衛生面のみならず、医療従事者の身だしなみとして欠かせない白衣・ユニフォーム。パフォーマンスを高め、円滑に仕事を行う意味でも、こだわるべき部分です。
医療従事者として患者さんからの信頼を得るためにも、ベストな製品を精査して選ぶことが望ましいでしょう。

医療従事者向けの白衣・ユニフォームは、様々なブランドから発売されていますが、それぞれにこだわりと特色があります。
その中でも人気が高く売れ筋の製品には、数多くの現場で使われるだけの理由があるため、要チェックと言えるでしょう。

そこで今回は、医療従事者ならばぜひとも注目したい、いま売れ筋としてランキング入りした医療従事者向け白衣・ユニフォームをご紹介します。

【白衣】動きやすさを追求したミズノのドクターコートが1位

白衣は、医療従事者の象徴とも言える服装。「動きやすさが大切」「清潔感をキープできるものが良い」など、現場からの要望が特に多い服装のひとつです。

ランキング1位となったドクターコートは、スポーツメーカーのミズノ(MIZUNO)と、ユニフォームメーカー・チトセ(CHITOSE)が共同開発した製品です。
製品の特徴として特筆したいのがその「動きやすさ」。

3DCGや解剖学によるアスリートの動作解析を基にしたウェア構造「Mizuno Dynamotion Fit」を採用し、圧迫感の軽減と、フィット感を両立させています。
加えて、制電、制菌、透防止の機能を網羅。製品がもつスタイリッシュなデザインと清潔感のキープが期待できます。

男性・女性向けの人気ドクターコート

男性人気No.1のドクターコート

そんなミズノのドクターコートは、男女別に様々なデザインが用意されているのも嬉しいポイント。
メンズでは、ウェストを絞ってあり大きな内ポケットのあるデザインの「31-MZ0025」が人気。タブレット型PCが入るため、現代的なニーズにマッチしています。
ポケットは両脇に配置されていますが、右には中ポケットもついているため、使い勝手は抜群。機動性とスマートな立ち振る舞いが両立できます。

女性人気No.1のドクターコート

レディースで人気の31-MZ0023は、ストライプの裏地とアイボリーボタンがナチュラルさを演出してくれるドクターコート。
女性ならば気になる透け防止機能で、ストレスを感じずにアクティブでいることができます。
デザインによってはホワイトのみならず、ピンク、ブルー、イエローなどの色が用意された製品もありますので、お選びの際にはぜひチェックしてください。

【参考記事】白衣をしっかり着たい!ワンランク上の着こなし方▽

【スクラブ】選べる色が豊富!自重堂「WHISEL」が1位

Vネックの首元と、半袖が特徴的な医療用ユニフォームがスクラブです。
90年代にアメリカで登場して以来、白衣に並ぶメジャーな医療用ウェアとして、普及が進んでいます。

今回1位となったスクラブは、自重堂のWHISEL。自重堂は、1924年に設立された、服飾製織の老舗メーカーです。
長きにわたり積み重ねたノウハウをもとに、1999年より医療用白衣の製造販売をスタートしました。

そんな自重堂のWHISELの中でも1番人気なのは、全24色豊富なカラーを展開する「WH11485」。薄手で快適な着心地でありながら、医療現場での使用にも耐えうる丈夫さも担保。
制電防止素材を裏生地に織り込むことで、静電気も防止してくれます。

なお、よりデザインにこだわりたい女性の医療従事者なら、売れ筋のWH12095に注目。髪型の崩れや汚れが気になる方にも安心なサイドファスナー開きで、シルエットラインの美しさも特長です。
首元はハートシェイプド・ネックとなっており、女性らしい上品さと、優しい印象を与えてくれます。

【ワンピース】生地が上質!ナガイレーベンのワンピースが1位

近年はパンツ化の波に押されて減少傾向にあるものの、ワンピース(スカート)のユニフォームに憧れる看護師も根強く存在するようです。

今回1位となったワンピースは、1915年に白衣専門店として開業されたナガイレーベンのワンピース。
例えば、「HOS-4907」は、清潔感のある白地に、襟元・首下・ポケットに赤のラインがおしゃれな一着。
ナースらしい柔らかで女性的な特徴が持ち味となっています。ニット素材を使用し、通気性と伸縮性を兼ね備えています。
さらには、防汚、制菌、制電ほか、女性が特に気になる「透け防止効果」も考慮されたデザインです。

「CD-2837」もHOS-4907に似て、衿元・袖口のライン配色が素敵な一着です。
こちらウェストベルトが付いているため、立ち振る舞いがよりスマートな印象となります。
また、新作の1つであるBrigth Days(ブライトデイズ・BD-6107)は、クラシックなハイセンスさを感じさせる一着。
資生堂ビューティークリエイションセンターが監修したワンピースであるため、メイクと合わせてカラーを選んでも大変素敵です。
優美なイメージのスカラップ状ネックほか、防汚、制菌、制電など、メディカルウェアとしても高い機能を誇ります。

nagaileben
―引用:ナガイレーベン白衣(ナースウェア)の通販|ユニフォームタウン

▲カジュアルスニーカーのような外観を備えたジーベックの安全靴。アッパーは合成皮革、ソールは耐油性のラバーで通気性が高いわけではないが、抗菌防臭中底を採用して悪臭の発生を抑えられる

靴が臭くなる原因は雑菌の繁殖

靴の悪臭の正体は雑菌(バクテリア)の臭い、少し詳しく言うと「汗や垢・温度・湿度が原因で繁殖した雑菌が発する臭い」です。足や靴の臭いを様々な視点から検証、研究した論文にもその旨が記されています。

人体は100種以上の微生物が存在するといわれ、皮膚にも多くの常在菌が存在する。皮膚常在菌は、通常は人体にとって必ずしも害を与えるものではなく、外部からの菌が進入しないようにバリケードを形成したりして有益な働きをする。一方、常在菌の増殖は汗成分を分解し悪臭を引き起こす。
―引用:岩崎房子(文化女子大学短期大学部服装学科 教授)「足の温熱生理機能と靴内微生物汚れの実態について

FOLK、PANTONEなど…チェックすべきその他のブランド

医療従事者向けに白衣・ユニフォームを発売するブランドは、ここまでにご紹介した以外にも数多く存在します。ぜひチェックしておきたいブランドをいくつかご紹介いたします。

「FOLK」は明治36年創業の老舗。メインターゲットを女性にしているメーカーで、ワコール社と共同開発した「Wacoal HI collection」や、次にご紹介するPANTONE社と協力した商品開発など、積極的なコラボレーションによって、より良い製品作りを志向するメーカーです。

「PANTONE」は、全25色のカラースクラブを販売するメーカー。
これは、日本一のカラー展開となります。医療用ウェアのカラーは、おしゃれのみならず、視覚や心理的な効果においても重要ですから、細かくカラーを選びたい方にはおすすめのメーカーです。

「CHEROKEE」は前述のFOLKと提携し、2017年度より、スクラブを発売するLAのブランド。無地のみならず、水玉や花柄模様のカジュアルスクラブもラインナップされています。
比較的ポップなカラーが多く、現場に快活なイメージをもたらすことが期待できます。

「ディッキーズ」は、ワークウェアブランドとして有名ですが、本国では、メディカルウェアブランドとしての知名度も高いです。
そんなディッキーズのスクラブ最大の特徴は耐久性。ハードな現場にも対応した使い勝手に、さりげなくあしらわれた左腕のロゴもおしゃれなワンポイントとなっています。

ランキング入り・人気白衣の機能性とデザインを体感しよう

良質で信頼できる白衣・ユニフォームは、気持ちよく仕事をするために不可欠なものです。
長時間・長期間にわたって着用するからこそ、伸縮性や通気性、防汚効果などの機能性はもちろんのこと、デザインも重要となります。
加えて、カラーバリエーションへのこだわりも医療現場で年々高まっているようです。

そのような意味でも、支給する白衣・ユニフォームが、現場のモチベーションやパフォーマンスを左右すると言っても過言ではありません。今回ご紹介した製品やブランドを中心に、1度、白衣・ユニフォームを見直してみてはいかがでしょうか。

【参考記事】機能性やデザインにもこだわりたい!人気のスクラブランキングはこちら▽