訪問取材 東京大学さま

作業服を依頼した経緯とその効果について
「研究室で実験や作業に着用する作業服を探していました」
今回お話をお聞きしたのは、東京大学大学院システム創成学専攻、高橋研究室の一員である大学職員の太田瑞様。

研究室で、実験や作業を行う時に着用される作業服を発注されました。

若い学生たちの意見も取り入れて、ハイセンスなデザインと色を選ばれたいきさつとは……?
●1、クルマの未来を担う、若き才能たちを支える作業服
炭素繊維をクルマに使うための研究をしています
私たち「高橋研究室」では、高橋淳教授のもと自動車の軽量化を目指し、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)という新素材についての研究をしています。

学生だけではなく、大手自動車メーカーの研究者たちと一緒に、共同で研究を進めているんですよ。

炭素繊維は近年、軽量かつ強靭な素材として注目を集めていて、鉄に代わってクルマのボディの主素材となることで省エネに大きく貢献できると期待が寄せられています。

現在はまだ、炭素繊維は一部の高級車にのみ使われている高価な素材ですが、もっとリーズナブルに、かつ効率よく生産できるよう、私たちが日々に研究を重ねているというわけなんです。
実験には作業服が欠かせません!
炭素繊維は髪の毛よりもはるかに細いもので、しかも真っ黒ですから、服の中に入り込みやすく洗濯しても落ちにくいというやっかいな素材です。

そのため作業服は研究に欠かせないもの。

大学の安全基準を守るためにも、実験室で作業をする時には必ず作業服を着用しています。
●2、あの「新庄選手」がランドマークに発注するきっかけ!?
その辺のおじさんが着てるような作業服はダサい…
以前から私の前任者が用意した作業服はあったんですが、その辺のおじさんが着ているような(笑)いかにも「作業着」という感じでした。

毎年、新入生が入ってくるといつもお世話になっている老舗の作業服メーカーに追加で発注するという流れでしたが、今回は新入生が多かったので思い切って刷新してみようかと思いまして。

私は高橋研究室の一員であり、総務や雑用などもやっている、いわば「何でも屋さん」のような立場なので、新しい作業服の制作も担当することになりました。
「あっ!新庄だ!」と、ランドマークさんのサイトを発見
とりあえずインターネットで作業服のメーカーを探し始めたところ、一緒に検索してくれていたスタッフが

「あっ!新庄だ!」と(笑)。

ランドマークさんのサイトで、元プロ野球選手の新庄剛志さんがモデルをしている「かっこいい作業服」の特集を見つけたんですね。

研究室の学生たちも男子が多いですから、みんな野球好きで、

「新庄かっこいいな~」

なんて言って、身近に感じてくれたようです。
若い人向けの作業服は確かにかっこいい!
一般的な作業服は誰にでも合うようにダボっとしていていますが、新庄さんがモデルのかっこいい作業服特集は体にぴったりなジャストサイズで確かにかっこいい。

こういうおしゃれな作業服もあるのか、と新鮮に感じましたね。

私たちの研究室では、作業服は学生だけではなく企業の研究者も着るものですが、学生の方が圧倒的に多いので、どうせ新調するなら若い人の感覚に合うデザインがいいんじゃないかと考えました。

それがきっかけで、ランドマークさんのサイトから新しい作業服のデザインを選ぶことに決めたんです。
●3、選びやすくてビックリ! 学生たちのファッションショー!?
見やすく探しやすいサイトがGOOD!
ランドマークさんのサイトを見ていくと、まず最初に、30万点もの作業服やユニフォーム類が掲載されていることにびっくりしました。

作業服だけで見ても、「デザインも色もこんなにあるんだ!」と、目からウロコが落ちる思いでしたね。

これだけたくさんの商品があるのに、サイトは見やすくて、目的の商品が探しやすい工夫がされていると感じました。とても好感が持てましたよ!

※「かっこいい作業服」の特集ページ。
カタログとサンプルでしっかり吟味しました
まず、サイトの「カタログ申し込み」フォームから、いい商品が載っていそうなカタログを取り寄せました。

送料まで無料だったのがうれしかったですね。

それから、気になる商品を「サンプル貸出サービス」を利用して送ってもらいました。

サンプルは一度に10点までOKだったので、ジャケットとパンツをデザイン違い、色違い、さまざまなサイズでちょうど10点をセレクト。

実物の商品を見て、試着で素材や着心地まで確かめられました。

貸し出し期間が1ヶ月と長かったので、ゆっくり検討できたのも良かったですね。
ロゴが映える、おしゃれで新鮮な色味に決まり!
サンプルを実際に学生に着てもらい、ファッションショーのようにポーズをとったりして(笑)。

みんなで意見を出し合って、多数決でついに、マーベリック色のジャケットとカーゴパンツに決定しました。

ほかにも無難なダークカラーがあったんですが、ダークカラーだとロゴが映えないこともあって、みんなが口をそろえて「こっちの方がいい!」と。

渋みがかったオレンジのようなマーベリックに、グレーとピンクのロゴが際立って、おしゃれで新鮮な色合いの作業服になりました。
●4、ロゴも刺繍もバッチリ。プロに相談して良かった!
ショールームに足を運んでロゴの入れ方を相談
ランドマークさんのショールームが、大学のわりと近くにあることがわかったので、ロゴの位置や入れ方を相談するために足を運んでみました。

発注するデザインと色とサイズは決まったものの、ロゴに関してはまったくの素人なもので、ぜひプロの意見を聞きたいと思ったんです。

担当の方は親身になって相談にのってくれ、ロゴは背中に大きく入れることにしました。

CF INNOVATION」のロゴは、 高橋研究室のトレードマーク。

カーボンファイバー(炭素繊維)で革命を起こそう!」というメッセージがこめられています。
はじめての刺繍は高級感があって素敵!
また、担当者と相談の上、左胸には白い糸で「Takahashi Lab(高橋研究室)」の刺繍を入れることに決定。

これまでの作業服はロゴだけだったので、刺繍を入れたのははじめてでしたが、高級感があって素敵ですね。作業服自体が格安だったので、ちょっとした贅沢として刺繍を加えることができたのも高ポイントです。
顔を合わせることができて安心しました
ロゴや刺繍のほかにも、サイトからの注文の仕方を教えてもらい、夏用の作業服のサンプルも見せてもらうことができました。

昔ながらの習慣がしみついているのでしょうか、やはり顔を合わせて話せた方が安心できますよね。足を運んで良かったと思います。

発注や配送の際に、担当の方からメールで連絡が来るのも安心感アップにつながりました。私は自分のデスクにいないことが多いので、電話よりもメールでの連絡は便利で助かりましたね。
●5、着心地上々、校内でも高評価の作業着が完成!
発注通りの出来栄えに大満足!
実際にロゴと刺繍が入ったオリジナルの作業服が納品された時には感動しました!普段着としても着られそうなくらい、作業服のイメージが一新するかっこよさですね。他の研究室はグレーやベージュで似たようなデザインばかりですが、これはなかなかない色。

企業と共同研究をしていると作業の参加人数が多い日もありますが、この作業服を着ていれば、ひと目で「うちの研究室の仲間だ」とわかります。みんなで集まってひとつの実験をするような研究ではなく、一人ひとりが独立して黙々と作業をすることが多いのが私たちの研究室の特徴ですが、目指す目的はみんな同じ。

視覚的に一体感があるのは、チームワークアップにも一役買っていると思いますよ。
どんな体格でも、意外にみんな似合ってる!
研究室のメンバーは、学生だけでも25、6人。身長も体型もまちまちですが、意外にも(笑)みんなそれぞれ似合っていると思います。女性が3人含まれていますが、同じ商品でもSとSSは、男性用の小さいサイズではなく女性用につくられているんですね。女性のボディラインにぴったり合うシルエットだから、とてもかっこいいですよ。

スタイルよく見えるし、誰もがきれいに着こなせるのは最高!ほかの研究室の学生から「ぼくも欲しい!」と言われました(笑)。
着心地が良く、作業がはかどりそう
実際にこれを着て作業をしている学生に聞くと、丈夫な素材なので固そうな印象があったけど、動きを邪魔されることはなく着心地がいいそうです。余計なダブつきがなくて体の動きにフィットするから、作業効率も上がるかもしれませんね(笑)。
●6、「とにかく試着」が作業服の制作大成功のポイント
「サンプル貸出サービス」をどんどん利用してほしい
今から作業服やユニフォームをつくろうとしている企業や団体の担当者さんは、「とにかく試着」を心がけることをおすすめします。サイトやカタログで見るのはモデルさんや新庄選手のような有名人で、私たちのような一般人が着ると全然イメージが違うもの。ショールームサンプルで、実際の商品を着てみることが一番のポイントです。

今回、私たちの研究室でつくった作業服も、とっつきにくそうに見えて、意外にもどんな体型の人にでも着こなせることがわかったり、上下合わせると派手すぎる気がしたけど、実はなじみが良かったり、今風のフィットするデザインなのに動きにくさがないことがわかったりと、着てみてはじめて明らかになることがたくさんありました。

さまざまな体格の人何人かで試着してみるといいですね。日本全国どこにいてもサンプルを届けてもらえるサービスは便利でありがたい限りです。みなさんどんどん利用してほしいですね。
●7、最後に「ランドマークさんには本当に感謝!」
ランドマークさんには本当に感謝!
今回の作業服制作は本当に納得のいくものになりました。ランドマークさんには本当に感謝しています。機会があったら、また次回もぜひ利用したいですね。

ひとつ欲をいえば、見積もりや請求に関して、大学の基準に合わせてもらえたらもっと楽だったと思います。今後、検討していただければありがたいですね。
注文概要
商品ジャンル 作業服
エリア 東京都
人数 約30名
団体名 東京大学大学院
加工内容 左胸…刺繍
背中……プリント
金額1枚あたり 商品代金コミコミで約4000円(商品だけ、約3000円)

(1) 注文の種類
(2) ご注文日
(3) お届け先

お届け予定日

頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について 送料・代引手数料について お支払い方法 納期・お届けについて サンプル貸出(無料)について 返品・交換について

最終更新日: 2018年1月23日 (火)8時48分  ユニフォームタウンでは、独自の在庫連携システムにより、リアルタイムの在庫数を随時更新しています。

東京大学さま通販のページトップに戻る