素材は綿100%で、火が燃え移らないので安全です。また、吸水性と通気性に優れるので、火を扱う調理場において最適な素材となっています。

山高帽 SUNPEX(サンペックス)
2 SUNPEX(サンペックス) 山高帽

通気性のいい素材なら火を扱わない調理場でも快適

薄い生地で通気性を重視したコック帽は暑い厨房でも快適です。火を扱わない調理場でも、冷房がない(あるいは弱い)などで暑い環境だとコック帽の通気性が重要になります。

素材は高級コットンシーチング(綿100%) の薄い生地なので乾きも速いです。長さも15〜19.5cmまであります。

No45 チトセ(アルベ) 山高帽
No45 チトセ(アルベ) 山高帽

仕込みや工場で活躍するたれ付の帽子

仕込み作業や工場での利用など、衛生管理を徹底する必要がある場合は、たれ付のコック帽がおすすめです。

これだと耳やもみあげを覆うことができるので、髪の毛や汗が食べ物に入るのを防ぐのに効果的。素材もたれの部分はメッシュ加工なので、不快感もなくスッキリとした被り心地です。

9-885 MONTBLANC
9-885 MONTBLANC コック帽たれ付(男女兼用)

関連用語

ツイル



納期シミュレーション いつ届くの?という疑問が、3ステップでわかります!
電話注文できます!見積り、お問い合わせは無料!フリーダイヤル0120-115-116
ご注文のやりとりからお届けまでの流れ
右へ
(1) 注文の種類矢印
(2) ご注文日 矢印
(3) お届け先 矢印

お届け予定日

0 0
0 0
頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

お届け予定日を計算中です
お届け予定日を計算中です...
にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について ご注文は24時間受け付けております。 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について 10,000円以上のご注文で代引き手数料と送料を無料サービスいたします お支払い方法 お支払い方法は、代金引換、銀行振込(前払い)、クレジットカード、後払いよりお選びいただけます 納期・お届けについて お届け納期について サンプル貸出(無料)について サンプル貸出の点数の期間について 返品・交換について 商品の返品は8日以内に返送ください
ご注文実況中継

最終更新日: 2020年10月23日 (金)5時27分  ユニフォームタウンでは、独自の在庫連携システムにより、リアルタイムの在庫数を随時更新しています。

ページ
TOPへ

ページTOPへ

購入
手続きへ

購入手続きへ