訪問取材 すまいる蓮沼訪問介護さま

左から、特定非営利活動法人大田区NPOセンター「すまいる蓮沼」 サービス提供責任者(介護福祉士) 越坂美穂様、加藤直美様、結松寿子様
東京都大田区にある、特定非営利活動法人大田区NPOセンター「すまいる蓮沼」。デイサービス、ケアマネジメント、訪問介護をトータルで手がける、地域にとって頼りになる存在の施設です。今回、介護ヘルパーの方たちが中心となって着用するユニフォームとして、ロゴイラスト入りのポロシャツを制作。サービス提供責任者であり、介護福祉士の越坂美穂様、結松寿子様、加藤直美様に、業務内容とユニフォーム制作の感想をお聞きしました。
デイサービス、ケアマネジメント、訪問介護を3つの柱に
日帰りで楽しみながら機能訓練を行うデイサービス
「すまいる蓮沼」は2002年に創業した介護施設で、現在、約35名のスタッフが在籍しています。通所介護施設(デイサービス)、居宅介護支援(ケアマネジメント)、訪問介護(介護ヘルパー派遣)の3つの形態で、ご高齢の方たちのサポートを行っているんですよ。

1階と2階でデイサービスを行っていて、介護認定を受けた利用者様が、日帰りで施設に通いながら機能訓練や日常生活訓練にはげむフロア。引きこもりがちなご高齢の方が外出して社会的交流を図ることができ、家族の介護負担の軽減にも一役買っています。
デイサービスフロアは手作りの小物にあふれたアットホームなスペース
2階のお風呂へは昇降機で安全に移動が可能
自宅で自立した生活を送る支援を行うケアマネジメント
ケアマネジメントは、利用者様が自宅で自立した生活を送ることができるよう、ケアマネジャーが、個々の状況や環境に応じた介護サービスを受けるためのケアプランを作成する業務です。当施設の3階を介護支援事業所として、介護認定の申請手続き、介護サービスの計画書作成、提供の支援などを行っています。訪問介護で行う介護の内容についても、ケアプランに基づいて提供しているんですよ。
結松様「当施設はデイサービス、ケアマネジメント、訪問介護の順に業務を広げていきました」
利用者様の自宅に伺ってサポートする訪問介護
そして私たち、介護福祉士やヘルパーが利用者様のお宅に伺って、掃除や洗濯、調理などの日常的な家事を提供する「生活援助」、食事や入浴、排泄、歩行などの介助を行う「身体介護」を提供するのが訪問介護です。介護ヘルパーたちは社員とパートを合わせて約20名。訪問介護には規定があり、決められた時間内にできる限りのサポートを行う形ですが、私たちは事業所ならではの利用者様に寄り添った介護ができるよう、常に心掛けています。

見ず知らずの他人が自分の家に入るのですから、最初は戸惑う利用者様が多いもの。日中はご家族がいないお宅もあるので、人生の大先輩と1対1で接することもあります。その点、最初は大変だと思うこともありますが、だんだん慣れてくると利用者様のほうから「自分はこんな仕事をしていたんだよ」などと、経歴や思い出を話してくれるようになったりして……。仲良くなれた瞬間、気持ちが通じた瞬間には、とてもやりがいを感じますね。
越坂様「利用者様が一人でできることが増えたり、元気に明るくなったり、ということが私たちの一番の喜びなんですよ」
訪問介護スタッフのニーズを受けてユニフォームを制作
以前は毎日の服選びに気を遣っていました
当施設がユニフォームを制作したのはこれが初めてなんです。以前は私服で仕事をしていたので、毎日着るものに気を遣っていました。汚れてもいいと思える服でなければダメだし、かと言ってボロボロヨレヨレの格好では利用者様のお宅に上がるのにふさわしくありません。重労働も多いので動きやすくなければならないし、トップスも丈が短かくて背中が出たり、胸元が開いていたりするのもダメ。着るものに悩むことが多かったんですよ。訪問介護スタッフからのニーズと、施設側からも利用者様にもっと親しみを持ってもらいたいという宣伝効果を狙ったこともあり、今回、ロゴイラスト入りのユニフォームを制作することになりました。

一番最初はインターネットで、「ユニフォーム」で検索。ユニフォームタウンのサイトがヒットしたので見てみると、介護に適したポロシャツだけでもたくさんあって、とても選びがいがありましたね。裾にラインが入ったこちらのドライポロシャツのデザインが気に入り、サンプルを借りられることがすぐにわかったのでさっそく注文。色は実物を見て決めようと、ネイビー、サックス、ピンク、ライトピンク、ターコイズの5色をさまざまなサイズで取り寄せました。
動いても背中が見えないような丈など、ユニフォームには条件がたくさん
肌触りの良さに感動!清潔感があって派手すぎないネイビーに
ランドマークさん以外にも何社かサイトを見て比べようと思ったら、サンプルを借りられるところがあまりありませんでした。やっと見つけたある会社ではサンプルを注文できましたが、ほしい色の商品の在庫がないという状況。その点、各色、各サイズの在庫までサイト上でひと目でわかるのは、ランドマークさんの気遣いだと思いました。サイトも見やすくてきれいで、とてもいいですね。

届いたサンプルは、みんなで試着してみましたが、まずは肌触りの良さに感動!デザインもスポーティーでかっこいいし、ラインが入っているのがアクセントになってピシッと引き締まる感じです。当施設のスタッフは男性、女性がいて、年齢層も幅広く、体型もさまざまですが、意外にみんなそれなりに似合っていました(笑)。色については、介護関係はピンクや水色などの淡い色のユニフォームが多いですが、ウチはあえてネイビーをチョイス。きちんと感と清潔感があって、仕事柄、暗い席に立ち会うこともあるので、派手すぎないのも選んだ理由のひとつです。汚れが目立たないのもいいですね。
加藤様「サンプルをしっかり比較して、素材や色を確かめるのがおすすめです」
みんなに「かわいいね~」と言われる自慢の1着が完成
ロゴイラストは大きすぎた?でも結果オーライ!
このロゴイラストはもともと、協賛団体である東京土建一般労働組合・大田支部のものなんです。一般公募で選ばれたイラストで、魚のハゼがモチーフの「ゴビー」くんというキャラクター。納品された時には「ちょっとプリントが大きすぎたかなぁ?」なんて思ったんですが、ご高齢の方にも覚えてもらいやすいので、結果、良かったかなと(笑)。利用者様の反応はかなりいいです!みなさん、「かわいいね~」と言ってくださるんですよ。そのまま洗濯機に入れて丸洗いしていますが、プリントがひび割れることもなくて感動しました。
ハゼをモチーフにしたかわいらしいロゴイラストを左袖に
着心地はまさに最高!仕事がしやすくなりました!
スタッフの反応は全員共通で、着心地はまさに最高です(笑)!力仕事が多いですが、夏の暑い時季に汗をかいてもサラッとしていて、肌触りがいいまま。1人あたり2~3枚持っていますが、洗濯してもすぐに乾くので、洗い替えに不自由したことはありません。私服の時と比べたらどれだけ仕事がしやすくなったか……。本当にユニフォームを作って良かったですね。精神的にも、「すまいる蓮沼」の看板を背負っているという気持ちで、責任感が増したように思います。
「いつも明るくてスタッフ同士仲がいいのが自慢。ヘルパーさんの募集もしています!」
注文概要
商品ジャンル ポロシャツ
購入商品 商品番号:36-MS3117 裾ラインリブポロシャツ
エリア 東京都
人数 20名
団体名 すまいる蓮沼訪問介護
加工内容 ポロシャツ シルクプリント(左袖)
価格 1着あたり
(商品代)
ポロシャツ 約2,500円


納期シミュレーション いつ届くの?という疑問が、3ステップでわかります!
電話注文できます!見積り、お問い合わせは無料!フリーダイヤル0120-115-116
ご注文のやりとりからお届けまでの流れ
右へ
(1) 注文の種類矢印
(2) ご注文日 矢印
(3) お届け先 矢印

お届け予定日

0 0
0 0
頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

お届け予定日を計算中です
お届け予定日を計算中です...
にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について ご注文は24時間受け付けております。 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について 10,000円以上のご注文で代引き手数料と送料を無料サービスいたします お支払い方法 お支払い方法は、代金引換、銀行振込(前払い)、クレジットカード、後払いよりお選びいただけます 納期・お届けについて お届け納期について サンプル貸出(無料)について サンプル貸出の点数の期間について 返品・交換について 商品の返品は8日以内に返送ください
ご注文実況中継

最終更新日: 2019年1月22日 (火)17時54分  ユニフォームタウンでは、独自の在庫連携システムにより、リアルタイムの在庫数を随時更新しています。

ページ
TOPへ

ページTOPへ

購入
手続きへ

購入手続きへ