工場が暑くて耐えられない!そう感じたことはありませんか。そう感じるのはあなただけではありません。厚生労働省の発表によれば、製造業は建設業に次ぎ、熱中症の多い職業のようです。

梅雨明けの7月中旬から9月にかけて、私たちは熱中症に十分注意しなければなりません。工場での作業には、やはり暑さ対策が欠かせないでしょう。

快適な環境で作業をすれば効率アップ!でも、どんな対策をすればよいのでしょうか。今回は暑さ対策に使える対策方法やお助けアイテムを紹介していきます。これらのアイテムを身に着け、職場で差をつけていきましょう!

工場の暑さ対策方法

暑さ対策は身近なところから始められます。すぐに実践できる2つの方法をご紹介します。

下着に工夫をする

どんな暑さ対策が良いかわからないなら、下着に工夫をするところから始めてみましょう。下着?そんなことで変わるの?そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも下着の工夫を侮ってはいけません。体感温度と下着には、とても密接な関係があるからです。

下着と体感温度の関係性

暑いとどうしてもゆったりとした衣服や下着を着て、蒸れないように風通しが良く下着や衣服を選びがちですが。

実は暑いときこそ、ピッタリとした下着を着る方が涼しく感じると言われています。

その理由としては、汗をすばやく肌着が吸収し、外部へ熱を放出できるからです。この下着や衣服と体感温度の関係性を理解すると、暑さ対策へのヒントも見えてきます。

素材は吸汗性と放湿性のあるものを

まずできることとして、インナーは吸汗性と放湿性に優れているものを選びましょう。汗を吸収する綿や、発散に優れるポリエステルなどです。

また、両者の長所を併せ持つ合成繊維は、吸汗と放湿の両方を行ってくれます。

サイズは身体にフィットするものを

サイズ選びも重要です。汗は生地を通して吸収され放出されるので、身体にきちんとフィットしているなら、生地本来の性能が引き出せます。

 

冷感グッズ


暑さ対策方法の2つ目は、保冷剤やタオルなどの冷感グッズです。即効性のある冷感グッズはここまでバリエーション豊かになりました。

ロッテ「ヒヤロン」

化学反応を利用し、現場で凍らせるタイプの保冷剤です。普通の保冷剤は冷蔵庫で凍らせる必要がありますが、ヒヤロンなら不要。工場に持参することができるので、携帯性にも優れています。

凍らせ方は叩くだけ。中に入っている水袋が破れて、粒状の冷却剤と反応してくれます。凍らせた後は、首回りや脇下に挟んで保冷剤のように使えます。

クールコアタオル

冷感グッズの中でも手に入りやすいアイテムの一つは、「クールコアタオル」です。コンビニや100円ショップで買うことができます。

使い方はとっても簡単。タオルを水に濡らし・絞り・振るだけです。身に着けると体温を下げてくれます。

ライオン「冷えピタ」

言わずと知れた冷却シートです。風邪をひいたとき頭に貼り付けたりしますが、それ以外でも大活躍です。頭に貼るのはちょっと……。という方は、腕や肩など、涼しいと思える別の箇所に貼ることができます。

大人用の冷えピタは効果が8時間持つので、工場勤務に用いることができるでしょう。

アイスノン「シャツミスト」

シャツに吹き付けるだけで、ひんやり感をキープしてくれるというアイスノンのシャツミスト。作業前や作業中に手軽に吹き付けられるのは魅力ですね。

持続時間も60分程度と言われているので工場作業中には少し向いていないかも知れません。

暑さ対策には衣服に工夫をするのが効果的


先に述べた通り、暑さ対策は下着・衣服選びから始まります。ここで、おすすめの商品をいくつか紹介したいと思います。

おすすめインナー

バートル「クールコンプレッション」

冷感インナーといえば、やはりバートルのクールコンプレッションを紹介しないわけにはいきません!

ひんやり接触冷感素材を使用しており、この爽やかな着心地を体感してしまうと、もうインナーを着ないまま作業することはできないくらい、

快適な着心地を提供します。

自重堂JAWIN「コンプレッション ロングスリーブ(新庄モデル)」

自重堂のコンプレッションインナーも、素材そのものに冷感機能が備わっており、汗を効率よく吸収、乾燥させる為、外作業などにはうってつけのインナーです。

また、ストレッチ天竺素材の採用により、激しい動きにも耐えうるストレッチ性も備わっています。

自分に合ったものを選ぼう

猛暑日の多い近年、衣料品メーカーは競って冷感インナー販売に力を入れています。通気性の良い生地や、新素材を利用し冷感度をアップさせた生地によって、快適な作業ができるようになっています。

この機会にシャツを新調してみるのも良いかもしれません。

最も効果のある暑さ対策方法は「空調服」


こうして、工場の暑さ対策で活用できるアイテムを紹介してきましたが、それでも暑いという人もいるでしょう。

工場内は概して高温多湿。お助けアイテムだけではやっていけない!多くのプロが愛用する暑さ対策こそ「空調服」です。

空調服とは

空調服とは、空調装置を内蔵した作業着のことです。冷却ファンが工場にあれば、比較的快適に作業ができますよね。

では、それらが自分の服に内臓されていたなら、どれだけ快適に作業ができるでしょうか。空調服はそれらを実現した、夢のアイテムなのです。

仕組み

空調服の仕組みをとしては、まず服に装着された小型ファンが外気を服内に取り込みます。

取り込まれた空気は、汗を蒸発させ、気化熱により身体を冷やします。これを生理クーラーといいますが、この生理クーラーにより、効率的に汗を発散させ、非加熱により身体を冷やしてくれるのです。

空調服のメリット

いつでもどこでも涼しい

空調服を用いることのメリットは、いつでもどこでも涼しいことです。工場の作業場だけでなく、屋外での作業になっても涼しさをキープしてくれます。汗をかきにくいので、あせも予防にも効果大。

また、ファンはバッテリー式なので、継続的に送風してくれるのも魅力です。途中で効果がなくなったり、付け替えたりする必要がありません。気を散らされずに作業できるのは、空調服ならではの魅力といえるでしょう。

コストパフォーマンスが良い

空調服のメリットの2つ目は、コストパフォーマンスが良いことです。これは、空調服がバッテリーで動くことと関係があります。

一日8時間使うためにバッテリーを充電するにしても、6ボルトの場合、一か月の電気代はわずか50円程度。

冷感グッズを買い替えていくよりも、はるかに安くつきます。工場によっては、クーラー代を節約するために、空調服を取り入れているところもあるくらいです。

空調服はお財布にも優しい作業着なのです。

空調服はいくらで買えるの?

こうした高機能な空調服ですが、気になるのは値段です。作業服の相場は、10,000円から20,000円と通常の作業服より高めの傾向があります。

しかし、暑さ対策として空調服しかいらないと考えれば、購入する価値はあります。

さて、購入に際して注意を一言。実は、作業服・ファン・バッテリーが別売りになっている場合が多いのです。うっかり間違った規格のものを買わないように注意が必要です。

空調服を扱う通販サイト「ユニフォームタウン」では、空調服のセット販売がされているのでおすすめです。

イチオシ!「空調服」


ユニフォーム専門サイトのユニフォームタウンの中からイチオシの空調服をご紹介ます!

XE98004 ジーベック 空調服半袖ブルゾン

空調服にはめずらしい半袖タイプです。湿気を外に出す透湿機能と、雨にも耐える撥水加工が施されています。

湿度の高い作業場や、運搬などの軽作業の方は、ジーベックの空調服を検討してみてはどうでしょうか?

86910 自重堂 綿100%エアコンジャケット(ファン付)

リーゾナブルで高機能な 自重堂の空調服。ファンがついてくるので、別途買う必要がありません。空調服デビューにおすすめの一着です。

カラーは、キャメル・ネービー・ダークブルー・シルバーの4色から選ぶことができます。

この空調服の良いところは、反射パイピングという反射材が縫い付けられていることです。夜間の作業など、暗いところでも威力を発揮してくれます。

AC1031 バートル 綿100%エアークラフトブルゾン


バードル社の先端技術を搭載した空調服です。リップクロスと呼ばれる素材を利用し、空気漏れを防ぎ、快適な作業が可能。男女兼用のクールなデザインが話題となっています。

「ユニフォームタウン」で、作業服・ファン・バッテリーの3点が、まとめて購入できます。

暑さ対策で仕事効率も大幅アップ!

工場の暑い職場環境のもと、仕事をしていて熱中症になってしまっては元も子もありませんし、作業効率にも大きく影響してきます。

暑さ対策としての冷感グッズなども瞬間的には体が冷えるので効果的ですが、効果持続時間が短いものも多く、工場作業の邪魔になるものも多いのが現状です。

おすすめの暑さ対策として、まずは肌着・下着などのインナーを変えてみることをおすすめします。この際、なるべく汗を吸収してくれるピッタリしたサイズのものや吸収・速乾性の高い素材を選ぶと良いでしょう。

ですが、いくらインナーを通気性・速乾性が優れていても、その上に来ているものが熱を閉じ込めてしまっては意味がありません。

上着そのものを空調にしてしまう「空調服」という発想は、多くの工場や炎天下で働く人達のい強い味方となることでしょう。

これからも、快適な工場ワークを目指していきましょう!