楊柳【ようりゅう】

楊柳とは

楊柳(ようりゅう)は綿織り物の一種で、ヨコ糸に「強撚糸(きょうねんし)」を使って布面に「しぼ」を出した織物を「縮ちぢみ」と言い、その中でもタテ方向に「しぼ」を出したものを楊柳と呼びます。 楊柳は柳の葉を重ねたように「しぼ」が見えるので楊柳と呼ばれています。京ちぢみ、綿クレープ、縮みと表現する人もいます。

しぼは均一の間隔の生地もあれば、「ナチュラル楊柳」といって不均等の抑揚となっているタイプの生地もあります。

元は織り物として活用されていましたが、最近では洋服などにも活用されるようになってきています。

楊柳の特徴

丈夫な生地でシワにならない

綿や綿麻で織らることが多く、基本的に丈夫です。シワについては元々シワのような生地ですし弾力もありますので、折り曲げたりしてもシワになりにくいという特徴があります。

涼しい着心地と清涼感

生地に凸凹がありますので、肌に密着するということがなく、サラッとした着心地となります。見た目も細かい縦ストライプが清涼感のある印象となり、夏物の衣服に活用されやすいです。

麻の生地とは違いますが、似たような清涼感というとイメージが付きやすいかもしれません。

吸汗・速乾・通気性がある

汗などの水分を吸収しやすい特徴があります。さらに凸凹により空気を通しやすい性質もあって、速乾性にも優れます。この点も夏服に優れているということに繋がりますね。

楊柳生地の用途

主に夏用で綿・麻・ポリエステルなどで作られることが多いです。

清涼感のある肌心地が必要なシーンの衣料として作られることが多く、肌着・パジャマ・ベットのシーツに活用されます。

また見た目にも清涼感があって、夏っぽい印象を与えることができる点を考慮してジャケット、シャツ、ブラウスにもよく活用されています。

楊柳の歴史

楊柳は安土桃山時代に明の織工によって日本に伝えられ、高温多湿の日本の風土に合う生地として江戸時代には日本各地で普及しました。

特に京都での生産が盛んで、様々な織屋がより優れた楊柳の織物を生産していました。この事もあって、楊柳のことを「京ちぢみ」と表現することがいるんですね。

関連用語

強撚



納期シミュレーション いつ届くの?という疑問が、3ステップでわかります!
電話注文できます!見積り、お問い合わせは無料!フリーダイヤル0120-115-116
ご注文のやりとりからお届けまでの流れ
右へ
(1) 注文の種類矢印
(2) ご注文日 矢印
(3) お届け先 矢印

お届け予定日

0 0
0 0
頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

お届け予定日を計算中です
お届け予定日を計算中です...
にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について ご注文は24時間受け付けております。 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について 10,000円以上のご注文で代引き手数料と送料を無料サービスいたします お支払い方法 お支払い方法は、代金引換、銀行振込(前払い)、クレジットカード、後払いよりお選びいただけます 納期・お届けについて お届け納期について サンプル貸出(無料)について サンプル貸出の点数の期間について 返品・交換について 商品の返品は8日以内に返送ください
ご注文実況中継

最終更新日: 2020年10月28日 (水)2時57分  ユニフォームタウンでは、独自の在庫連携システムにより、リアルタイムの在庫数を随時更新しています。

ページ
TOPへ

ページTOPへ

購入
手続きへ

購入手続きへ