「秋冬用のコンプレッションウェアなんてあるの?」と疑問に思う方も多いと思います。

実はコンプレッションは最も肌に触れる内側のインナーなので、生地が自分に合うかどうかがかなり重要になります。

それらのポイントを踏まえつつ、秋冬用コンプレッションの基礎知識とおすすめ紹介をご紹介します。

春夏用との違い

春夏用と秋冬用のコンプレッションの違い

春夏用と秋冬用のコンプレッションで違う点は機能性にあります。春夏用は通気性に優れ、接触冷感機能でひんやりとした着心地が維持できます。半袖やノースリーブタイプの商品が多いのも特徴的。

特に春夏用で重視すべきなのは、汗をすぐに乾かしてくれる速乾性や汗臭を抑える抗菌・消臭効果です。メッシュ素材を使うコンプレッションが多いですね。

一方で秋冬用は、裏起毛と接触温感で暖かさを維持できるので、体が冷えて筋肉が硬くなるのを防いでくれます。長袖タイプのコンプレッションで、首元まで覆えるタイプもあります。

秋冬用のコンプレッションの選び方

秋冬用のコンプレッションを選ぶ際に気をつけたいのは、利用目的と機能を把握しておくことが大事です。

裏起毛タイプは作業着の下に着ると暖かい

寒さが厳しい環境で着用する場合は、厚手で保温性に優れた生地のコンプレッションを選びましょう。作業着の下にインナーとして着用するだけで、接触温感で肌触りもガラリと変わります。

商品によっては吸湿発熱素材を使用したコンプレッションもあり、高い保温効果が得られます。吸湿発熱素材とは、汗などの水分から熱を発して体を温めてくれる繊維のことです。防寒コンプレッションに多い特徴でもありますね。

動いて汗をかいてもすぐに乾く速乾性

動き回って汗をかくことが多いなら、汗を吸収して乾きやすい吸汗・速乾性に優れたコンプレッションの方が理想的です。

春夏用ほどではありませんが、作業着で仕事を行うと体温調整が難しく、動きがハードになると汗をかくと思います。汗で蒸れると着心地が悪くなりますし、洗濯して乾くのが早いと便利なので、速乾性もチェックしておきたいポイントです。

ストレッチ素材で動作をスムーズにサポート

コンプレッションウェアは関節の動きをサポートしてくれたり、運動の疲労を抑える効果があります。血液の循環を促して体をほぐしてくれるので、体力仕事の人は高いパフォーマンスを発揮するためにも必要です。

他にも、筋肉を締め付けて体をブレないように固定するので、無駄のない動きがしやすくなります。そのためにもストレッチ性に優れた素材を使っている商品を選びましょう。動きをスムーズにサポートしてくれますよ。

おすすめの秋冬用コンプレッション商品を紹介

ここからは秋冬用のおすすめコンプレッション商品をご紹介します。秋冬での作業時にインナーとして揃えたい人気の商品ばかりなので、「選ぶのが大変」という人は是非とも参考にしてみてください。

バートル ホットフィッテッドインナー

「バートル ホットフィッテッドインナー」は人気作業着メーカー『バートル』の秋冬・防寒コンプレッションです。

裏起毛タイプで保温性の高さが特徴的。さらに抗菌・消臭加工がされているので、汗などの汚れが付着しても快適に着用し続けられますね。

ストレッチ素材を使っているので、無理なく伸び縮みできます。デザインも種類が豊富なので、好きな色や模様で作業着と合わせましょう。

自重堂JAWIN 綿素材コンプレッション ハイネック

自重堂のJAWINシリーズのコンプレッションウェアです。ハイネックタイプなので首元までカバーでき、厳しい寒さへの対策としても便利です。

綿素材なので柔らかな肌触りなのが特徴的。インナーなので、肌に触れる部分がふんわりしている生地の方が快適ですね。

自重堂Z-DRAGON ハイネックロングスリーブ

こちらも自重堂ですが、Z-DRAGONというシリーズのコンプレッションウェアになります。最大の特徴は吸湿発熱加工素材を使用していることで、高い保温性をキープできる点でしょう。

カラーバリエーションも全8色で模様のデザインも洗練されたクオリティです。インナーとして来てもかっこ良く仕上がりますね。

季節に応じて最適なコンプレッションを選ぼう

以上が秋冬のコンプレッションウェアについてでした。

春夏用と秋冬用は明確に違いがあるので、混同せずに機能に着目して選びましょう。シーズンごとに使い分ければ作業効率UPも間違いありません。体調管理やパフォーマンス向上などメリットが満載なので、これを機に季節ごとに揃えてみてはいかがでしょうか。

>>もっと詳しく知りたい人はこちら!
【コンプレッションウェアって?着る意味あるの?】機能や効果をご紹介!