安全靴の中でも人気の高いブーツタイプ。ここでは最適な安全靴ブーツを選ぶために、参考になる情報をまとめました。

安全規格の違いや、他のタイプとのメリットを比較したうえで、おすすめの安全靴ブーツをランキング形式で紹介します。

安全靴には2つの規格がある

実は安全靴には「JIS規格」と「JSAA規格」という2つの規格があります
最適な安全靴を選ぶために、まずは規格の違いについて紹介します。

規格別の違い

安全靴という名前を正式に使うことができるのは、JIS規格のものだけです。一般的にはJSAA規格の靴も安全靴と呼ばれることが多いのですが、実は違う名称があります。JSAA規格製品の正式名称は、プロテクティブスニーカー(プロスニーカー)もしくはプロテクティブブーツ(プロブーツ)です。

JIS規格とJSAA規格では、使用している素材や耐久テストの基準に違いがあります。JIS規格は、甲被(こうひ)に本皮かゴムのどちらかを使用しなければいけません。それに対して、JSAA規格では人工皮革など、幅広い材料も使用していることが特徴です。

ちなみに素材などの違いからJISの規格には当てはまらないものの、同じ程度の耐久性能を持っている製品もあります。
こうした安全靴は、製品情報に「JIS規格相当」と表示されています。

【参考記事】安全靴を扱うなら必須の知識。「JIS規格」と「JSAA規格」について▽

作業区分の違い

耐久基準に関しては、JIS規格は、重作業用(h種)、普通作業用(S種)、軽作業用(L種)の3つの作業区分があります。それに対して、JSAA規格は普通作業用(A種)、軽作業用(B種)の2種類です。普通作業用のS種とA種、軽作業用のL種とB種は、耐衝撃性や耐圧迫性などの基準では、ほぼ同じ安全性能を持っています。ただし、素材の耐久度が違うため、甲被の破れ・靴底の剥がれなど性能は一部劣る場合があるため、注意が必要です。

ブーツタイプはどちらの規格か

それではブーツタイプの安全靴は、どちらの規格に当てはまるのでしょうか。
実はどちらの規格でもブーツタイプの安全靴は生産されています。合成皮革を使用したJSAA規格が多いのですが、本革を使ったJIS規格のブーツタイプ安全靴も多いのです。

耐久性の高さに関してはJIS規格が上回り、デザインや履き心地に関しては素材が豊富なJASSの方が選びやすくなっています。作業内容の区分や、デザインで選び分けると良いでしょう

タイプごとのメリット比較

次は安全靴の形状ごとに、どのような違いがあるのか紹介します。
革靴、長靴、スニーカーと比較しながら、改めてブーツのメリットを確認してみましょう。

革靴

革靴、一般的なビジネスシーンシューズに近いデザインに仕上げられているものが多く、フォーマルな現場で履いていけることがメリットです
また本革を使用した安全靴は、JIS規格の製品が多く、耐久性に優れたものを選びやすいこともメリットです。

長靴

ゴム製の長靴も、革靴と同様にJIS規格の製品が多いことがメリットです。
耐久性が優れていることはもちろん、防水性やグリップ性にも優れているため、濡れている足場でも安全に作業することができます

スニーカー

プロアクティブスニーカーは、その名前通りにアクティブに動けるように、軽量な素材を使ったものが多いことが特徴です。
そのため、JIS規格の製品と比べると、耐久性に関しては一歩譲りますが、軽く通気性が良いものが多いため、軽作業などの用途に向いています

ブーツ

ブーツタイプは足首まで覆い、ボトムスの裾も中に入れられるので、安全性が高いことがメリットです
また足首が支えられるので、立ち仕事が楽になるというメリットもあります。ブーツは、エンジニアブーツ、ワークブーツなどといったように、作業現場で長く愛用されてきた歴史もあり、ブーツタイプの安全靴も人気が高いタイプです。ジーンズなどにカジュアルな格好にも合わせやすいため、スニーカータイプと同じように軽作業にも向いています

革靴 ・フォーマルな現場でも使用可能
・耐久性がある
長靴 ・耐久性がある
・防水性、グリップ性に優れている
スニーカー ・軽い
・通気性が良い
ブーツ ・安全性が高い
・立ち作業に向いている

ブーツタイプ安全靴のおすすめランキング

次は、いよいよ人気の安全靴ブーツをランキング形式で紹介します。商品の特徴を見ながら、お気に入りの安全靴ブーツを選んでみましょう。

1位 / 85206 ジーベック 安全靴 カジュアルブーツ スチール先芯

ジーベックの安全靴カジュアルブーツ

カラー:全3色(ブラウン、ワイン、ブラック)
サイズ:24.5~29cm
素材:スチール先芯、合成皮革、合成繊維、ラバーソール
特徴:JSAA規格製品には比較的少ない、スチール製の先芯を使用していることが特徴的なブーツです
幅が4Eと広いことが特徴で、足のサイズが大きい方でも違和感なく履きこなすことができます。さらに履き口の形状はクォーターカットで柔らかいクッション素材なので、足首を優しく、そしてしっかりと保護してくれます
紐タイプのブーツですが、サイドにファスナーがついているので着脱が簡単なことも人気の理由です。

2位 / AZ-51650 アイトス/タルテックス セーフティシューズ

アイトスの安全靴タルテックス

カラー:全3色(ホワイト、ブラック、カーキ)
サイズ:24.5~28.0cm
素材:スチール先芯、合成皮革、ナイロンメッシュ、合成ゴム
特徴:JIS規格S級相当のミドルカットシューズタイプです。
アッパーにメッシュ生地を使用しているため、通気性が良く、蒸れにくくなっています。さらにメッシュ生地は、カジュアルなカムフラージュ柄となっているため、作業服だけではなく、カジュアルウェアにも合わせやすいことで人気です。

3位 / 85022 ジーベック 安全中編上靴 樹脂先芯(JIS T8101対応)

ジーベックの安全靴JIS対応ブーツ

カラー:全1色(ブラック)
サイズ:24.0~29cm
素材:樹脂先芯、牛革、ウレタン
特徴:JIS規格対応、牛皮を使用した黒のミッドカットブーツです。
JIS規格品なので強い耐衝撃性能があり、より高い安全性が求められる現場で活躍します。底面には軽量でクッション性に優れたウレタン2層構造を採用しているため、足に掛かる負担も抑えてくれます

【参考記事】レディースにオススメのおしゃれな安全靴はこちらから▽

 

安全靴ブーツの手入れ方法

安全性や機能性も気になりますが、普段の手入れや買い替え時の見極め方も重要です。

ここではブーツタイプの安全靴を手入れする方法を紹介します。

安全靴ブーツの手入れ方法

安全靴の手入れは、汚れ落としクリームの塗り広げ保管の3つの手順を守ることが重要です。
特に本革のブーツは小まめに手入れして、足になじませることが使用感を大きく左右するので、丁寧に手入れしていきましょう。

1.汚れ落とし

紐タイプのブーツの場合は、まず紐を外しておきます。お湯で濡らした布などで汚れをふき取り、干しておきましょう。
次は、靴用ブラシでホコリを払い落とします。普通のブラシで大丈夫ですが、馬毛などの柔らかく、長めの毛を使ったものが最適です。
表面の汚れを落とし終わったら、紐を外したブーツの内側部分をブラシで磨いていきましょう。使い古した歯ブラシなど、細いブラシが使いやすいです。
そして雑菌が繁殖しないように、除菌スプレーで内側も綺麗にします。中敷が取り外せる場合は、取り出して乾かしましょう。

2.クリーム

次にクリームをブーツの表面に塗りつけます。

本革の安全靴ブーツには、乳化クリームを使いましょう。人工皮革の場合や、本革でも汚れがローションクリームを使用します。薄く塗り広げるので、クリームは少量で十分です。固めのブラシやスポンジなどで塗り広げましょう。
ちなみにトレッキングブーツなどのハードで汚れやすい環境で使うブーツは、ミンクオイルを使うことが推奨されていますが、安全靴ブーツにはあまり向いていません。
特にあまり汚れない現場で使うブーツの場合は、油分が過剰になりやすく、湿気が多いとカビが生える原因にもなりやすいので気をつけましょう

3.乾かして保管

最後にしっかりと乾いていることを確認してから、風通しの良い日陰で保管します。
乾かし方が不十分なまま保管していると靴が傷んでしまうので注意しましょう。特に底面がウレタンでできている安全靴は、水分と接触すると加水分解という現象が起こり、ぼろぼろに崩れてしまいます。そのため靴が濡れていたり、湿っていたりする場合は、丸めた新聞紙を詰め、靴の下にも新聞紙を敷き、水気を吸い取ってから保管しましょう。

安全靴ブーツの買い替え時

耐久性の高い安全靴ブーツですが、不完全な状態で履き続けていると事故の原因になってしまう可能性もあります。

買い替えの基準として、まずは外観を見回してみましょう。
甲被の破れなど明らかな故障がある安全靴は買い替えが必要です。
次に靴底を確認してみましょう。模様が見えないほどすり減っていたり、ひびが入ったりしている安全靴は買い替え時です。グリップ力が低下した状態になっているので、普段は十分だと思えても滑りやすい地面を歩くときに転倒してしまう恐れがあります。
また強い衝撃を受けた安全靴は、内部で変形を起こしている可能性があるため、外見上は問題がないように見えても買い替えることが必要です。