訪問取材 ウインズさま

作ってみると、なくてはならない存在に!気が引き締まるユニフォーム
左から、株式会社ウインズ 所長 浅井良介様、副所長 福森政美様
関東圏を主な営業地域とし、大手運送会社から依頼を受けてさまざまな荷物を運ぶ株式会社ウインズ。今回は墨田区にある東京営業所におじゃましました。ランドマークで制作された防寒ジャケットとポロシャツは、こちらの営業所が独自に、ユニフォームとして全従業員に支給しているもの。ユニフォームを制作する以前には、それぞれが思い思いの服装で業務にあたられていたそうです。ユニフォームを作られた経緯や事業内容について、所長の浅井良介様、副所長の福森政美様にお話をお聞きしました。
企業間の物流を結ぶ、BtoBの運送事業
医療品や食品など、企業から企業へあらゆる荷物を運んでいます
株式会社ウインズは、「一般自動車運送事業」を担う運送サービスの会社です。「一般自動車運送事業」というのは、文字通り一般的な貨物を運ぶことで、「トラック運送業」とか「運送業」といった呼び方の方が馴染みがあるかもしれません。医療品や食品など、人以外ならあらゆる種類を運んでいます。宅配業者のように一般の個人のお宅へうかがうものではなく、企業と企業の間の物流を支えているので、一般の方はあまり出会わない業種かもしれませんね。企業単位の荷物を一手に担っているので、一つ一つの荷物はかなり大きなサイズなんですよ。錦糸町に本社があって、ここは東京営業所です。見たとおりこぢんまりとした事務所ですが(笑)、最初は少ない従業員でスタートしたこの営業所も、現在では従業員が30名近くに増えました。
2tから4t、積載量を増やした増トン車など、ニーズに合わせた車両のラインナップ
従業員のモチベーションアップの表彰や、親交を深めるコンテストも
他の運送会社さんもされていることですが、従業員のモチベーションアップのために、社員の無事故表彰や永年勤続表彰を定期的に行っています。会社全体でみると無事故率は7割。深刻な事故はこれまでに一度もありません。また、ちょっと珍しいところでは「みんなのひろば」という社内の掲示板を設けているんですよ。従業員だけが閲覧できて、他の営業所も含めた情報共有の場になっています。

この前、「みんなのひろば」で写真コンテストをしたんです。たまたま見つけた風景や、お子さん、お孫さん、ペットの写真などを従業員がアップして、全営業所の従業員で人気投票を行いました。イベント好きな従業員が率先して、そんなこともやっています(笑)。他の事業所と日常的なコミュニケーションをとる機会が少ないので、こういう場があるとつながりを感じますね。そういう運送会社はあまりないんじゃないでしょうか。
写真コンテストなど、従業員同士の交流も盛ん。デスクトップには愛犬の写真が!
ロゴを控えめにして、普段着にも使えるユニフォームに!
寒空に耐える暖かさで、長時間の屋外作業もはかどる
ランドマークさんでユニフォームを作るまでは各自で好きな服装をしていたのですが、従業員が増えてきたのでしっかりていかなくては、ということで制作に踏み切りました。ランドマークさんのことは、インターネットで「ユニフォーム」を検索した時に、上位に表示されていたのを見つけたんです。初めてランドマークさんで作ったのは、今着ているジャケットより薄めのタイプ。その後、真冬向けに、この厚手の防寒ジャケットを新調しました。私たちの仕事は基本的に外の作業です。屋外でじっと待機していることが多いので、これはすごく暖かくて助かっています!しっかりとした厚手の生地に加えて、背面にマイクロフリースが入っているので、暖かさを逃がさない感じ。冷たい風を受けても大丈夫です。

最初に考えていた色は、締まって見えるブラックかネイビー。一緒に現場にいる他社さんがネイビーだったので、被るのを避けて黒にしました。ロゴは黒地に映えるよう白に。シルクプリントではなく刺繍のロゴにしたのは、仕事上荷物と衣類がこすれることが多いので、はがれない丈夫さが必要だったからです。最初、会社名かロゴをローマ字で背中に大きく入れてみようという案もありました。試しにロゴをコピー用紙にプリントして、サンプルの背中に貼り付けてみたんですが、何か違うなと。背中にドーンと社名があると、ちょっと出歩きにくいですしね。

それで、最終的に胸元に小さく会社名「WINS」と、東京営業所なので「tokyo-branch」の文字を入れることで決定しました。届いたジャケットはイメージ通りの仕上がりでしたね。あまり目立ちすぎず、かといって控えめでもなく。ロゴの主張が激しくないので業務の時以外にも着られます。このジャケットを着て、バイクや自転車で通勤する者もいますし、私もちょっとの外出時にはたまに着ているんですよ。
しっかりした刺繍は摩擦にも強い
背面がマイクロフリースで軽く暖かいジャケットは、屋外作業にぴったり
ジャケットとポロシャツは入社時に全員支給。再発注がお得なのも◎
ジャケットの下には、同じくランドマークさんで作ったポロシャツを着ています。これを作った時はちょうど夏で、吸水性、撥水性がいいタイプのポロシャツはみんなに喜ばれましたね。ボトムスは統一していませんが、基本的には動きやすいスラックスで。派手な色じゃなければOKにしています。毎朝、着ていく服に迷わないのもユニフォームのメリットの一つです。ジャケットとポロシャツは、入社時に全員に支給です。年数が経ってくたびれてきたらその都度支給するので、同じデザインで何度か発注しています。ランドマークさんはロゴマークの型を1年間保存してくれて、その間なら型代がかからない。私たちのように継続して発注する場合はお得ですよね。
ポロシャツは長袖と半袖の2種類を用意
「写真で見ただけでは不安……」ネット通販の心配をサンプルで払拭
ランドマークさんを選んだ決め手は、「貸出サンプルサービス」ですね。ジャケットもポロシャツも、最初はサンプルを取り寄せました。同じアイテムのサイズ違いを取り寄せて、従業員全員で試着してみたんですよ。近くに実店舗があったとしても、従業員全員が実際にお店に行って試着するわけにはいきませんから、やっぱりサンプルって役立ちます。ネット通販では、いざ届いてから「思っていたのと違う……」という失敗はよくあることですが、その欠点をランドマークさんはサンプルでうまく補っている。サンプルは絶対取り寄せた方がいいですよ!
ユニフォームの発注を担当した小山様。「サンプルのお陰で、全員が自分にぴったりのサイズを選べました!」
ユニフォームは、今ではなくてはならないものに
身だしなみとしてはもちろん、会社を背負っているという自覚が持てる
これらのユニフォームは、東京営業所だけのものです。他の営業所では作っていないんじゃないでしょうか。みんな仲が良く、誰かが作業に苦労していたら、誰かが自然と寄ってきて助け合います。そういうのを見ていると、団結力の強さを感じますね。おそろいのユニフォームを着ることで統一感も出ますし、周りにウインズという看板を背負っていることをアピールできます。心を一つにすること、それから身だしなみ。これがユニフォームを作って実現できたと思います。実際に作ってみたら、ユニフォームがないことは考えられないようになりましたね。
社名が入ったユニフォームは気持ちも引き締まる
注文概要
商品ジャンル 防寒ジャケット
購入商品 商品番号: バートル7310 防寒ジャケット
エリア 東京都
人数 30名
団体名 株式会社ウインズ
加工内容 防寒ジャケット: 刺繍(左胸)
1着あたり 防寒ジャケット: 約5,000円


納期シミュレーション いつ届くの?という疑問が、3ステップでわかります!
電話注文できます!見積り、お問い合わせは無料!フリーダイヤル0120-115-116
ご注文のやりとりからお届けまでの流れ
右へ
(1) 注文の種類矢印
(2) ご注文日 矢印
(3) お届け先 矢印

お届け予定日

0 0
0 0
頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

お届け予定日を計算中です
お届け予定日を計算中です...
にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について ご注文は24時間受け付けております。 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について 10,000円以上のご注文で代引き手数料と送料を無料サービスいたします お支払い方法 お支払い方法は、代金引換、銀行振込(前払い)、クレジットカード、後払いよりお選びいただけます 納期・お届けについて お届け納期について サンプル貸出(無料)について サンプル貸出の点数の期間について 返品・交換について 商品の返品は8日以内に返送ください
ご注文実況中継

最終更新日: 2019年9月17日 (火)1時44分  ユニフォームタウンでは、独自の在庫連携システムにより、リアルタイムの在庫数を随時更新しています。

ページ
TOPへ

ページTOPへ

購入
手続きへ

購入手続きへ