作業服は、ハードワークや機械などから体を守るため、機能重視のものが多いのですが、最近はそれらの機能に加えてオシャレで格好良いものデザイン性の高いものが増えています。
また、色も地味な色だけでなく、赤などの派手な色もあり、オシャレさが増しているのです。
さらに、サイズ展開や色々な機能がついたものも多く、作業服もどんどん進化しています。

今回は、時代に合わせて進化を続ける作業服の新作を、詳しく見ていきましょう。

【参考記事】作業着の購入をお考えの方へ!意外と知らない作業服の勘定科目▽

 

扇風機つき!BURTLE「エアークラフトブルゾン」

BURTLE「エアークラフトブルゾン」には、なんと扇風機がついています。

そのため、暑い季節の作業中も快適と評判です。9ボルト対応のバッテリーを使い、9ボルトであれば連続稼働時間は約7時間、7ボルトを利用すれば約9時間の連続稼働時間となっています。
バッテリーとファンは、ダイカストトップメーカーであるリョービが作っているため、品質にも問題がありません。

また、作業中にもバッテリーの操作がしやすいよう、ポケットが二重になっており、ポケット内で操作ができるようになっています。
さらに、首元に隙間を作るため、メッシュの部分をボタンで留めることで、通気性をよくしているのです。
このような工夫があるため、「暑いところでの作業も楽になる」と高く評価されています。
扇風機となる部分は、黒、赤、白の3色展開となっています。
ファンの色を変えるだけでも同じ作業着でも気分転換になり、見た目の印象も大きく変わることでしょう。

ブルゾンは2種類展開となっており、ヘリンボーン柄とポリエステル100%のスタッフジャケットタイプがあります。
ヘリンボーンは4色あり、シルバー、キャメル、ネイサン、インディゴから選択できます。

また、スタッフジャケットタイプは、デューク、ライトキャメル、ブラック、カモフラホワイトの4種類から選ぶことができます。
扇風機がついていて快適なだけではなく、色の種類も多く、デザインにもこだわりがあります。
サイズもSSから5Lまでの展開となっており、大きなサイズがなくて困っている方でも安心です。ちなみに、SSとSサイズはユニセックスのタイプとなっています。

デニム地がクール!EVENRIVER「USD500」

EVENRIVERは鳶や作業をしている人で、「他と同じ服は嫌」、「自分らしさを出したい」という方に支持されているメーカーです。
常務の方もジーンズを履くなど強いこわだりを感じます。他のワークウエアとは違うのですが、服が好きな人が集まった会社であり、素材やデザインには強いこだわりを持っています。
また、見た目だけではなく、仕事をしやすいようにストレッチ素材を使うなど、ワーカーへの配慮もされています。

ワークウエアとして必要な性能以外に、おしゃれさを追求しているのがEVENRIVERです。
USDシリーズはストレッチデニムでできており、見た目はおしゃれなジージャンにしか見えず、私服で着ても良いくらいのデザインです。
実際にはジージャンではなく、素材はストレッチ素材でできているため、動きやすさが損なわれることはありません。
動きやすく、おしゃれさを追求したブルゾンです。また、立体感があるため、スタイリッシュなイメージを与えます。
インディゴと色落ちが古着のようなおしゃれ感を出しています。見た目がオシャレで、実際に着ると作業しやすいというブルゾンで、まさに時代に合わせて進化していることが分かるブルゾンです。

【参考記事】作業着のおしゃれと同じくらい作業着がもともと持つ意味も気にしたいですね!▽

 

「スタイリッシュさにこだわり!TSDESIGN「KNICKER’S」

最近の作業服全体的に言えることなのですが、私服で着てもオシャレなものが多いのです。
軽くて動きやすく、見た目のスタイリッシュなものが多いので、実際に私服で作業服を着る人もいます。
TS DESIGNの作業服は、まさに名前の通りデザインにこだわったものが多く、また撥水性も高くなっています。

もちろん、軽くて動きやすいなどの機能もしっかりと備わっています。TSDESIGNのKNICKER’Sのカーゴパンツは、見た目はおしゃれな古着のようで、ストレッチ素材で動きやすく、動きやすくなっています。
激しい動きをしても形が崩れることはなく、疲れにくい素材です。
サイズもSから6Lまで揃っており、体格の大きな人でも心配はありません

作業用なので、ひざや腰、またヒップの部分も補強しているのでハードワークをしても耐えられるようになっています。
ポケットが多くスマートフォンやボールペンなどを入れておくことができるので、作業に支障がでることはありません。

「清涼感のある麻ストレッチ Jawin「56600シリーズ」

Jawinは、株式会社自重堂が運営する作業服メーカーであり、かつては元近鉄の西本監督や元阪急の山田党首を雑誌広告に起用し、現在は元阪神、メジャーリーガー、日本ハムの新庄剛志さんがイメージキャラクターとなっています。
新庄さんといえば、派手なアクションとオシャレな服で有名なのですが、Jawinはこれまでの作業服のイメージとは異なるデザインのものが多くなっています。

56600シリーズは、私服としても着ることができるようなおしゃれなイメージだけではなく、麻を使うことにより、通気性がよく、ハードワークや洗濯をしても型崩れをすることがありません。
また、ストレッチ素材を使っているため、動きやすくなっています。オシャレにこだわるJawinらしく、抗菌や消臭機能があり通気性もよいため、長時間のハードワークで汗をかいていても、嫌な匂いになることはありません。

色はネービー、アイボリー、シルバーグレー、チャコールグレーがあり、それぞれ雰囲気が違います。
シーズンは麻を使っているため、春夏用となり暑い中で重労働をする必要がある方向けの商品となります。
スリムシルエットなデザインとなっており、すっきりと見えるため、私服でも着てもおかしくないブルゾンです。シリーズと同じ色でカーゴパンツや長袖シャツ、冬用のジャンパーなどもあるため、上手く合わせて着こなしてもよいでしょう。

また、会社名などの刺繍や安全マークをつけることもできます。ボタンやファスナーにもJawinのロゴが入っており、小さな部分にもJawinのこだわりを感じる製品です。
サイズはSから5Lまで揃っているため、身長の低い方や、体格の良い方でも心配することはありません
ただし、サイズによって価格が違うので注意が必要となります。
春のWEBプレゼントキャンペーンやなど、キャンペーンが多いことでも知られているので、購入前にホームページを確認してみるとよいでしょう。

また、Jawinが協賛しているTEAM JAWINという格闘技団体のがあるのですが、このTEAM JAWINが参加するK-1 WGP公式グッズやパンフレットなどが当たるキャンペーンも行っています。
詳しく知りたい方は、ホームページの他公式TwitterやFacebookを登録するとよいでしょう

新たな機能性を搭載した作業着を楽しもう

最近の作業着は、ハードワークをしても動きやすく耐久性があること、両手をあけるためペンなどをいれるポケットが多いことなど、多くの機能が備えられています。
また、私服で着てもオシャレなブルゾンなど、それだけを見たら作業服に見えないものが多くあるのです。

実際に私服として着るために、作業着を買う人もいらっしゃいます。
工場や整備場などハードワークが必要な場所で着る事が多くなるでしょうが、おしゃれな作業着を着て気分をあげるのも良いでしょう。
それだけでなく、女性が着ても可愛いデザインのものや、ピンクや黄色など女性らしい色使いのものも多くなっています。

メーカーによっては、女性用のデザインを提供しているところもあるほどです。このように、作業服は時代とともに進化しているのです。
最近は、有名なモデルなどがイメージキャラクターになることで、「作業服でもオシャレができる」と認知されつつあります。

ぜひ、時代とともに進化を続ける作業服の新作を取り入れてみてはいかがでしょうか。

【参考記事】作業着のご購入をお考えの方へ!購入の際に気になる裾上げについて!▽