訪問取材 志村坂下動物総合医療センターさま

ユニフォーム発注ご担当の看護師長 村上可奈恵様
東京都板橋区にある志村坂下動物総合医療センター。地域のペットのかかりつけ医であることはもちろん、離れた地域から通う方もいる、高度医療が受けられる大規模な動物病院でもあります。2018年の開業にあたり、医療スタッフが着用するユニフォームをランドマークにてご購入。その経緯と、なかなか見られない動物病院の裏側を、看護師長の村上可奈恵様にお聞きしました。
予防から高度医療まで提供する、新しくできた動物病院
最新鋭の装置を備え、検診やしつけなどもトータルでケア
志村坂下動物総合医療センターは、2018年11月にできたばかりの新しい動物病院です。ロゴマークにある「AGMC」というのは、母体である株式会社動物総合医療センターの英字の頭文字。系列の動物病院が埼玉県新座市と神奈川県平塚市にあり、ここ、志村坂下は3つ目になります。

当院の一番の特長は、予防から高度医療まで提供できる動物病院だということ。高度医療の面では、センター長が腫瘍科の専門資格を持っているので、ガンをはじめとする腫瘍には強い病院だといえると思います。16列マルチスライスCTをはじめ、DRシステムや超音波装置、内視鏡装置といった最新鋭の設備をそろえ、高度医療の提供に取り組んでいるんですよ。近年、発展が目覚ましい再生医療についても当院は積極的に取り組んでいます。現在、行っているのは、動物が持つ細胞を体外で人工的に培養し、また身体に戻すという治療法。本来持っている自己治癒力を伸ばして、治療に生かすことができるんですよ。
瞬時に64断面が撮影できる16列マルチスライスCT装置
細胞の培養などを行う再生医療室
気軽に立ち寄って、ちょっとしたご相談でも大歓迎です!
今、動物病院には、病気を見つけて治すだけではなく、病気を未然に防ぐことも求められています。当院ではペットが心身ともに健康で幸せな一生を送れるよう、ペットを迎え入れる前のカウンセリングから始まり、各種予防、しつけ教室、定期健診、栄養管理、老齢期のケアなど、予防医療やアドバイスにも力を入れているんですよ。

また、待合室のスペースが犬と猫やエキゾチックアニマルに分かれているので、飼い主さんから「待ち時間のストレスが少ない」と喜んでいただけることが多いんです。普段、お家から出ない猫は病院に来るだけでストレスを感じますし、エキゾチックアニマルも変化に弱く、犬の吠える声やハアハアという呼吸音に恐怖を感じますからね。当然ながら、診察室や入院室なども、犬とその他の動物で分けています。なるべくペットや飼い主さんのストレスを軽減して、安心して診療を受けていただけるように工夫しているんですよ。
同時に2つの手術が行える広々としたオペ室
先生や看護師が着用するユニフォームとしてスクラブを発注
開院まであと少しなのに、ユニフォームの手配ができていない!
開院前、スタッフはそれぞれが自分の担当する準備で大忙しでした。そんな中、ギリギリになってユニフォームの手配を忘れていたことに気付いたのが私だったんです。それで、そのままユニフォームの発注担当になりました。もともと私はスタッフの中で一番ユニフォームにこだわりを持っていた……というより、人に決められたものを着るのはイヤだったというのが正直なところです(笑)。

病院のユニフォームといえば、昔は白衣でしたが、今はスクラブという上下に分かれたタイプが主流。インターネットで「スクラブ ユニフォーム」などで検索していきました。開院までに時間がなかったので、納品が早いことと価格がリーズナブルなことが第一条件です。上の方にランドマークさんの「ユニフォームタウン」が出てきて、他社のサイトも見ましたが、ユニフォームタウンでは前に使っていたことがある商品と同じものがもっと安かったので、こちらに決めました。
村上様「サンプルが借りられる点も決め手になりましたね」
力の強い動物でもしっかり扱える動きやすさと、さまざまな機能
ユニフォームタウンで私が目星を付けた商品をほかのスタッフに見てもらい、了解が取れたものをサンプルで取り寄せました。私自身が実際にサンプルを試着してみて、ストレッチ具合や素材感をチェック。いくら安くても、安っぽく見えるのはダメ。サイトでは良さそうでも、着てみたらイマイチということもあるので、サンプルはとても参考になりました。こうして、ほぼほぼ私が決めたのが、こちらのミズノのストレッチスクラブです。

ミズノであることにこだわったわけではないんですが、さすがにスポーツ用品のメーカーなだけあって、スクラブにも機能が満載。解剖学や3DCGを使ったトップアスリートの動作解析を基に運動時の動きやすさを追求したウェア構造だそうで、大型犬など力の強い動物を扱うこともある私たちにも充分なストレッチ性です。また、毎日洗うので色落ちしにくく耐久性があることも大事。このスクラブは工業洗濯対応で、繰り返し洗濯してもキレイな色合いとシルエットを保てるという丈夫な仕様になっていました。さらに、ボタンなどの出っ張りがあると動物にひっかかる心配がありますが、これはフラットなデザインで◎。3つの大きなポケットと、医療用PHSを入れるポケットが付いているのも便利ですね。
刺し色のパイピングがさり気なくおしゃれなスクラブ
ユニフォームが飼い主さんとのコミュニケーションにも貢献
それぞれが好みの色を選んだら、いい感じの色とりどりに
スクラブパンツの色はネイビーに統一して、上の色は各スタッフが好みで選ぶようにしました。上の色を統一しなかったのは、私自身がいろんな色を着たかったというのが大きいです(笑)。1人2着ずつで、同じ色を2着選ぶ人もいれば、違う色の組み合わせにする人も。みんな好みが違うので、ピンク、ネイビー、ライラック、ワイン、ターコイズ、ブルーネイビー、ブラック、グレー、エメラルドグリーンと、カラフルな色合いになりました。代表の色だけモデルが着て、あとは色玉だけというサイトもありますが、ユニフォームタウンでは全色の全体像が見れたので、とても選びやすかったです。

スクラブのほかに、先生たちが着るいわゆる白衣、ドクターコートと、カーディガンも注文しました。先生たちは普段はスクラブを着ていますが、大事な会合や改まった席ではビジネスマンのスーツのような正装の意味合いでドクターコートを着ています。また、寒い時に羽織るためのカーディガンは、どの色のスクラブにも合い、動物の毛や汚れが付いても目立ちにくいグレーを選びました。
色とりどりのスクラブに個性が表れる
「病院の中が明るくなっていいわね」と、飼い主さんにも好評!
スクラブをカラフルにして良かったと思うのは、飼い主さんに「みなさん、いろんな色を着てるんですね」とか、「カラフルで病院の中が明るくなっていいわね」などと言われることです。よくいらっしゃる方は、「今日はその色なのね」と、1人のスタッフが何色か持っていることまで気付いていただけます。言葉を話せない動物のための病院ですから、スタッフと飼い主さんとのコミュニケーションはとても大切です。ユニフォームが会話のきっかけになるのは、とてもいいことですよね。

ランドマークさんに1つだけリクエストしたいのは、送料が無料になる金額を下げてほしい(笑)!せっかく単価が安いので、送料を考慮してもらえると、うれしさ倍増ですね。
「ペットとその家族が幸せに一生を送れるよう、お手伝いします!」
注文概要
商品ジャンル スクラブ・パンツ
購入商品 商品番号:MZ-0092スクラブ
商品番号:MZ-0093パンツ
エリア 東京都
人数 30名
団体名 志村坂下動物総合医療センター http://s-agmc.com/index.html
加工内容 なし
1着あたり スクラブ: 約3,000円
パンツ: 約3,000円


納期シミュレーション いつ届くの?という疑問が、3ステップでわかります!
電話注文できます!見積り、お問い合わせは無料!フリーダイヤル0120-115-116
ご注文のやりとりからお届けまでの流れ
右へ
(1) 注文の種類矢印
(2) ご注文日 矢印
(3) お届け先 矢印

お届け予定日

0 0
0 0
頃となります。

※お届け予定日は、ご注文内容や在庫状況などにより
多少前後する可能性がございます。詳しくはお電話ください。

お届け予定日を計算中です
お届け予定日を計算中です...
にご注文確定の場合
ショッピングかんたんガイド
ご注文について ご注文は24時間受け付けております。 電話注文できます0120-115-116 FAX注文できます03-5909-3352 送料・代引手数料について 10,000円以上のご注文で代引き手数料と送料を無料サービスいたします お支払い方法 お支払い方法は、代金引換、銀行振込(前払い)、クレジットカード、後払いよりお選びいただけます 納期・お届けについて お届け納期について サンプル貸出(無料)について サンプル貸出の点数の期間について 返品・交換について 商品の返品は8日以内に返送ください
ご注文実況中継

最終更新日: 2019年10月15日 (火)10時47分  ユニフォームタウンでは、独自の在庫連携システムにより、リアルタイムの在庫数を随時更新しています。

ページ
TOPへ

ページTOPへ

購入
手続きへ

購入手続きへ