青シャツ

青シャツ 青シャツを1着から通販しております。リラックス効果のある色でクールな印象も与えられる人気カラーです。
売れ筋で青ワイシャツ
爽やかな印象のブルーを採用した青シャツです。飲食店やカフェにおすすめです。お電話でもご注文していただけます。
ロングセラーの青シャツ 半袖の青シャツ 淡いブルーのレギュラーシャツ スタンドカラーの青シャツ ストライプの青シャツ チェック柄の一枚 半袖の定番デザイン
オックス素材の青シャツ
オックスシャツの青が企業様に大盛況。同じ素材で長袖、半袖の2タイプご用意しました。
オックスの半袖・青シャツ ロングセラーの長袖シャツ
チェック・ストライプ柄の青シャツ
ストライプやチェック柄の入った人気の青シャツをご紹介いたします。
長袖の青シャツ 半袖のチェック柄 長袖ストライプ 半袖ストライプの青シャツ
アロハ柄の青シャツ
アロハ柄の青シャツをご案内。旅行代理店、飲食店、リゾートホテルなどたくさんのお客様に人気です。
ハイビスカス柄の青シャツ ハワイアンの青シャツ 介護や旅行代理店に人気 ハイビスカス柄の一枚 リーフ柄の人気商品

青シャツ商品一覧

青シャツを販売するユニフォームの通販。常時20万点以上の豊富な品揃え。プリント・刺繍加工も対応中!

表示順 [ 売れ筋順 | 評価の高い順 | 価格の安い順 | 価格の高い順 ]
表示件数 [ 48件 | 80件 | 120件 ]

青・ブルーのシャツ  利用目的・種類・導入事例など
年中通して着用するのがシャツです。冬場はジャケット等を羽織るため、それほどシャツの重要性、見た目は重視しなくてもいいかもしれませんが、夏場などはシャツスタイルで仕事をすることも多くなるため、シャツにもこだわりたいところ。
夏場に着用するシャツとしてオススメなのが青・ブルーのシャツです。青・ブルーのシャツといっても原色の青ではなく、淡いライトブルーなどの色があります。特に女性が着用するブラウスであれば、こういった淡い青・ブルーのシャツがオススメです。見た目も爽やかで、涼しいイメージがあり、暑い夏でもその姿を見れば涼しく見えることでしょう。男性でも青・ブルーのシャツはちょっとオシャレに見えるものです。それでいて、嫌味がなく爽やかさを前面に出せますし、若々しく見えるのも特徴です。
また青・ブルーのシャツとしては、淡いブルーではなく、濃い青のシャツもあります。インパクトがあり店のユニフォームとしてお客様や取引先に印象つけるためにもいい色かもしれません。また、同じ青・ブルーのシャツと言っても比べてみると色は若干違っているものです。そのため、似合う、似合わない、イメージと違うということもありますので、よく製品を見て選ぶといいでしょう。

青ワイシャツは無地も柄物も見逃せない

ファッションアイテムの定番の物にワイシャツがありますが、仕事で着る人もいれば、日常生活で着る人もいるなど、愛用されることが多いアイテムでもあります。 ただし、人によってどの柄やカラーを選択するかと言うのは結構違うものです。また、季節によって使い分けるという人もいるでしょう。と言うのも、その季節に合った種類のワイシャツと言うのがあるものだからです。 例えば、青ワイシャツと言うのは、レッドやオレンジ、ブラックなどと違って、涼しげな印象がありますから、夏場に向いているワイシャツだと言えます。青と言う色は、水や海を連想させて、圧迫感がありません。ですから、青ワイシャツを着ることで、自分が着ていて気持ちが良く、リラックスできるだけでなく、周りの人を癒す効果も期待できます。 また、青に似た色でサックスと言う色があり、こちらだと色が薄く優しい印象がありますので、好みに合わせて調整すると良いでしょう。 なお、青ワイシャツの中で覚えておくと良いのが、プチハイビスカス柄のアロハシャツです。青一色の無地のワイシャツも良いものですが、夏の気分を盛り上げてくれるアイテムの定番でもあるアロハシャツもやはり見逃せません。プールサイドやビーチで着こなすには持って来いのアイテムだと言えます。 ちなみに、このプチハイビスカスと言うのがポイントで、普通のハイビスカスよりも控えめな大きさになっていますから、シャツの全面にハイビスカスが描かれていても、おとなしさや落ち着きがあり、涼しげな印象もあります。それと同時にかわいらしさも演出してくれますから、女性にも最適なファッションアイテムだと言えます。優しい印象のデザインは、飲食店で活用するにもピッタリです。

青ワイシャツを着こなそう

ビジネスマンにとって、特になくてはならないアイテムといえばネクタイ、そしてワイシャツ。夏の時期は昨今クールビズのため、ネクタイは特別なことがない限り使う必要がなくなりました。人との差別化をするアイテムとして使えるネクタイを使わない期間、では何をもって自分らしさを出すのでしょうか。そのアイテムのうち、ワイシャツもその一つです。ネクタイ同様、顔周りに一番近いところに映るため、目に入りやすく、自分らしさを表現しやすいです。ワイシャツといっても、今ではさまざまなバリエーションがあります。どういう生地が使われているのか、ポケット付きなのか、どのようなカラーバリエーションを選択するのか、襟やそでなどのデザインはどのような表現がされているのかなど。選択する条件は様々です。大体オールシーズンで人気があるカラーは、王道の白ですよね。ただの真っ白ではなく、柄が入っているものもあったりと、おしゃれなデザインも増えています。白と同様、負けない人気があるのが、青ワイシャツ。青ワイシャツと一言にいっても、青み具合が濃いもの・薄いものでも、だいぶ印象が変わります。特にこの暑い時期には、特に青ワイシャツは見た目にも涼やかに映り、何より清潔感があるため、ぜひ着こなしたいものです。白と同様、青ワイシャツにもただの単色デザインだけではなく、ボーダーや格子柄、ドットなど。様々なデザインが施されたものが沢山出ていますので、もしまだ青ワイシャツを持っていないらっしゃらない方は、ぜひこの機会に着こなしてみませんか。夏はもちろん、冬には赤系のネクタイを合わせることで、ブリティッシュスタイルにもなれますし、いつもと違う自分をまず1枚のワイシャツから、踏み出してみませんか。
青ワイシャツは青のワイシャツ?
本来、ワイシャツとは男性用のスーツなどの下に着用するカッターシャツのことを言い、この言葉は日本で出来た言葉と言われ、英語にはこのような単語はありません。 ホワイトのシャツとしてワイシャツとなったとの説があるが、おそらくこの説が濃厚でしょう。 元々は、スーツが正装としてビジネスに利用されており、定番は白であったことでホワイトのシャツがワイシャツと略されたのでしょう。 当時から言葉を略すことは珍しくはなく、銀座をぶらぶらすることを銀ぶら、現代でもスマートフォンをスマホと言うのと一緒の概念でしょう。 ただ、ここ数年で省エネの側面からクールビズという言葉が出ると、カジュアルなものが多くなり、スーツからシャツまで今までとデザインやカラーが変わってきました。 ワイシャツでもカジュアルなボタンダウンやピンクや青のカラーが多くなり、とくに青ワイシャツは多く販売されています。 しかしながらよく考えてみれば、ワイシャツ=ホワイトシャツであるのならば、ブルーのシャツは「ブルシャツ」か「ルーシャツ」と呼ぶことになってしまいます。 しかし、現在は既にワイシャツという言葉が、カッターシャツという意味合いとして使われているので青ワイシャツというのが正しいのかもしれません。 本来であれば、カラーやデザインの変わったものはドレスシャツというのが正しいのでしょうが、ドレスという言葉を紳士用のワイシャツに使用することに中高年に懸念があるため、若い世代にのみドレスシャツという言葉が使われます。 青ワイシャツでボタンダウンでヘリンボーンやジャガードのような織り柄が付いた製品がもっとも人気が高く、若い世代には色の濃いものが人気が高いです。
おしゃれアイテムとしての青ワイシャツ
かつて肉体労働に従事する人々のことを「ブルーカラー」と言っていました。工事現場や工場の作業員たちが着ていた作業服の襟の色に青系が多いことから、そのような呼び名がありました。それに対して、ワイシャツの襟が白いことが主だったことから、総合系のデスクワーカーのことを「ホワイトカラー」と呼んでいました。現代ではこうした傾向は薄まり、襟の色で職種を判断できなくなってきています。総合職に従事する人のなかには、真っ白な色をむしろ味気ないと敬遠し、好んで青ワイシャツを選ぶようになってきました。最近はビジネスシーンでも着こなしに気遣う人が増え、青ワイシャツはおしゃれアイテムとして欠かせなくなってきています。青ワイシャツと言ってもそのタイプはさまざま、色だけでいっても濃い青と薄い青では全く印象が違います。さわやかな印象を好むなら薄いブルーをチョイスするのが賢明でしょう。濃い青も、ネイビーなどブルー系のスーツやネクタイと合わせることで、色味を統一し、派手すぎないコーディネートが可能です。また、本体が青で襟の色だけが白いクレリックタイプも人気があります。いつものスーツとネクタイでも、襟が白いというだけでとても涼やかでおしゃれな印象になるので、一枚は持っておきたいです。あとは生地感も大切です。エジプト綿などの光沢のある高級素材であれば、ドレッシーでゴージャズな雰囲気を楽しめますし、オックスフォードなどなら、てきどに抜け感のあるカジュアルっぽいスタイリングが楽しめます。また近年流行しているリネン素材で涼しげな印象を差し込むのも悪く有りません。さまざまな素材やデザイン、カラーの青ワイシャツで、ビジネスシーンでのおしゃれを楽しみましょう。

青シャツの着用イメージとおすすめシチュエーション

青シャツといえば夏場に着るカラーといったイメージがあるかもしれませんが、青といってもユニフォームタウンでは原色の青から淡いライトブルーまでさまざまな色味のものが取り揃えてあります。
爽やかなライトブルーのカラーなら、涼しいイメージにぴったりですので暑い季節でも暑苦しさを感じさせることなく着こなしていただくことができ、お客さまを相手にしているサービス業のユニフォームとしてもおすすめです。 一方で、濃い原色の青の場合にはインパクトがあります。しかしブラックなどとはちがって青なら水や海を連想させることから、ダークカラーではあるものの強い圧迫感を与えることはありません。それゆえお店のインテリアもシックであったり、夜間に経営しているようなバーなどでの着用には向いています。
そしてサックスカラーだと若干色が薄くなるため、深みがあるカラーよりもより優しい印象となり、バーほど大人な雰囲気をださなくてもよいときにはぴったりでしょう。
青シャツとしてはアロハシャツなど柄物のご用意もあり、言うまでもなくプールサイドやビーチでのコーディネートには最適です。ただ、このようなシャツをより広い用途で使っていただけるようにと、ユニフォームタウンでは普通のハイビスカスではなくプチハイビスカスにしていたりと、リゾート感が出すぎずに街中やあるいはクールビズでアロハシャツが許されている場合の職場でも着用していただけるようになっております。
かたちのデザインもポケット付きのものがあったり、カラーも青み具合が濃いもの・薄いものなどひとくちに青シャツといってもさまざまなものがあります。どれにも共通して言えることは清潔感が高いということですが、より涼やかにしたいならより色味が薄いものを選ばれるのをおすすめいたします。しかし涼やかな色であっても冬には赤系のアイテムとコーディネートすることによってブリティッシュスタイルが作れたりと用途が広いのが特徴です。


納期シミュレーション いつ届くの?という疑問が、3ステップでわかります!
電話注文できます!見積り、お問い合わせは無料!フリーダイヤル0120-115-116
ご注文のやりとりからお届けまでの流れ
右へ
(1) 注文の種類矢印
(2) ご注文日 矢印
(3) お届け先 矢印

お届け予定日

0 0
0 0
頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

お届け予定日を計算中です
お届け予定日を計算中です...
にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について ご注文は24時間受け付けております。 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について 10,000円以上のご注文で代引き手数料と送料を無料サービスいたします お支払い方法 お支払い方法は、代金引換、銀行振込(前払い)、クレジットカード、後払いよりお選びいただけます 納期・お届けについて お届け納期について サンプル貸出(無料)について サンプル貸出の点数の期間について 返品・交換について 商品の返品は8日以内に返送ください
ご注文実況中継
日本のワイシャツは、いろんな色があり、昔と違い現在は通販という販売商法があるので、店舗に行かなくても、自宅で選んで購入する事ができ、とても便利になりました。ワイシャツの定番の色は白色ですが、現在は薄いピンクや黄色、青ワイシャツ等いろんな種類のワイシャツがでています。ワイシャツの値段もリーズナブルな値段なので、気軽に購入する事ができます。白ワイシャツはビジネス用、黄色ワイシャツはプライベート用、青ワイシャツはパーティー用等、いろんな用途に使えます。
ワイシャツの良い所といえば年間通して着用する事ができる上に、冬ならばジャケットをはじめとした様々な洋服にあわせやすくて便利で使い勝手が良い所です。特にワイシャツの中でも青ワイシャツは相手に爽やかで清潔感のある人だと印象付けしやすいので男女問わずに好んで着用する人も多いです。夏場などはワイシャツ姿のまま仕事や生活をする人達も多いので尚更清潔感があり涼しげに見える青い色は様々な場面で重宝する便利な色のひとつになります。

最終更新日: 2018年11月14日 (水)2時41分  ユニフォームタウンでは、独自の在庫連携システムにより、リアルタイムの在庫数を随時更新しています。

ページ
TOPへ

ページTOPへ

購入
手続きへ

購入手続きへ