オリジナルTシャツを作る場合、多くの方がデザインにこだわりたいと思うのではないでしょうか。有名人の写真をプリントしたり、好きなキャラクターのイラストをプリントしたりしたい、と思う方もいるでしょう。しかし、その際は、気をつけなくてはならないことがあります。それは、「著作権」と「肖像権」と「パブリシティ権」です。それぞれの権利について、具体例を交えながら詳しくご説明するので、参考にしてみてください。

オリジナルTシャツに写真を利用する際の注意点

オリジナルTシャツに写真やイラストを利用する際は、以下の2つの権利に注意しなくてはいけません。「著作権」と「肖像権」です。

著作権

写真やイラストなどの著作物を利用する場合は、著作権に注意する必要があります。アニメや企業が作ったキャラクター、ブランドロゴなどを無断で利用すると、著作権の侵害に当たるので気をつけましょう。
また、企業だけでなく、一般の方が撮った写真や描いたイラストなども、無断で使用すると著作権の侵害として訴えられる可能性があります。

肖像権

アイドルや芸能人の写真、一般人のどなたかの写真も、肖像権の関係で勝手に利用することができません。これらの写真を利用したオリジナルTシャツを、販売することはもちろんいけませんが、個人で使用する場合も注意が必要です。売ったり配ったりする目的はなくても、肖像権にかかってしまう場合があります。

注意すべき著作権と肖像権について

では、著作権と肖像権とは、いったいどのような権利のことを示すのでしょうか。それぞれの権利について、詳しく見ていきましょう。

著作権とは

自分の頭の中のイメージや、思いを1つの作品として表現した際、それは「著作物」となります。そしてその著作物を作り出した人のことを、「著作者」といいます。その著作者が持っているのが、「著作権」です。
オリジナルTシャツに利用する写真やイラストが、自分の作ったものではない場合、著作者からの利用許可をもらわなくてはいけません。

もし許可を得ずに無断で利用した場合、「著作権の侵害」となり、訴えられると罰則が科せられます。10年以下の懲役、または1,000万以下の罰金を支払うことになるので、注意してください。

また、著作物によっては、著作者の許可なく利用できるものもありますが、その著作物の内容や名前を無断で変えた場合は、「著作人格権の侵害」となってしまうので、編集を加える場合は必ず許可をもらいましょう。こちらも罰則があり、違反した場合は5年以下の懲役、または500万円以下の罰金を支払うことになります。

肖像権とは

肖像権は、人が持っている権利です。誰もが持っているものなので、勝手に他人を写真に撮ったり、絵に描いたりすると、「肖像権の侵害」として訴えられてしまう可能性があるので注意しましょう。肖像権の場合は、法律が存在しているわけではないので、逮捕されたり罰金を支払ったりするということはありません。

しかし、民事裁判で訴えられ、損害賠償を請求されることもあるので、自分以外の人の写真をオリジナルTシャツに利用したい場合は、必ず本人の許可を得てから写真を撮るようにしましょう。

有名人の写真を利用する場合はパブリシティ権に注意

著作権や肖像権の他にも、注意しておきたい権利があります。それは、「パブリシティ権」という権利です。どんな権利なのかご紹介するので、参考にしてみてください。

パブリシティ権とは

パブリシティ権とは、世間に名が広く知られている人が持つ権利です。タレントやスポーツ選手、アーティストなどの有名人は、肖像権の他に、このパブリシティ権を持っています。有名人は、写真や名前だけで多くの人の着目を集めることができるので、その人自体が商品価値を持っており、利益を生み出すことが可能です。この価値を専有する権利を、「パブリシティ権」といいます。

どんな時にパブリシティ権を侵害してしまうのか

パブリシティ権を侵害してしまう可能性のある具体的な行動を、いくつかご紹介します。オリジナルTシャツで有名人の写真を利用しようとお考えの方は、以下の行動を起こしてしまわないように注意しましょう。

【有名人の写真を写真集や雑誌からスキャンした場合】
本人や所属事務所の許可なく、写真集や雑誌から無断でスキャンし、オリジナルTシャツに利用した場合は、パブリシティ権の侵害に当たります。自身のブログや掲示板などに掲載した場合も、権利を侵害したとみなされるので、注意しましょう。利用する際は、必ず本人か所属事務所に相談をしてください。

【売買目的で似顔絵を書いた場合】
有名人の似顔絵を描いて、個人で楽しむ分には問題ありません。しかし、それを有名人の名前とともに商品化したり、販売したりすると、パブリシティ権の侵害につながってしまいます。どうしても自分で描いた似顔絵を利用したいという場合は、本人の許可や、所属事務所の許可をもらうようにしましょう。

【無断で写真を加工し作り替えた場合】
写真を加工すれば、何にでも使えるというわけではありません。アイドルの顔と他の人の体を合成し、加工写真を作っているという方もいますが、それもパブリシティ権の侵害になる恐れがあります。
売買目的でなくても、不特定多数の人が目にする場で利用する際は、その写真が有名人のイメージダウンにつながる可能性があるので、くれぐれも注意してください。オリジナルTシャツも、着用することで不特定多数の人に見られることを知っておきましょう。

法律で罰せられることはあるのか

肖像権と同じように、パブリシティ権も法律が存在している権利ではありません。しかし、訴えられた場合は、損害賠償を払うことになる可能性があります。そのため、オリジナルTシャツに有名人の写真を利用する際も、十分に注意するようにしましょう。利用したいと思うのであれば、必ず本人か所属事務所の許可をもらうことをオススメします。

その他に注意すべきこと

オリジナルTシャツを制作する際は、写真やメッセージ選びにも注意しなくてはいけません。満足のいく仕上がりになるように、これらにも十分にこだわってみましょう。

写真選び

ペットの写真入りTシャツ

「権利侵害になってしまわないか」ということを確認して、写真を選ぶことが最も大切です。自宅で飼っているペットの写真なら問題ありませんが、その他の人の写真を利用する際は注意する必要があります。
そして、解像度にも着目することが大切です。もし、解像度が低い写真を選んだ場合、せっかく作ったのに画質が荒くて何が写っているのかわからない、なんて事態が発生してしまう可能性もあるので注意する必要があるでしょう。少し画質が荒くても、写真によってはオシャレに見える場合がありますが、家族や友人と撮った写真がモザイクのようになり、表情がぼやけて全くわからなくなる場合もあります。ですが、利用したい写真の解像度がわからないという時もあると思いますので、その場合は、オリジナルTシャツ制作を行っている業者の方に直接相談してみてください。

メッセージ選び

メッセージ入りTシャツ

ブランドロゴや文字のイラストにも著作権があるので、オリジナルTシャツにメッセージを入れる場合は、その部分にも注意するようにしましょう。
パロディとして少し形を変えた場合でも、著作者の許可を得ていない場合は、権利を侵害してしまうので利用することができません。もし利用したいロゴや文字の著作者に許可を得ることができない場合は、他の文字の利用を検討してみてください。
例えば、自分でデザインを考えてメッセージを描いたり、オリジナルTシャツ制作業者が取り扱っている文字を利用したりする、という方法があります。
文字のサイズに関しても業者に相談することができるので、理想をしっかりと伝えることができれば、自分好みの特別なオリジナルTシャツを作ることができるでしょう。

オリジナルTシャツに写真を利用する際は権利侵害に気をつけよう

オリジナルTシャツを作成する際、写真やイラストを利用する方もいると思いますが、その場合は「著作権」「肖像権」「パブリシティ権」という3つの権利に着目する必要があります。

著作権は、作品である著作物を作り上げた人が持つ権利で、肖像権は、勝手に写真に撮られない、勝手に絵を描かれないという、人間の誰もが持つ権利です。そしてパブリシティ権は、名前を出すだけで経済的価値を生み出す、タレントやアーティストが持つ特有の権利です。

オリジナルTシャツに写真を利用したいと思った場合、この3つの権利に気をつけて写真を選ぶようにしましょう。これらの権利を侵害してしまった場合、相手が嫌な思いをするのはもちろんのことですが、権利を侵害した側の方にも、重い罰則が科せられてしまいます。このようなことになってしまわないように、利用して良い写真かわからない場合は、その写真を撮った人または写っている本人、有名人なら所属事務所などに確認し、必ず利用許可をもらうようにしましょう。