訪問取材 有限会社アレックスさま

ユニフォーム制作を担当された、有限会社アレックス 代表取締役社長 山口達司様
東京都大田区にある有限会社アレックスは、丁寧な仕事に定評のある外壁塗装サービス会社です。創業から塗装一筋、100年近くの歴史を誇り、現在の社長は3代目。ランドマークでは職人やスタッフの方々が着用する防寒ジャンパーなどを制作いただいています。ユニフォーム制作の経緯や、地域に密着した塗装業の考え方、こだわりを代表取締役社長の山口達司様にお聞きしました。
親子3代、今も昔も丁寧な塗装で地元の家を守っています
下請けからコツコツと成長。さらにお客様のご要望に応えられるように
私たち有限会社アレックスの元をたどると、創業は1919年ごろ。塗装職人だった祖父が独立して、品川区にある立会川のあたりに塗装店を出したのが始まりだと聞いています。その後でこちらの大田区南馬込に移ってきました。祖父、父、私と親子3代で、近隣の住宅を中心に、屋根や外壁の塗装サービスを行っています。私はこの地で生まれ、ペンキの匂いの中で育ちました。刷毛やローラーは子ども時代の私の遊び道具。塗装は私にとって、いつもすぐそばにある存在でした。18歳で塗装工の見習いになり、25歳で父の会社を継承。それまでは下請け工事をメインに行っていましたが、私の代からはお客様から直接オーダーをいただくようになり、今に至ります。

通常、外壁塗装を含むリフォームというのは、家を建てた時の住宅メーカーが、10年、20年後になってもメンテナンスを請け負うというのが一般的です。住宅メーカーは、塗装や水回りなどを担当する下請け業者にそれぞれの作業を分配していくんですね。下請けの工事料に何%かを上乗せして、住宅メーカーからお客様にお見積りを出すわけですが、そのためどうしても金額が上がる。お客様はなるべく費用を節約しようと考えますから、必然的に施工にかけられる予算が少なくなります。

お客様からいただいた大切な費用をしっかりと施工に反映したいという想いから、当社は下請けから元請けに転換しようと考えました。塗装の専門家としての知識をふんだんに生かし、最適なご提案ができることにやりがいを感じています。
会社を切り盛りする山口様ご夫婦。生まれ育った地元で地域の家を守っている
10年後に「またお願いね」と頼られる塗装屋を目指して
外壁の塗り直しは見た目がキレイになることはもちろん、耐久性をアップさせたり、断熱・遮熱効果のある塗料で光熱費を節約できるようにしたりと、ニーズに合わせたご提案ができるのが特長です。ご相談を受けたら、まずは「外装劣化診断士」の資格を持ったスタッフがおうかがいします。「外装劣化調査診断士」とは、外装の調査や劣化状態の診断を行うエキスパートで、補修や改修の提案をするアドバイザーの資格のこと。この有資格者がしっかりと診断を行い、劣化状況をビデオで記録してお客様にお見せすることで、正確な状況を把握していただくことができるんですよ。その上で、耐久年数や費用、汚れやひび割れに対する強さといった機能などをじっくりと検討して選べるよう、4、5種類のプランを提案するようにしています。

お客様から「そんなプランがあるのね!」と驚かれることもありますが、このような一歩踏み込んだご提案や施工ができるのは元請けならでは。そこにとてもやりがいを感じています。地域密着企業はやはり信頼が大切です。施工したお客様から10年後にまたお声がけいただくことを目標に、これからも地道に、丁寧に対応していきます。
全国の優良施工会社をネットワーク化した「プロタイムズ」にフランチャイズ加盟
通勤用に防寒ブルゾン、打ち合わせ用に新庄モデルのジャンパーを制作
風を通さず暖かい防寒ブルゾンは、職人に好評
ランドマークさんで最初に作ったのは防寒ブルゾン。これは通勤や移動の際に着用するためのものです。職人は現場に到着するまではこれを着用して、作業の際には個々が用意した作業着に着替えています。施工が終わったら作業着の上にさっと羽織って帰るというわけです。作業着はどうしてもすぐにペンキで汚れてしまいますが、移動の際にこのブルゾンを羽織ればだらしなく見えることはないので、職人にも好評なんですよ。外を歩く時に着るものなので、あまり目立ち過ぎないよう、「プロタイムズ」の英字ロゴを胸に小さめに入れました。このブルゾンはものすごく暖かくて、冬でも気温がそれほど低くない日には汗だくになってしまうほどです(笑)。
最初は型代がかからない「マジックプリント」でロゴを印刷
2度目の製作時からロゴの縁取りがなくスッキリとした「シルクプリント」に変更
ジャンパーを羽織ると、気持ちが仕事モードに切り替わる
そしてこちらが、元プロ野球選手の新庄さんがモデルに起用されていたジャンパーです。私たち夫婦が中心になってお客様との打ち合わせを行っていますが、そんな時にもきちんとした感じが出るので、勤務中は大体これを着ていますね。デザインに赤が入ったものが私の好みで、探しているうちにこのジャンパーに行き着きました。妻とは四六時中一緒にいるわけですが、これを着るとお互いに仕事モードに切り替えることができます。生地も製法もすごくしっかりしていて、何度も洗濯しているのに、この通りきちっとしていて全然くたびれません。
こちらは腕にシルクプリントで「プロタイムズ」の英字ロゴを印刷
ユニフォームに求める条件を全てクリアしてくれたのがランドマークさん
単純な作業着ではなく、デザイン性の高いユニフォームが見つかる
ユニフォームを作るにあたっては、他のユニフォーム屋さんのカタログなども取り寄せて、複数候補の中からランドマークさんを選びました。単純に“作業に着る服”ならどこでも取り扱っていますが、おしゃれさやユニークさのあるユニフォームなら断然ランドマークさんでしょう。デザインの種類がとにかく豊富で、他と比べても圧倒的でした。たくさんの中から選ぶのは大変だけど、楽しいですよね。また、ロゴの印刷ができることが私たちの基準のひとつだったのですが、それもランドマークさんはクリアしています。プリント型を作ってもらったので、次からの発注も楽ですね。当社のように継続してユニフォームをオーダーする業種にとって、発注に時間をとられないというのは大きなメリットなのではないでしょうか。
色違いのサンプルを取り寄せ、サイズや色をしっかり確認
メーカーさんによってサイズ感が違うだろうと思い、実際に着てみようとサンプルを取り寄せました。実は色も黒とネイビーで迷っていたんですが、実物を見比べてみたら、ネイビーの方がいいと即決。やはりパソコンの画面で見た感じから想像するより、実際に目で見て、触ってみて、着てみる方が確実です。迷った時にはサンプルを数種類取り寄せるといいですね。あれだけのデザインがあれば希望に沿ったものが見つかりますし、「思ったものと違った」という新たな発見があるかもしれません。サンプルは運賃がかかりますが、それ以上の価値がありますね。
山口様ご夫婦「ご提案のわかりやすさに自身あり!いつでも頼れる町の塗装屋さんであり続けます」
注文概要
商品ジャンル 作業服
購入商品 商品番号: 56-52300 自重堂JAWIN ジャンパー(新庄モデル)
エリア 東京都
人数 5名
団体名 有限会社アレックス http://alex-toso.jp/company/index.html
加工内容 作業服: シルクプリント(右袖・衿下)
1着あたり 作業服: 約6,000円


納期シミュレーション いつ届くの?という疑問が、3ステップでわかります!
電話注文できます!見積り、お問い合わせは無料!フリーダイヤル0120-115-116
ご注文のやりとりからお届けまでの流れ
右へ
(1) 注文の種類矢印
(2) ご注文日 矢印
(3) お届け先 矢印

お届け予定日

0 0
0 0
頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

お届け予定日を計算中です
お届け予定日を計算中です...
にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について ご注文は24時間受け付けております。 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について 10,000円以上のご注文で代引き手数料と送料を無料サービスいたします お支払い方法 お支払い方法は、代金引換、銀行振込(前払い)、クレジットカード、後払いよりお選びいただけます 納期・お届けについて お届け納期について サンプル貸出(無料)について サンプル貸出の点数の期間について 返品・交換について 商品の返品は8日以内に返送ください
ご注文実況中継

最終更新日: 2018年8月19日 (日)22時13分  ユニフォームタウンでは、独自の在庫連携システムにより、リアルタイムの在庫数を随時更新しています。