スクラブについてのお役立ち情報

女性

以前までは、医師は白衣、看護師はナースウェアが一般的でした。
それが、衛生面や業務面または男性看護師の増加を理由、
スクラブを採用する病院も増えています。
また、利用者が増えたことで各メーカーもスクラブの生産に力を入れ、
機能面も価格も多様化しました。
そうしたスクラブのメリットや費用について確認していきましょう。

18機能性を増すスクラブの普及

スクラブを着た医療チーム

病人や怪我人を相手にする病院でのユニフォームは、
清潔さを重要視する必要があるでしょう。
その点、
スクラブはごしごし洗うという名の通りしっかりと洗濯機で洗うことができ、
乾きやすいことが特徴です。
動きやすさや実用面を購入理由として、
スタッフのユニフォームとして採用する職場も増えています。

動きやすく使いやすいスクラブ

スクラブはほかの白衣よりもゆとりのあるデザインで動きやすい特徴があります。
襟や胴回りにゆとりをもたせ、カジュアルな雰囲気で着こなせることもスクラブの魅力です。
白衣をみると緊張する患者さんもいるため、
雰囲気を和らげ話しかけやすい雰囲気を作る理由でスクラブを採用するケースもあるようです。

最近では、物を入れやすいよう大きく作られたポケットや着脱に便利なジップスクラブなどの
利便性の高いスクラブもどんどん登場しています。
白衣選びで悩んだときには、動きやすさと使いやすさ両方を兼ね備えたスクラブをぜひ検討してください。

豊富な色もメリットになる

血圧

『白衣高血圧』という症状があります。
普段は正常か少し高い血圧の患者さんが、診察の時など医療機関で血圧を測定すると、
高い数値になる症状です。
ストレスや緊張によって一時的に血圧が上昇するといわれ、
その要因として医師や看護師の『白い服装』がデメリットになっていると考えられました。

『白』は清潔なイメージを与える色として、昔から病院で利用されています。
一方で子供やお年寄りには、
無機質で冷たいという印象を与え圧迫感や恐怖を連想させるともいわれています。

スクラブの場合はバリエーションが豊富なため、
白以外の色を導入するだけでこの問題を軽減可能できるでしょう。
従来の『白』も選ぶことができますが、ネイビーやエメラルドグリーン、
ワインといった濃い色もスクラブなら選べるので検討してみてください。

また、小児科のように小さな子供を多く見る現場では、
花柄やキャラクターのプリントされたスクラブも採用されています。
カジュアルなデザインで開発されたスクラブが多いため、
患者さんの緊張を解すという点でもスクラブは活躍してくれるでしょう。

下着・肌着が透けない

透けるかどうかは、女性スタッフの多い現場でユニフォームを選ぶ時に大切なポイントです。
白はインナーが透けやすいデメリットがあります。
患者さんの中にはそうした見た目について品がない、
だらしないといった印象をもつ方もいるので注意しなければいけません。

そのため、目立ちにくい色のインナーを着たり、
白でも透けにくい素材で作られた白衣を着たりする人が多いです。
ですが、ぜったいに透けたくないのなら色の濃いスクラブを選ぶとよいでしょう。

スクラブは色の濃い商品も多く、生地が少し薄くても白より透けにくいメリットがあります。
インナーを気にすること無く利用できることも、多くの病院で採用されている理由です。

19現場の声を反映した機能

ユニフォームとして採用する病院が増えたことで、
現場の不満やもっとこうして欲しいという声に答えたスクラブも登場しています。
スクラブの中でも人気の高い商品を一例としてご紹介しますので、購入の参考にしてみてください。

MZ-0018 ミズノ(mizuno) 人気No1スクラブ (男女兼用)



>>MZ-0018 ミズノ(mizuno) 人気No1スクラブ (男女兼用)はこちら

  • 価格:4,900円(税抜) ※サイズによって価格が変わります。
  • カラー:全17色
  • サイズ:SS~5L
  • 素材:ソフトトロピカル(ポリエステル100%)

特徴:
従来のスクラブで満足できなかった方のための
ワンランク上のスクラブです。
肌触りはサラッとしていて着心地も快適です。
工業洗濯対応で、繰り返し洗濯しても色落ちがしにくく、形の崩れにくい商品です。
生地・裁縫が丈夫で、いつまでもキレイな色合いとシルエットが保てます。
『動きやすさ』『実用性』『エチケットを意識した設計』の3点に注目して、さらに詳しくご説明します。

1. 動きやすい作り

右の肩口は、大きめに開くドットボタン仕様になっています。
着脱のしやすい作りなので忙しい時や、
薬品がかかった時などすぐ着替えたいタイミングに便利な作りです。

両脇には動きやすいようにスリットが入っています。
また、マチが入っているので引っ張られても破れにくく、スリットが広がりにくい仕様です。
裏にも破れを防止する補強テープが入っているので、小さな子供に引っ張られたり、
不意に何かに引っ掛けたりしても破れにくく安心です。

2. 実用性の高いポケット

両脇のポケットは幅18.5cm×高さ19.0cmと大きくとられているので、物の出し入れが簡単にできます。
また、右脇のポケットはメモやペンなどを仕分けるのに
役立つダブルポケット仕様です。

胸ポケットにはPHS専用に作られた入れやすく落ちにくい、
メッシュポケットがついています。
胸ポケットと両脇のポケットの底部分には、
インクのにじみや破れを防止する補強布が配置されているので、
ペンの芯を出したまま収納しても汚れがあまり目立ちません。

女性に嬉しいエチケット設計

透け防止仕様はもちろん、前かがみになったときに胸元の見えにくい設計になっています。
従来のスクラブよりも襟ぐりが浅くなっているので、
胸ポケットにPHSはペンなどを入れても胸元はあまり開きません。

腰回りは長めの着丈になっています。
そのため、しゃがんだり前かがみになったりした時も、インナーが見えず安心です。
他にも制菌・制電加工がされていたり、
脇や肩に動かしやすいよう作られていたりと細かいところまで
現場目線で開発されています。どの白衣にするか悩んでいるのなら、
ぜひ候補のひとつとして考えてみてください。

20スクラブにかかる費用は?

次は、スクラブにかかる費用をもっと細かく見ていきます。
購入するのは基本的にスクラブの上下ですが、必要であればインナーも合わせて購入します。
また、白衣は買い揃えるだけでなく、
使い続けるためのランニングコストも忘れずに考えましょう。

購入価格

ショッピング支払

1着にかかる金額は、メーカーや機能性によってかなりの差があります。
上下それぞれ、安いものだと2,000円台から購入でき、
高いものだと10,000円を超える商品も販売されています。
購入は白衣を専門に取り扱う実店舗か、
メーカーのカタログのほかネット通販でも購入可能ですが、おすすめはネット通販です。
商品のデザイン、色、価格を確認しやすいだけでなく、
WEB限定のセールや特別価格で販売されているスクラブも見かけます。
まとめて購入する時にも、お得に便利に購入できるのでぜひご確認ください。

また、スクラブを取り扱うネット通販サイトの中には
スクラブインナーを取り扱うサイトもあります。
価格帯は2,000~3,000円程度で吸汗速乾性に優れ、
汗をかいたときのベタつき感を軽減できる商品が紹介されています。
こちらもWEB特別価格で安くなっている場合もあるので、
スクラブと合わせて確認してみてください。

ランニングコスト

クリーニング屋のイラスト

ドクターコートなどの白衣は洗濯するとシワになるため、
アイロンをかける手間がかかります。
また、クリーニングに出した場合は、
作業着として扱われるためシャツなどと比べクリーニング代が高くなりがちです。

スクラブの場合は、
洗濯機やコインランドリーを使ってもシワになりにくいメリットがあります。
生地をみても破れにくい工夫のされている商品もあるので、
クリーニングに出さなくても清潔に利用可能です。
何度繰り返し洗っても、型崩れや色落ちせず使える、
経営面でみるとランニングコスト削減を購入理由として考えても良いかも知れません。

21デザイン・肌触りは購入前に確認

ネット通販なら在庫の確認が簡単にでき、特別価格での購入も可能です。
ただし、肌に触れる衣服は肌触りやサイズ感も気になるのではないでしょうか。
「購入前に商品を見てみたい」とお考えなら、
貸出サンプルサービスを行っている通販サイトを利用してみましょう。

目ぼしい商品をピックアップした後に、貸出サンプルを取り寄せることで、
実際の商品をみんなで見ながら確認できます。
貸出できる点数に制限があったり、送料がかかったりしますが、
購入後に「想像と違う」といったことになりません。
実店舗で商品を選ぶ時のように手にとってみて、納得したうえで商品を購入できるので、
こういったサービスの利用も検討してください。

22快適なユニフォームで働く

スクラブは動きやすいのはもちろん、
クリーニングやアイロンの手間が省ける手軽さや費用を抑えられることも魅力です。
利用する病院が増えてきたことで、着心地だけでなく機能面でも充実した商品が増えました。

最近は、高級感のあるデザイン性の高いスクラブも登場し、
エステサロンやクリニックの受付でも利用されています。
白衣選びで迷っている方は、ぜひスクラブもチェックしてみてください。