白衣についてのお役立ち情報

女性

白衣は医療現場で働くスタッフにとって、欠かせないユニフォームです。毎日着用するものなので、動きやすさや着心地など機能性も十分に考慮されたものを選びたいですよね。
また、デザイン性にもこだわることでスタッフのモチベーションも変化します。モチベーションの向上は、作業効率にも良い影響を与えるため、十分にこだわるべきといえるでしょう。
では、どうすればスタッフにとってベストな白衣を選ぶことができるのでしょうか。白衣の用途について考えながら、選び方をみていきましょう。
現代主流となっている白衣や、その白衣がもたらすメリットについても紹介するので参考にしてみてください。

5白衣の用途

白衣と聞くとまず思い浮かぶのが、医師が着用しているコート型のものや、看護師のナース服という方が多いのではないでしょうか。
長年医療現場で使用されており、現在も主流なのがコート型やナース服などの白衣です。

これらの白衣がなぜ白いのかというと、患者さんに安心感を与えるためと言われています。
しかし、白衣の用途はそれだけではありません。特にコート型の白衣は、他にもさまざまな用途があります。白衣は汚れを防ぐだけでなく、火傷から身を守ったり、薬品が身体に触れるのを防いだりと、医師の安全を守るために作られたものでもあります。

こういった用途のある白衣ですが、現在はさまざまな形や色を取り揃えたものが存在します。
それぞれ用途が異なるため、白衣を購入する際はきちんと考えて選ぶようにしましょう。

6用途を考えて選ぼう!白衣選びでこだわりたい4つのチェックポイント

ポイント1. ポケットの数や大きさ

看護師は、ボールペンやメモ帳、手袋、ペアンなど、時と場合に応じてさまざまな物を持ち歩く必要があります。
そのため、白衣はポケットの数や大きさに十分にこだわって選ぶ必要があります。

また、ポケットには仕切りがついたものや、深さのあるものなどがあるので、細かくチェックして選びましょう。

ポイント2. 生地の透け具合

白衣には、日のあたり具合によって透けてしまうものもあります。特に女性スタッフは、下着やインナーが透けるのが気になってしまうので、毎日気をつかうことがないよう、透けない白衣を選ぶことが大切です。

この透け具合は生地の薄さも関係しますが、白という色も透ける原因になっています。
しかし、現在は白だけでなくピンクや緑などの色がついたものや、花柄のものもあるので、そういったタイプの白衣を選ぶのもよいでしょう。

ポイント3.動きやすさ

看護師は患者さんをベッドから車椅子へ移動させたり、急患の対応をしたりと、力が必要な作業や動き回る作業が多いため、白衣も動きやすいものを選んだ方がよいといえます。
どんな動きも制限されないように、スリットが入った白衣ストレッチが効いた素材の白衣を選ぶのもオススメです。

ポイント4.スタイル

動きやすさは大前提ですが、看護師はたくさんの人と関わる仕事のため、見た目にもこだわる必要があります。
女性スタッフなら女性らしいシルエットになるよう、ウエストが絞られた白衣を選んでみてはいかがでしょうか。

反対に男性スタッフなら、ウエストの絞りがないものを選んだり、首元がVネックになっているものを選んだりすることで、見た目にこだわることができます。

7用途で異なる白衣の種類

現代の白衣

白衣の選び方でも紹介しましたが、現代の白衣は色や素材、形もさまざまです。
種類は「コート型」「ナース服」「ケーシー型」「スクラブ」の4つに分けることができますが、ケーシー型とスクラブはあまり聞き慣れないという方もいるのではないでしょうか。
しかし、最近の医療現場では、このケーシー型とスクラブが多く取り入れられるようになってきています。
なぜなら、医療現場用の衣服にも、動きやすさや扱いやすさが求められるようになったからです。

ケーシー型

丈が短く、半袖なのがケーシー型の白衣の特徴です。前面にボタンはなく、首元は襟なしシャツのような見た目で、スッキリとした印象です。
コート型の白衣よりも動きやすいため、看護師だけでなく外科医師や歯科医師などが着用しています。

スクラブ

さきほど男性用にオススメの白衣としても紹介しましたが、首元がVネックで前面にボタンがないのがスクラブです。
海外の医療現場ではこのスクラブを1990年代から取り入れており、近年では国内でも多く見かけるようになりました。
ケーシー型と同様に、丈が短いのが特徴でもあります。

また、スクラブには「ゴシゴシこすり洗いする」という意味があり、強く洗っても生地がすぐにボロボロになるということはありません。

8扱いやすいスクラブ5つのメリット

メリット1.動きやすい

走る看護師

スクラブは素材が薄く軽いため、Tシャツ感覚で着用することができます。
また、どこにもボタンがなく、作業中何かに引っかかってしまうこともありません。そのため、動きやすい白衣といえるのです。

メリット2.カラーバリエーションが豊富

色とりどりのスクラブ

スクラブはカラーバリエーションも豊富です。オシャレに見える黒やネイビー、カーキ色などもあります。
可愛らしいサーモンピンクやパステルカラーもあるため、女性スタッフと男性スタッフで色が異なるスクラブを取り入れることもできるでしょう。
また、チームごとに色を変えることができるため、スタッフの役割を色で識別することも可能です。

そして、スクラブの色選びは、患者さんのためにもなります。
なぜなら、白衣を見るだけで緊張して血圧が上がる方や、病院嫌いのお子さんのように、白衣が苦手な患者さんもいるからです。
その場合は、白ではなく色つきのものや、柄入りのものを選んでみてもよいでしょう。

女性スタッフ用としてオススメのカラー 男性スタッフ用としてオススメのカラー
ネイビー、パープル、ボルドー、サーモンピンク、パステルカラー など ネイビー、カーキ、ブルー、グリーン、チャコールグレー、パープル など

メリット3.気軽に洗える

洗濯機

ナース服やコート型の白衣だと、洗い方が特殊なものが多いため、クリーニングに出す必要があります。
クリーニングに出すと手元に戻ってくるまで時間がかかることもあるため、多めに購入しなくてはいけません。

しかし、スクラブなら、名前の通りゴシゴシと洗えるので、まとめて洗濯機でも洗うことができます。
使用後はすぐに洗濯し、次の日にまた着用することができるので、多めに購入する必要もなく、経費の節約にも繋がるのです。

メリット4.着替えがしやすい

着替え

スクラブはボタンやファスナーがなく、Tシャツのように頭からストンと着ることができるので、着替えが楽というメリットもあります。
作業中に汚れが付着してしまった場合もすぐに着替えることができため、忙しい医療現場では大いに活躍してくれることでしょう。

メリット5.一着の価格が安い

価格

清潔感が重視される医療現場は、白衣の消費も激しいため、一着の価格が安いスクラブは高い評価を得ています。
また、低価格で揃えられるという理由から、現在は医療現場だけでなくエステサロンや介護の現場でも使われ始めています。

9用途に合った白衣を選ぶことでスタッフは気持ちよく働くことができる!

白衣の用途や選び方について紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
スタッフのために白衣を購入するなら、しっかりと用途を考えて選ぶことが大切です。ポケットの数や大きさ生地の透け具合にこだわったり、動きやすさや見た目にもこだわったりすることで、スタッフのための白衣選びを行うことができます。

また、オススメしたスクラブのように、メリットが豊富な白衣を選ぶのも大切なことといえるでしょう。
スクラブは、動きやすくカラーバリエーションも豊富で、洗いやすく着替えやすいというメリットがあります。

そして、一着の価格が安いというメリットもありますが、安いからといって店舗で大量に購入するとなると、時間も手間もかかって大変です。
その際は通販サイトを利用することで、購入時にかかる手間を省くことができます。通販サイトなら、注文したい商品をボタン1つで簡単に選ぶことができます。
スタッフの人数が多くてもすぐに選ぶことができるので、時短にも繋がりますね。
画像も一覧で見ることができるので、周りのスタッフと相談しながら現場にあった素敵な白衣を選んでみてはいかがでしょうか。